ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 遠隔監視も応用可能|アプトポッド、軽量コンパクトなカメラユニット提供開始

遠隔監視も応用可能|アプトポッド、軽量コンパクトなカメラユニット提供開始

掲載日:2022年02月10日

株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一、以下アプトポッド)は、モビリティ分野、ロボット分野を中心とした産業DX市場に向け、高度なAI/IoT環境を実現するエッジコンピュータブランド『EDGEPLANT® 』(エッジプラント)より、優れた環境耐性を備えた小型軽量のカメラユニット EDGEPLANT EP1-VM01Aをリリースすることを発表いたします。

EDGEPLANT EP1-VM01Aについて

EDGEPLANT EP1-VM01Aは画像解析やAIによる画像認識など、産業シーンのエッジコンピューティングにおいて需要が高まる動画像の取得、収集を行う際の環境耐性や設置のしやすさなどを考慮したUSBカメラユニットです。

EGDEPLANT EP1-VM01Aの特長

  • 軽量・コンパクト
  • 広い動作温度範囲 (-20℃~+60℃)
  • 優れた電磁ノイズ耐性
  • 民生レンズフィルタを装着可能
  • USB接続によるエッジコンピュータへの容易な接続

さまざまな産業シーンで活用可能な環境耐性

自動車、産業機械、ロボティクスなど産業シーンでの搭載を考慮した温度耐性、電磁ノイズ耐性※を備え、さまざまな産業におけるIoT/AIシナリオにおける設置条件に対応可能です。
※ 車載用EMS試験 ISO11452-2 2019  20V/mクリア

フレキシブルな設置

汎用的な三脚穴(1/4インチネジ)に対応し、様々な汎用アタッチメントを活用した設置が可能です。

民生レンズフィルタに対応

汎用的な民生レンズフィルタ(28mm)に対応するため、PLフィルタ、NDフィルタなど用途に応じたフィルタを装着することが可能です。

EGDEPLANT T1との組み合わせに最適

EGDEPLANT EP1-VM01Aは高性能なIoT/AI向けエッジコンピュータEDGEPLANT T1に最適なカメラデバイスです。EDGEPLANT T1が実現するGPUコンピューティングに最適な動画像入力を可能とし、AIによる画像検知・認識の画像入力をサポートします。

  1. エッジAIにおける画像の入力
  2. 機械学習向けの動画像データ収集
  3. IoT端末への複数台の接続によるマルチ撮像

EGDEPLANT EP1-VM01Aの仕様・価格

<価格>
オープンプライス

<仕様>

エッジコンピュータシステムブランド『EDGEPLANT』について

EDGEPLANTは、産業DXに不可欠な、AI/IoTにおける高度で堅牢なエッジコンピューティング環境を提供するハードウェアブランドです。EDGEPLANTは、GPU搭載のエッジコンピュータと、各種制御バスやセンサーネットワークに接続するためのインターフェイス機器、カメラシステムなどで構成されます。

EGDEPLANTの適用分野

  • 自動車、バス、トラックなどのモビリティ
  • 重機、建設機械、農業機械
  • ロボット、AGV など

EDGEPLANTが実現するソリューション

  • 動画像をはじめとしたエッジAI処理
  • 複数カメラ入力からの動画エンコード処理
  • データフュージョン処理による学習データ収集
  • ロボティクス分野におけるROS処理とコネクテッド化

intdashとEDGEPLANTが実現する高度なDX環境

EDGEPLANTを、高速IoTプラットフォーム『intdash』におけるエッジコンピューティング環境として使用することで、エッジ/クラウドのハイブリッド環境を実現することができます。

  • 膨大なデータフュージョンにおけるエッジ処理
  • ロボティクスにおけるROS環境のクラウド対応
  • 高いエンコーディング処理能力による、遠隔画像収集、遠隔監視、遠隔操作の実現
  • クラウドベースで開発したAIモデルのエッジ環境での稼働

本製品に関するお問い合わせ

株式会社アプトポッド 東京都新宿区四谷4-3 四谷トーセイビル3F
https://www.aptpod.co.jp/contact/

Copyright(C) 2022 aptpod,Inc.※「intdash(イントダッシュ)」および「Visual M2M (ビジュアルエムツーエム)」「EDGEPLANT (エッジプラント)」はアプトポッドの登録商標です。※記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る