大成建設、リモートワークを支援するクラウドサービス「infoScoop × Digital Workforce」導入でDX推進

掲載日:
Category:大成建設

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野裕行、東証スタンダード市場:3800、以下 ユニリタ)は、大成建設株式会社様(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:相川善郎、以下 大成建設様)の、リモートワークを支援するクラウドサービス「infoScoop × Digital Workforce(インフォスクープ デジタルワークフォース、以下 Digital Workforce)」導入事例を公開いたしました。

「Digital Workforce」導入の経緯

大成建設様では、グループで共同利用できる基盤づくりを目指しながら、クラウドファーストを前提にさまざまなインフラ環境の整備を進めています。2024年の建設業における時間外労働の上限規制などから生産性を今以上に高めていくための環境整備が必要となり、デジタル技術を駆使したDXの推進によりグループ横断的に活用できるポータルサイトの刷新が計画されました。

ポータルサイトの刷新は、生産性向上だけでなく会社に対する従業員のエンゲージメント強化にもつながる環境となること、さらには、生産性を最大限に高めていけるポータルサイトを目指すため各業務アプリケーションへのアクセスの簡略化や、個人ごとのカスタマイズ性、以前から活用していたOffice 365(現在のMicrosoft 365)との連携が可能であることなどが要件として挙げられました。

その中で「Digital Workforce」は、周辺システムと連携するためのコネクター開発など柔軟に対応ができ、自由度が高く、従業員にとって使いやすい環境が整備できるとご判断いただき、採用いただきました。

「Digital Workforce」導入後の効果

今回「Digital Workforce」を導入いただいたことで、大成建設様主要7社を中心としたグループ全体の2万人以上が利用する共通基盤として運用されることになり、海外にある現地法人からもポータルサイトへアクセスが可能になり、全社的なDX推進を下支えする環境としてご活用いただいています。

ポータル環境を整備したことで、PCやモバイルデバイスからのアクセス数は堅調に伸び、ポータルサイトにアクセスするまでの時間が短縮、また、会社の情報を従業員へ通知することで、会社に対するエンゲージメント向上にも寄与しています。

さらに使い勝手の面では、個人ごとに使いやすいようにポータルサイトへ情報を表示できるようになり、現場からの評判も上々と嬉しいお言葉を頂きました。

▽導入事例の詳細はこちらから
https://dwf.jp/case/taisei.html

企業情報

会社名:大成建設株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル
設立:1917年(大正6年)12月28日
事業内容:建設関連事業
ホームページ:https://www.taisei.co.jp/

「Digital Workforce」について

「Digital Workforce」は、「ポータル」「認証/SSO」「ID管理」「API管理」「セキュアブラウザ」という5つの機能を取り揃えたIDaaSです。「生産性とセキュリティを両立する」をコンセプトに、働き方改革のプラットフォームとして社員全員の生産性向上とセキュリティ強化を実現し、リモートワークの利便性・生産性・セキュリティの向上を総合的に支援します。
「第15回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」支援業務系ASP・SaaS部門で、働き方改革貢献賞を受賞しました。

株式会社ユニリタ https://www.unirita.co.jp
ユニリタの強みは、IT領域における「データマネジメント」「サービスマネジント」「プロセスマネジメント」。これらの強みを活かし、デジタル社会でのビジネス貢献と業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。そして、サステナブルな社会基盤を支えるお客様のDXを支援するため、IT課題、事業課題、さらには社会課題をデジタル技術で解決すべく事業の拡大を図っています。

製品・サービスに関するお問い合わせ

株式会社ユニリタ クラウドサービス事業本部ITマネジメントイノベーション部
E-mail:dwf@unirita.co.jp
お問い合わせフォーム:https://dwf.jp/contact.html

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします