ホーム テーマ DX推進 ロボティクス アクティオ、竹中工務店|自律飛行システムドローン・BIM×Drone開始

アクティオ、竹中工務店|自律飛行システムドローン・BIM×Drone開始

掲載日:2022年02月09日

総合建設機械レンタルの株式会社アクティオ(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長兼COO:小沼直人、以下アクティオ)は、株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:佐々木正人)、株式会社カナモト(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:金本哲男)、株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村卓也)とともに、BIM※1を用いたドローンの屋内外自律飛行システム※2の実証試験をかねてより実施してまいりましたが、2022年2月1日(火)より、屋内外自律飛行システムを搭載したドローン「BIM×Drone」の技術検証サービスを開始することといたしましたのでお知らせいたします。

BIM×Droneについて

1. 従来の課題

一般的なドローンはGPS等の衛星測位システムによって機体位置を測位し、ほかのセンサーと連携しながら自動飛行するため、屋内や地下、トンネル内部、橋梁の下、タンク内部など衛星電波の受信が難しい場所では測位が難しく、誤差が大きくなるといった課題がありました。また、非GPS環境において自己位置測位が可能な機体を用いた場合でも、機体自己位置とマップ上の機体位置を合わせ、直感的なルートを設定できない点がボトルネックになっていました。

2. 製品の特長

「BIM×Drone」は搭載したステレオカメラによるVisual SLAM※3技術とBIMを用いてBIMデータ上に飛行経路を設定することで、衛星電波が届かない建物内においてもドローンの安定飛行を実現します。屋内の壁や障害物などの特徴をリアルタイムで捉えながら、自己位置を把握して自動飛行します。また、3Dモデルを配置した地図上でルート設定や機体位置表示が可能となり、ユーザビリティが格段に向上します。

 2022年2月1日より、建設中物件の進捗管理業務、大型商業施設などの巡回点検業務を実現するための「BIM×Drone」の技術実証サービスを提供いたします。まずは「BIM×Drone」が、お客様が想定する運用方法にマッチするか、有償の技術実証試験を行い、その後の運用テストを経て屋内ドローンの本格運用までをサポートいたします。

※1コンピューター上に作成した3Dモデルに複数の図面を生成し、設計から施工、維持管理までのあらゆる情報を一元化して活用する手法のこと。
※2実証試験を実施したシステムは、株式会社センシンロボティクスのSENSYN CORE。
※3カメラで撮影した映像から自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術のこと。

■イメージ図

BIM×Drone運用管理ソフト

BIMの3Dモデル配置、航路設計を行える「SENSYN CORE(センシンコア)」。大規模な建設現場での自立飛行に欠かせないプラットフォームBIMの3Dモデル配置、航路設計を行える「SENSYN CORE(センシンコア)」。大規模な建設現場での自立飛行に欠かせないプラットフォーム

使用機体

狭小空間でも安定した飛行を実現する「ACSL Mini」。小型でトップクラスのスペックを誇る日本製ドローン狭小空間でも安定した飛行を実現する「ACSL Mini」。小型でトップクラスのスペックを誇る日本製ドローン

BIM×Drone本格導入までのフロー

技術検証の対応詳細

本システムに関するお問い合わせ先

株式会社アクティオ 道路機械事業部 ICTサポート課
担当者:日南
TEL:03-6666-2262
e-mail:hinami-shigeo@aktio.co.jp

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る