期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 遠隔監視を実現|パナコネクト、i-PRO ネットワークカメラ用LTE無線通信ユニット取扱開始

遠隔監視を実現|パナコネクト、i-PRO ネットワークカメラ用LTE無線通信ユニット取扱開始

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口 泰行)は、i-PRO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:尾崎 祥平、以下i-PRO)のLTE無線通信ユニットを2023年1月より取扱い開始します。

概要

LTE無線通信ユニットは、i-PROのネットワークカメラに取り付けることで、LTE回線(※1)を利用して無線でデータ通信を可能とするネットワークカメラ周辺機器です。インターネット回線を引くことが難しい遠隔地や無人拠点での遠隔監視、有線を引くことが難しい環境での監視をサポートします。

例えば、離れた場所にあるソーラーパネルの破損監視、ハウス栽培の盗難監視、建設・土木仮設現場の監視に活用いただけます。また、ネットワークカメラと一体になるデザインで、景観を損なうことなく、美しく取り付けることができます。

導入においては、当社の「MVNOモバイルサービス」(※2)の「上り大容量プラン」を活用することで、大容量かつリーズナブルなデータ通信を、お客様やパートナー企業に通信事業者と個別で回線契約いただくことなく、ワンストップで利用が可能です。なお、モバイル閉域タイプ(※3)を契約いただくことで、お客様専用の高セキュリティな通信で多拠点の監視を実現でき、お客様現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現にお役立ちします。

さらに、i-PROの「みえますねっと」やクラウド型の現場映像活用サービス「カメラデータプラットフォーム」(※4)と連携した遠隔監視の提案も可能となります。

主な特長

1.屋外ハウジングの取付・設置不要で工数・費用(コスト)を低減

i-PROの屋外ネットワークカメラとLTE無線通信ユニットの一体型設置により、屋外ハウジングの取付・設置が不要なため、機器選定や施工の簡素化などそれにかかる工数や費用(コスト)の低減に貢献します。

2.GPS機能で管理をサポート(※5)

GPS衛星との通信により測位を行い、設置位置の情報送信と時刻補正が可能です。お客様にて追加のアプリケーションを開発していただくことで、例えばユニットを多拠点に設置した際にマップ情報と紐づけてカメラ映像の確認ができるなど様々な用途にご活用いただけます。

3.パナソニック コネクトの「MVNOモバイルサービス」に対応

当社が提供する「MVNOモバイルサービス」(※2)に対応し、導入をサポートします。SIMの発行、キッティングまでワンストップで提供が可能です。

当社はお客様の経営課題や現場の課題に向き合い、現場にイノベーションをもたらすことで社会の安心・安全と変革に貢献し、多様な人々が幸せに暮らせる、持続可能な社会の実現を目指してまいります。

※1 docomo(micro SIM)に対応。別途回線の契約が必要です。
※2 詳細は以下「MVNOモバイルサービス」のWebページを参照ください。
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_mvno
※3 インターネットを経由せず専用線またはVPN接続で社内イントラやファイルサーバーにアクセスする接続タイプのこと。(https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_mvno_security
※4 詳細は以下「カメラデータプラットフォーム」のWebページを参照ください。
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_camera-data-platform
※5 本機能ご使用の場合はお客様にて追加アプリケーションの開発が必要です。

▼監視・防犯システム
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_security

▼i-PROブランド取扱いのご案内
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_security_iprobrand

▼i-PROブランド周辺機器 商品一覧
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services/security_iprobrand-other/lineup

▼パナソニック コネクトのセキュリティカメラソリューション – 安心・安全 –
https://connect.panasonic.com/jp-ja/solutions_safety_security

パナソニック コネクト株式会社について

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、B2Bソリューションの中核を担う事業会社です。グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高は9,249億円(※)を計上しています。

「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」をパーパス(企業としての存在意義)として掲げ、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン、公共サービス、生活インフラ、エンターテインメント分野のお客様をつなぎ、「現場」をイノベートすることに取り組んでいます。

また、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の実現を目指しています。

※ 旧パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社の2021年度売上高

▼パナソニック コネクト株式会社 ホームページ
https://connect.panasonic.com

▼パナソニック コネクト Newsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom

お問い合わせ先

パナソニック システムお客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-410
(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る