期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 中小企業DX加速|リコーとサイボウズ、業務改善プラットフォーム「RICOH kintone plus」提供開始

中小企業DX加速|リコーとサイボウズ、業務改善プラットフォーム「RICOH kintone plus」提供開始

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、さまざまな業務を現場起点でデジタル化し、中堅中小企業の現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるクラウド型の業務改善プラットフォーム「RICOH kintone plus (リコー キントーン プラス)」の提供を2022年10月21日から国内市場で開始します。「RICOH kintone plus」は、サイボウズ株式会社(代表取締役社長:青野 慶久)が提供する「kintone®」※をベースに開発したものです。今回の国内市場向けの提供開始は第一弾となるもので、2022年度中には北米市場へ、その後欧州市場に順次展開地域を拡大します。

※「kintone®」は、データベースとプロセス管理、コミュニケーションの機能を併せ持ち、プログラミングの専門知識がなくても容易にシステムが構築できるサイボウズ社の業務アプリ構築クラウドサービスです。ローコード・ノーコードの特性から、「現場の人が主体の業務改善」を支援するツールとして、利用者や利用シーンが拡大しています。

概要

「RICOH kintone plus」は、リコーの共創プラットフォーム「RICOH Smart Integration (以降RSI)」と連携するもので、リコーが中小企業向けのスクラムパッケージや中堅企業向けのスクラムアセットの提供を通じて培ってきた業務改善ノウハウや、これまで「kintone®」を提供するなかでお客様からいただいたご要望をもとに、以下の 3 点を独自に提供します。

①建設業、製造業、福祉介護業など7業種、15種類以上のリコーオリジナルアプリテンプレート
 (150を越えるスクラムパッケージメニューから今後も順次追加予定)

②RSI上で紙文書をシームレスにRICOH kintone plusへ取り込むリコー製複合機連携

③見積作成業務に便利な「自動採番」「帳票作成」「カンタン検索」などを実現する3種類のプラグイン
 (今後もリコーオリジナルプラグインを順次追加予定)

また、国内販売会社であるリコージャパン株式会社(社長執行役員:木村 和広)が、地域密着の販売サポート体制に加え、専門人材を配置した「リコー kintone支援センター」による対面開発や伴走サービスなどの支援メニューを提供・拡充し、円滑な導入はもちろん、現場起点の継続的な業務改善をお客様に寄り添って支援します。

リコーは今後もサイボウズ社との連携を強化し、独自のテンプレートや機能充実を図るとともに、お客様の現場のデジタル活用に寄り添う伴走型のサポートを強化します。また、リコージャパンのスクラムパッケージやスクラムアセットといった業種業務別のソリューション群に、「RICOH kintone plus」を組み込むことで提案力を強化し、中堅中小企業を中心に、お客様のDXを強力に後押しします。併せて、リコーの共創プラットフォームであるRSIと「RICOH kintone plus」の間でのデータ連携を実現することで、蓄積したデジタルデータを分析・活用してお客様の業務をさらに高度化・自動化するなど、新たな付加価値の提供を目指します。

背景

近年、多くの企業が、急速な市場環境の変化への対応や人手不足といった経営課題に直面しており、デジタル技術を活用した自動化・省力化による生産性向上や、新たなビジネスモデルを創出するDXの推進が急務となっています。しかしながら国内の中堅中小企業においては、ファクスを用いた紙による受発注をはじめとするアナログの業務がいまだに多く存在し、IT専門人材の不足とあいまって、デジタル化が遅れているのが現状です。

一方、クラウドサービスやローコード・ノーコードツールの普及により、業務改善を進めるためのシステム開発を外部のシステムベンダーに丸ごと委託するのではなく、専門的なサポートを受けながら、自社の現場でアジャイル開発する「伴走型」のシステム開発へのニーズが高まっています。

こうしたなか、リコーとサイボウズは2022年4月に業務提携契約を締結しました。サイボウズが有するローコード・ノーコードの開発力と、リコーのグローバルでの販売サポート体制による課題解決力を掛け合わせることで、現場のDXを支援し、お客様の“はたらく”の変革に貢献することを目指しています。

エンドースメント

今回の発表にあたり、サイボウズ株式会社より以下のエンドースメントを頂戴しています。

サイボウズ株式会社は、株式会社リコーの「RICOH kintone plus」提供開始を心より歓迎いたします。今回の取り組みは、2022年4月の業務提携合意より両社で検討を重ねてきた中での最初の成果となります。「RICOH kintone plus」の提供と支援サービスの拡充によって、国内の中堅中小企業の現場主導のDXが加速することを期待しております。今後も協業を進め、国内のお客様のDX推進に貢献し、さらに海外での展開を目指す所存です。

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山 圭太

RICOH kintone plus
https://www.ricoh.co.jp/service/ricoh-kintone-plus/

企業内のさまざまな業務の課題解決に活用できるRICOH kintone plus

企業内のさまざまな業務の課題解決に活用できるRICOH kintone plus

「RICOH kintone plus」の主な特徴

1.RICOH kintone plusの基本機能

・ データを蓄積/一覧/検索できるデータベース機能により、企業内で扱われるさまざまな業務データを統合・管理。

・業務プロセス(ワークフロー)に沿った進捗管理、業務のプロセス管理や可視化を実現。

・チームやプロジェクトごとに細かくコメントできるコミュニケーション機能により、業務の円滑化やチームワークの活性化に貢献。

・クラウドサービスなので、PCやスマートフォン、タブレット端末から場所に捉われずに利用でき、働き方の自由度を向上。

 ※スマホ・タブレット利用の場合はkintone標準機能のみ対応

2. ノーコード・ローコードで現場起点の業務改善を実現

・特別なプログラミングの知識がなくても、パーツのドラッグ&ドロップなど簡単な操作で、さまざまな業務アプリの構築が可能。

・お客様による自律的な活用から、SEによる個別開発まで、お客様のニーズに応じてリコージャパンが最適な提案およびサポートを実施。

3.優れた拡張性により高度なシステム連携にも対応

・プラグインの追加により、用途に合わせたさまざまな機能拡張を実現。

・API連携により、電子契約サービスやマーケティングオートメーション、会計システムなどのサービスや基幹システムなどとの連携が可能。

4.リコー独自のアプリテンプレートや使いやすいプラグインを標準搭載

・建設、不動産、製造、卸、運輸、福祉介護、医療などのさまざまな業種に対し、リコーのノウハウを活用したオリジナルのアプリテンプレートを提供。第1弾として10種類以上をラインアップし、以後も順次追加。

・リコーオリジナルのプラグインを標準搭載し、導入直後から便利にご利用が可能。

  RICOH 自動採番プラグイン
  日付「YYMMDD-001」や部署名「自部署ー001」などのように任意の形式で、自動で採番・版管理。

  RICOH カンタン検索プラグイン
 氏名や住所など多様な条件での情報検索が可能。

  RICOH 帳票作成プラグイン
  取引先名や積み上げ品目、金額等をRICOH kintone plusのアプリにレコード登録しておくだけで、あらかじめ設  定しておいた見積書フォーマットに従って、該当レコードの内容を自動で転記・出力。

5.リコー製複合機とのシームレスな連携

・RICOH kintone plus が、リコーの共創プラットフォームRSIを介してリコーの複合機と連携。複合機でスキャンした紙文書をRICOH kintone plusへスムーズかつダイレクトに登録が可能。

 RICOH kintone plusの料金プラン

製品名契約単位標準価格(税別)
RICOH kintone plus
スタンダード
月額1,500円
RICOH kintone plus
ゲストユーザー スタンダード
月額1,200円
RICOH kintone plus 用
セキュアアクセス
月額250円
RICOH kintone plus 用
ディスク増設 10GB
月額1,000円

 ※1ユーザー当たりの価格(消費税別)です。
※5ユーザーよりご契約いただけます。6ユーザー目以降は1ユーザー単位でご契約いただけます。
※ゲストユーザーのご契約にはスタンダード5ユーザー以上のご契約が併せて必要となります。
※最低契約期間は1ヶ月です。
※標準でユーザー数×5GB分のディスク容量をご利用いただけます。

※kintone はサイボウズ株式会社の登録商標です。
※社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

リコーグループについて

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2022年3月期グループ連結売上高1兆7,585億円)。

imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る