期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 世界最速・最小クラスAIスマートカメラ|『SiNGRAY(シングレイ)』のHMS、3億円資金調達

世界最速・最小クラスAIスマートカメラ|『SiNGRAY(シングレイ)』のHMS、3億円資金調達

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

世界最速・最小・最軽量のAIスマートカメラを展開するHMS株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:胡 振程 博士)は、シリーズAラウンドの資金調達を実施したことをお知らせします。本ラウンドでは、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズをリード投資家として、西部ガスグループ傘下のSGインキュベート株式会社、個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額3億円を調達致しました。これにより、2018年9月の創業からの資金調達総額は5.6億円となります。

今後は調達した資金をもとに、新製品・サービスの開発/マーケティング/採用活動を強化し、AI技術を誰でも、簡単に、低価格で利用できる世界を目指します。

HMSについて

当社は『無限の想像力をテクノロジーで解き放つ』をビジョンに掲げ、AIスマートカメラ『SiNGRAYシリーズ』を提供しています。

福岡市で2018年の創業後リリースした当シリーズは、各種産業用及び家庭用ロボットや無人搬送車(AGV)、工場内自動検査設備に視覚センサとして使用され、累計19,000台以上の販売実績を誇ります。

この産業DX化及びFA(ファクトリーオートメーション)で培ってきたAI画像解析のノウハウを、クラウド協働型のサービスとして開発し、2022年10月に『SiNGRAY NET』としてリリースいたします。

既存の防犯カメラ等のインターネットカメラ(IPカメラ)をAIセンサー化する当サービスは、導入・設定に係る費用及び時間を既存のAIサービスに比べ大幅に縮小します。
また、顔認証や立ち入り検知、異常検知等の用途だけでなく、人流分析や属性分析などのマーケティングに活用できる解析も可能としています。

AIによるトータルソリューションを提供するとともに、多くの事業で簡単にリーズナブルにAIの活用を可能とすることで、「人がヒトにしかできないクリエイティブなことをできる」社会の実現にチャレンジします。

今回の資金調達の背景と使途

AIスマートカメラ『SiNGRAY』シリーズをより一層成長させていくとともに、AIソリューションで蓄積したデータを活用し、エッジAI(カメラ使用側でのAI処理)とクラウドAI協働型の画像解析AIプラットフォーム『SiNGRAY NET』(SaaS)を開発・提供するため、資金調達を実施いたしました。

新サービス『SiNGRAY NET』のファーストターゲットは、IPカメラ(防犯カメラなどのインターネットカメラ)を多拠点使用している事業者様と考えています。既存のインフラをもとに、当サービスを利用することで「何かあった時のための記録」としての映像を、人流・動線分析や顧客属性分析に用いることができます。

また、当サービスは、既存のIPカメラが活用でき、当社が提供するAIモデル(解析モデル)内での運用であれば、十数分の設定時間で運用開始が可能です。これにより、従来の画像解析AI導入時にネックとなっていた「カメラ等のデバイスが高額」「AI学習に時間がかかる」等を解消し、手軽にリーズナブルにAI活用が可能となります。

中期的には、費用対効果・時間対効果の点からAI導入が進みにくい中小規模の事業者や一次産業まで活用の裾野が広がることを見据えています。そのためにも更なるAIモデルの開発を推進します。
このような事業展開を描く中で、新製品・サービスの開発及び販売体制も同時に強化するため、営業及び開発人員の採用活動を強化いたします。

新サービス 画像解析AIプラットフォーム『SiNGRAY NET』 について

 『SiNGRAY NET』は、既存のIPカメラを、当社が提供する「Edge Clouding AI Box」と接続することにより、クラウド上のAI処理を可能とします。既存のIPカメラをAIセンサー化することで、記録映像から映像資産として使用価値を向上させます。

『SiNGRAY NET』は、既存のAIサービスと異なり、エッジ(端末側/カメラ側)とクラウドの協働型AI処理を行います。既存の市販サービスでは、エッジ側もしくはクラウド側のどちらかにAI処理のウエイトを置いたものが多く展開されています。
当サービスでは、エッジとクラウドが相互補完し、両者のメリットが協働するよう構築しました。

また、多くのAIモデル(解析モデル)を準備し、SaaSモデルで展開することにより、導入時にかかる費用及び時間を大幅に低減し、AI導入のハードルを下げました。
今後、多くの業界・業種、規模感のお客様に導入いただくために、更なるAIモデルの構築に取り組みます。

『SiNGRAY NET』開発の背景

当社は、創業時よりAIスマートカメラ『SiNGRAY』シリーズを販売し、視覚センサとして産業用ロボットやピッキングマシーンなどで活用いただいています。

一方で、エッジAIとして『SiNGRAY』シリーズを活用頂くには、お客様自身に開発リソースがあるか、受託開発に対する資金的・時間的リソースが必要となります。
AIを潜在的に必要とする業界・企業は多く、AI活用の裾野を広げるべく『SiNGRAY NET』の開発に至りました。

『SiNGRAY NET』のターゲット層は、産業用ロボットやピッキングマシーンを必要とする業界と比べ、必要とする画像処理量は少ないため、導入コストの低減と簡易なAI設定環境が必要であると考え、エッジ・クラウド協働型でSaaSモデルでの展開としました。

視覚センサからAIソリューションまで活用できるAIカメラ『SiNGRAY』、及びあらゆる産業で手軽にリーズナブルに活用できる『SiNGRAY NET』で、AIトータルソリューションを提供します。

HMS 代表 胡 振程(HU ZHENCHENG)コメント


研究者、エンジニア、経営者として、画像処理・AI分野に20年以上携わってきました。
教育研究機関と事業会社での、研究・開発の積上げにより世界最速・最小・最軽量のAIスマートカメラ『SiNGGRAY』シリーズを世に出すことができ、当シリーズ製品は、大手製造業・物流企業・ロボットSIerにご利用いただいています。

引き続き、日本の基幹産業を担う企業様のニーズに応えるべく『SiNGRAY』シリーズの新製品開発からソリューションまで一気通貫で提供できる体制の強化を行いたいと考えています。

一方、建設業や交通分野では立ち入り検知による事故の未然防止、小売業では顧客分析によるマーケティングへの活用など、AI画像解析の活用にはまだまだ伸び代があります。何よりも中小規模の事業者や一次産業では、活用の余地が非常に多くありながらも、初期投資の高さからなかなか活用されていません。

AI画像解析を、より簡単に、よりリースナブルにご利用いただくために、新サービス『SiNGRAY NET』を開発しました。導入コストが高く、設定が難しいとされていたAIを、自分の手で設定ができ、リーズナブルに、気軽に使える。そのようなAIの民主化の一翼を『SiNGRAY NET』で担いたいと考えています。

ハイエンドなソリューションから、ユーザーフレンドリーなプラットフォーム作成まで、価値あるAIトータルソリューションを提供していく所存です。

会社概要

社名:HMS株式会社(HMS Co., Ltd)
代表取締役社長:胡 振程(HU ZHENCHENG)
事業内容:スマートAIカメラ『SiNGRAY』シリーズの開発・提供
     AI画像処理プラットフォーム『SiNGRAY NET』の開発・運営
     エッジおよびクラウドAIソリューションサービスの提供
設立:2018年9月13日
本社:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12−12 第5グリーンビル4F 
企業URL:https://www.hms-global.com
お問い合わせ:info@hms-global.com

代表プロフィール

胡 振程(HMS株式会社 創業者 兼 代表取締役社長)
2001年に、熊本大学大学院にて自然科学研究科博士号取得後、カナダの画像処理ソフトウェアおよびハードウェアメーカーMatrox社に勤務。
2003年から2015年まで熊本大学大学院自然科学研究科で准教授、2014年にはアメリカのカーネギーメロンCMU大学で客員教授。2015年から2018年は、中国同濟大学客員教授。
また、車載カメラベンチャーを立ち上げ、年間量産130万台まで成長させた後に業界最大手に売却。2018年に福岡にて当社を創立。
20年以上に渡って、画像処理技術、車載センシング技術の研究開発及び、カメラモジュールの設計生産技術開発、海外での大規模製品開発と量産・販売を通じ、先端技術の事業化を行ってきた。

Japan IT Week秋「IoT&5Gソリューション 展」出展について

日本最大のIT展示会『Japan IT Week秋』において「IoT&5Gソリューション 展」に出展いたします。
本展において、AIカメラSiNGRAYシリーズならびにAI画像解析プラットフォームSiNGRAY NETのデモンストレーションを行います。製造業をはじめ、電気・ガス等の社会インフラ、流通サービス業、小売業の企業様に向け、遠隔監視、予知保全、生産管理、IoTセンサへの活用用途を紹介予定です。
【 名称 】第13回 Japan IT Week 秋 「IoT&5Gソリューション 展【秋】」
【 会期 】2022年10月26日(水)~28日(金)
【 時間 】10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
【 会場 】幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
【 主催 】RX Japan株式会社
【 URL 】https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp/about/iot.html

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る