期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX メタバース 3D CAD/BIM/CIMファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」、NETISに登録|ホロラボ

3D CAD/BIM/CIMファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」、NETISに登録|ホロラボ

掲載日:

Category:

DX,メタバース

Tag:

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村 薫、以下「ホロラボ」)とSB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、両社が共同開発し、販売する 3D CAD(Computer Aided Design)/BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)ファイルのAR(Augmented Reality)/MR (Mixed Reality)みえる化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」が、国土交通省が運営する新技術情報提供システム(NETIS)に登録されましたので、お知らせします。

「mixpace」は、建設・土木・プラント・製造業界などのさまざまな分野において、AR/MR技術を活用するためのソリューションとして採用されています。なかでも近年、インフラ工事分野におけるAR/MR技術を活用した「プレゼンテーション」「遠隔臨場」「合意形成」などの用途での活用が増加しています。

今回、国土交通省が運営している新技術情報提供システム(NETIS)に登録されたことにより、さらに多くの工事施工者や設計担当者に「mixpace」を活用していただく機会が拡大しました。ホロラボとSB C&Sは、今後も建設現場でのICT活用(i-Construction)の推進に貢献していきます。

NETIS登録情報

NETIS登録番号 : KT-220166-A
新技術名称   : ARソリューション「mixpace(ミクスペース)」
登録日     : 2022年12月22日
NETIS内ページ : https://www.netis.mlit.go.jp/netis/pubsearch/details?regNo=KT-220166%20

「mixpace」とは

「mixpace」は、手軽に3D CADやBIM、CIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能な3Dデータに変換でき、設計や製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などで3Dデータを活用していただけます。

これまで手作業で何日もかかっていた、AR/MR向けの変換作業が、最短1-2分※で自動的に完了するため、作業時間の大幅な短縮が見込めます。詳細はこちらをご覧ください。
※ 変換に要する時間はデータの内容によって変わります。

「mixpace」の主な特長

  • 3D CAD/BIM/CIM分野の18種の3Dファイル形式に対応し、自動で AR/MR 向け3Dデータに変換
  • 最大1.5GBのファイルの変換が可能
  • 直観的に操作できるユーザーインターフェース
  • ARマーカーによる位置合わせと位置ずれ補正機能を搭載
  • BIM属性情報表示機能を搭載
  • Autodesk BIM 360連携機能を搭載
  • HoloLens 2とiPad(一部機種)に対応した専用ビューアーアプリを提供
  • 「リコーバーチャルワークプレイス」との連携でVR(Virtual Reality)活用が可能

製品に関するお問い合わせ

https://biz.cas.softbank.jp/mixpace/form-inquiry/

株式会社ホロラボについて

株式会社ホロラボは、2017年1月18日(Microsoft社の「HoloLens」の日本での提供開始日)に設立された研究開発型の企業です。「Windows Mixed Reality」に代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験できるよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓発活動を行っています。2017年11月8日にMicrosoft Mixed Realityパートナープログラム認定を取得しました。詳細はホームページをご覧ください。 
https://hololab.co.jp/

SB C&S株式会社について

SB C&S株式会社は、ソフトバンクグループの原点であるIT流通ビジネスを受け継ぐとともに、市場環境の変化を迅速にとらえ、新たなビジネスモデルを生み出しています。法人向けには、国内最大規模の販売ネットワークを通じ、クラウドやAIを含めた先進のテクノロジーを活用したプロダクト・ソリューションを提供しています。

コンシューマ向けには、独自の企画・開発力を生かし、ソフトウエアやモバイルアクセサリーから、IoTプロダクト・サービスへと商品ラインアップを拡充しています。詳細はホームページをご覧ください。
https://cas.softbank.jp/

※SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
※その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る