ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 「内装監理システム」で建設現場の生産性向上とペーパーレス化を推進|作業時間7割削減、紙書類9割削減を実現

「内装監理システム」で建設現場の生産性向上とペーパーレス化を推進|作業時間7割削減、紙書類9割削減を実現

掲載日:2022年11月10日

商業施設をはじめとした多様な空間づくりを行う株式会社スペース(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木靖浩)は、建設現場の内装監理業務の効率化を図る、情報一元管理システム「内装監理システム」を開発しました。

本システムは、建設現場における作業届や搬入届など、これまで紙で行われてきた各種申請をデジタル化するものです。申請内容はクラウド上で一元的に管理されるため、関係者間で円滑に情報共有できるようになります。これら内装監理業務のデジタル化で、生産性向上と工事関係者らの作業負担軽減、ペーパーレス化による環境負荷低減を実現します。

内装監理システムのスマートデバイス操作画面(イメージ)内装監理システムのスマートデバイス操作画面(イメージ)

本システムを2022年11月8日に開業する「三井ショッピングセンター ららぽーと堺」にて、三井不動産株式会社より業務委託を受けている内装監理業務の中で運用した結果、内装監理業務の作業届および搬入届、書類整理に要する時間が従来と比べ約7割削減でき、またペーパーレス化が約9割進みました。今後も商業施設を中心とした他20件の建設現場で運用し、利用者からフィードバックを得て、機能の改良と充実化を図り、建設現場の更なる生産性向上とペーパーレス化による環境負荷低減に貢献してまいります。

取り組み背景

内装監理とは、事業主(デベロッパー)の代行業務として、ゼネコンやテナント関係者の間に入り、商業施設の計画からオープンまで、テナント出店者の設計および施工を総合的に監理し、商業施設の開業を目指すためのコーディネート業務のことを言います。

建設現場では申請に関わる書類が多く、工事関係者は大量に紙を持ち歩き、それを管理する内装監理業務では大量の紙を整理しています。これらが非効率の原因となり、現場作業員に負担がかかり、紙書類の申請から管理まで一連の運用に労力と時間を費やしていました。
この作業をデジタル化し、申請書をクラウドで一元管理することにより、「申請する現場作業員」「承認する内装監理者」、双方の業務スピードの加速、生産性向上を目指し、「内装監理システム」の開発に至りました。また国内では高齢化社会を迎え、多くの業界で人手不足による課題が深刻化しています。特に建設業界は慢性的な人手不足の状態にあり、長時間労働を強いられている企業も多く、現状の業務を省力化できるよう、システム開発に取り組みました。

内装監理システムの特徴

1.現場作業員がスマートデバイスから書類申請

専用URLに登録すれば単純な操作で本システムを利用できる仕組みとなっており、デジタル機器操作に不慣れな人でも簡易的な操作を実現しています。現場作業員はスマートデバイスから作業申請が可能で、申請状況をリアルタイムに確認できます。そのため、場所にとらわれない作業申請が可能となり、申請作業時間の削減につながります。

2.内装監理者はクラウドで申請状況を確認

申請書類はクラウドで管理され、内装監理者はクラウドサービスを利用し、申請内容を確認できます。申請書類をデジタル化することで、書類作成や押印の手間をなくすほか、それらを紙で管理する必要がなくなり、業務の効率化に加え、紙の印刷や保管にかかるコストを削減することができます。

3.建設現場の情報を配信

本システムの「お知らせ機能」を利用し、現場全体への連絡事項を確認できます。この機能はシステム登録者にメッセージおよびファイルの共有ができ、速やかな情報伝達が可能となり、現場の安全・品質を向上させることができます。

今後の展望

2023年以降に本システムを製品化し、デベロッパー企業を中心とした関連会社へのサービス提供を目指します。

今後も建設現場での人手不足解消や、工事関係者らの負担軽減に貢献できるよう、本システムの更なる発展を目指すとともに、DX推進に努めてまいります。

会社概要

商空間プロデュース企業として、お客様の経営理念や事業戦略に基づき「なぜその空間が必要なのか」という目的から共に考えます。これまで培ってきた空間づくりの力を最大限に活かしながらも、社外のプロフェッショナルを巻き込み、従来の考え方にとらわれない最良のチームで空間の可能性を追求します。「明日が、笑顔になる空間を。」というスローガンのもと、社会性と事業性を両立させ、そこを訪れる人や暮らす人の思い出となるような場所を創造し続けます。

会社名:株式会社スペース
代表者:代表取締役社長 佐々木 靖浩
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町3-9-4
TEL:03-3669-4008(代表)
上場:東京証券取引所プライム市場(証券コード:9622)
事業内容:商業施設・文化施設・娯楽施設・イベント空間の企画・コンサルティング・設計・監理および施工
URL:https://www.space-tokyo.co.jp/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る