ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 「 大和ハウスグループDXアニュアルレポート2022」公開|デジタル化推進

「 大和ハウスグループDXアニュアルレポート2022」公開|デジタル化推進

掲載日:2022年11月10日

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2022年11月7日、当社グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを紹介する「大和ハウスグループDXアニュアルレポート2022」をホームページに公開しました。

概要

「大和ハウスグループDXアニュアルレポート 2022」:https://www.daiwahouse.co.jp/ir/dxar/2022/

 当社では2021年より「大和ハウスグループDXアニュアルレポート」を制作し、株主・投資家をはじめとしたステークホルダーに、当社グループにおけるDX推進のビジョンや施策を紹介しています。

「大和ハウスグループDXアニュアルレポート2022」では、2022年度を初年度とした「第7次中期経営計画」における重点テーマとして掲げるDXの取り組みと合わせて、当社グループにおける中長期的なDX推進の目標を掲載しています。これらを実現する施策として、ものづくりにおける「バリューチェーンのデジタル化」や多様な働き方を支える「バックオフィスのデジタル化」、社外の皆さまと共創し新たな価値を生み出す「オープンイノベーション」を紹介しています。

今後も、当社は事業・基盤の両面でDXを推進し、新たな価値創造事業やビジネスモデルの改革を進めていきます。

主な掲載内容

バリューチェーンのデジタル化:
建設におけるプラットフォーム、お客様とのつながり強化、ものづくり改革、建物管理の高度化

バックオフィスのデジタル化:
テレワーク推進プロジェクト、コミュニケーション変革、業務システムの刷新、情報セキュリティの強化、グループ会計ガバナンスの強化

オープンイノベーション:
研修施設「大和ハウスグループ みらい価値共創センター」(愛称:コトクリエ)、DX人財、XR HOUSE 北品川長屋1930、オープンイノベーションプログラム(※)

その他:DX推進を支える組織体制、社外取締役のメッセージ

※参加企業(主にスタートアップ)が保有する技術や製品、サービスと大和ハウスグループが保有する技術・サービスなどと組み合わせることで、革新的事業創造を目指す共創型プロジェクトのこと

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る