ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 渋谷109でエッジAIカメラ「Safie One」の実証実験|最新AIカメラと連動

渋谷109でエッジAIカメラ「Safie One」の実証実験|最新AIカメラと連動

掲載日:2022年09月14日

クラウド録画サービスシェアNo.1(*1)のセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長CEO 佐渡島 隆平、以下「セーフィー」)は、この度、 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:石川あゆみ)と共同で、SHIBUYA109渋谷店(以下「109」)において、新製品「Safie One(セーフィー ワン)」(販売開始:本年9月28日予定)による都心型商業施設における初めての実証実験を開始します。

実証実験の概要

本実証実験は、最先端のAIカメラ「Safie One」の映像とAI解析技術を通じて、施設内の以下を目的としたものです。また得られた検証結果に基づき、将来的には施設内の営業改善や販売促進などの活用を視野としています。

概要

・対象施設:SHIBUYA109渋谷店(東京都渋谷区道玄坂2-29-1)
・実験開始日:2022年8月24日より(約6カ月間)
・Safie対応導入機器:「Safie One」
・検証場所:SHIBUYA109渋谷店の各フロアのエスカレーターに設置(8フロア計16台)
・目的
   - 施設内利用者のフロアごとの滞在数の調査
   - 時間帯別人数推移(人流の把握)
   - 館内導線の把握 など

これまで109では、さまざまな技術やサービスを活用し館内人流に関するデータの取得・分析に取り組んできましたが、データの補足や精度検証が難しいという課題を抱えていました。今回「Safie One」によるクラウド録画サービスの映像とAIが連携し分析を行うことで、映像を使ったデータの精度検証が可能で、効果的な業務運営への活用ができると判断し、実証実験に至りました。

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント SHIBUYA109渋谷店 総支配人 丸山 康太様

当社では若者マーケティング機関「SHIBUYA109 lab.」を擁しaround20(15歳~24歳)の調査分析を日々行っています。今回の「Safie One」による実証実験では各フロアにおける時間帯ごとの滞留を計測し、より精緻な定量データを取得・分析することで、日々のマーケティング活動にも生かしていければと考えております。今後も若者の興味・関心を商業施設運営やマーケティング機能を通じて理解し、若者と企業・社会をつなげる架け橋となる「若者ソリューションカンパニー」を目指してまいります。

「Safie One」(2022年9月28日販売開始)

「Safie One」はエッジAIを利用した「AI App(アイアップ)」をインストールし、活用いただけるカメラです。「AI App」を利用することで、お客様の用途に応じてカメラのアプリケーションが切り替えられ、カメラが賢くなっていきます。賢くなるカメラのアプリケーション「AI App」の第一弾として、店舗運営に向け「Store People Detection Pack(ストア ピープル ディテクション パック)」を提供開始いたします。

内包する各機能(立ち入り検知、通過人数カウント、立ち入りカウント)により来店人数や混雑具合を可視化し、現場の課題解決に貢献することで、映像から「働く」を変え、より効率的に人が働ける環境を提供します。

実証実験期間中は、店舗運営向けアプリケーション「Store People Detection Pack」に内包する通過人数カウント機能により、来館人数や混雑具合を可視化します。

更に計測による時間帯別の滞在者数の分析を進めることで、混雑フロアの改善をはじめ各フロアの数値の可視化も併せて目指します。映像とAIによるデータを活用により、映像から「働く」を変え、販売促進に関する新たな貢献が期待できます。

 セーフィーと109では、都心型商業施設における新たな業務スタイルの創出を支援し、現場DXを推進してまいります。

(*1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より、エンジン別カメラ登録台数ベースのシェア(47.5%)

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント 会社概要

SHIBUYA109渋谷店(東京都・渋谷区)を中心とした4つの施設を展開。「Making You SHINE!-新しい世代の“今”を輝かせ、夢や願いを叶える-」の企業理念を掲げ、これからを担う新しい世代の今を輝かせ、夢や願いを叶えるため、商業施設運営に留まらないエンタテイメント事業展開を行う。

本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目10番7号 五島育英会ビル4階
資本金 326百万円
代表取締役社長 石川 あゆみ
事業内容 SHIBUYA109事業および関連する事業

クラウド録画サービス「Safie(セーフィー)」とは

Safieはカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービスシェアNo.1のサービスです。    

「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、人々の意思決定に映像をお役立ていただける未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指しています。

我々は「映像データであらゆる産業の”現場”をDXする」というビジネスコンセプトを掲げ、小売り、土木・建設、製造、医療などのあらゆる現場のDXを率先して推進しています。

セーフィーはデータガバナンスに関する取り組みを下記指針に遵守し啓発活動を行っております。

・データガバナンスに関する取り組み
https://safie.co.jp/csr/advisoryboard/

・データ憲章(2022年4月1日発行)
https://bucket.safie.link/pdf/csr/advisoryboard/safie_data_charter_JP.pdf

映像から未来をつくるセーフィー株式会社の会社概要

所 在 地 東京都品川区西五反田1-5-1 A-PLACE五反田駅前
設 立 2014年10月
資 本 金 54.5億円
代 表 者 佐渡島 隆平
事業内容 クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie(セーフィー)』の運営
サービスサイトU R L https://safie.link/
コーポレートサイトU R L https://safie.co.jp/
採用ページ https://article.safie.link/safietimes/recruit

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る