PM方式とは|基礎知識とCM方式との違いを解説

[碧海]

トレンドワード:PM方式

「PM(プロジェクトマネジメント)方式」についてピックアップします。PM方式は、建設プロジェクトにおいて大変重要とされるアプローチです。本記事では、PM方式について、CM(コンストラクションマネジメント)方式との違いにも触れつつ、詳しく解説します。

PM方式とは

PM(プロジェクトマネジメント)とは

PM(プロジェクトマネジメント)とは、発注者の資産や利益の保護と、プロジェクトのスムースな推進を目的にした包括的なマネジメント業務のことです。さまざまなプロジェクトをその目標や要求の達成のために細かく計画を立て、「手順」「人材」「設備」「予算」といったあらゆる要素を管理することを意味します。

具体的には、「プロジェクト全体の課題の把握」「課題解決のためのタスク分解」「納期や目標から逆算した計画の立案」といった3つの流れで進めていくのが一般的です。これらの管理を担うプロジェクトマネジメントのプロフェッショナルが、「プロジェクトマネジャー(PMr)」です。

PMrはプロジェクトを予算内で工程通りに達成するため、実質的には発注者に代わって、設計者、施工者、コンサルタントなどの関係者を調整・管理する権限を持つとされています。

但し、実際のプロジェクトでは、発注者をサポートするために各種調整の役割のみでプロジェクトに参画する場合、各種管理業務まで担う場合、さらには、完全に発注者の代理人として図面や変更内容などに対して承認まで行う場合など、PMrの関わり方や権限の範囲もプロジェクト毎で異なります。

通常、プロジェクトを進めるうえで、発注者、受注者双方でプロジェクトをマネジメントしていますが、このプロジェクトマネジメントを代行するサービスをPMサービスと呼ばれています。一般的にPMサービスは、企画や構想段階などの川上からのサービスを含むとされています。

PM方式とは

PM方式とは、発注者の求める条件に合った予算・工期内でプロジェクトが完了するように、プロジェクトマネジャーが発注者の代理人としてプロジェクト全体のマネジメントを行います。

例えば、オフィスビルや工場などの施設、ホテルなどの大規模な建設プロジェクトでは、建物だけでなくそこに導入する設備機器など、多方面での調整が必要になるため、専門的な知識や経験がなければ発注者に重い負担がかかってしまいます。

このように、プロジェクトが大型化・複雑化する傾向にある現代においては、効率的に業務を進めながら高水準の成果を出すためにも、PM方式の導入が重要だと認識されています。

CM方式とは

ここでは、「CM方式」について説明します。CM方式とは「コンストラクションマネジメント」のことで、米国で多く用いられている建設生産・管理システムの一つです。

コンストラクションマネジャー(CMr)と呼ばれる高い専門性を持った建築技術者が、技術的な中立性を保ちつつ発注者側に立って、建設プロジェクトの設計・発注・施工の各段階において、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、品質管理、コスト管理など、各種のマネジメント業務の全部または一部を行うことを意味します。

PM方式が企画の評価や事業費の想定、運営計画の作成、スケジュールの作成管理、運営管理といった「事業計画の遂行」を主な目的として、プロジェクトを遂行するのが一般的なのに対し、CM方式は設計・施工者の選定、コストや品質、工程の管理といった「建設工事の遂行」を主な目的としてマネジメントを行うのが一般的とされています。

PM方式とCM方式の比較

役割と責任

PM方式では中心的なプロジェクトマネジャーがすべての責任を負いますが、CM方式では多くの主要プレイヤーが関与し、責任が分散します。

計画と進行

PM方式は詳細な計画と進捗管理に焦点を当てますが、CM方式では柔軟性が重要で、設計と建設が同時に進行します。

協力とコミュニケーション

CM方式は協力とコミュニケーションを重視し、ステークホルダー間の密接な連携があります。

リスク管理

PM方式はリスク管理を重視し、リスクの予防と対処策が計画されますが、CM方式ではリスクが複数のプレイヤーに分散され、対処策が柔軟に適用されます。

発注者の関与

PM方式では発注者が中心的な役割を果たし、要件を設定しますが、CM方式では発注者も主要プレイヤーの一部であり、積極的な関与が期待されます。

どちらの方式が選択されるかは、プロジェクトの性質、発注者の要求、予算、期限などに依存します。プロジェクトに最適なアプローチを選択するために、ステークホルダー間での十分な議論と検討が必要です。

まとめ | プロジェクトの効率と責任

PM方式は、プロジェクト全体を包括的に管理するアプローチです。プロジェクトマネジャーが中心的な責任を持ち、計画、進捗、リスク管理などを担当します。発注者は要件設定に焦点を当て、PMrが実務を管理します。より詳細な計画とリスク回避が特徴で、発注者の要求を満たすためにプロジェクトを効率的に推進します。

CM方式とどちらの方式を選択するかは、プロジェクトの性質や要求、予算、期限に依存します。プロジェクト全体の管理を徹底的に行うPM方式と、協力と柔軟性を重視するCM方式の選択は、プロジェクトの成功に大きな影響を与えます。適切なアプローチを選択するために、ステークホルダー間での検討と議論が肝心となるでしょう。

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします