ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス アンドパッド、海外投資家等より総額約122億円の資金調達|「ANDPAD Second Act」も公表

アンドパッド、海外投資家等より総額約122億円の資金調達|「ANDPAD Second Act」も公表

掲載日:2022年10月03日

クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を運営する株式会社アンドパッド(本社:東京都千代田区、代表取締役:稲田武夫、以下アンドパッド)は、Minerva Growth Partnersをリード投資家とし、海外機関投資家を中心に新規投資家・既存株主を引受先とした第三者割当増資を実施しました。併せて、株式会社三菱UFJ銀行と株式会社商工組合中央金庫から融資を受け、総額約122億円の資金調達を実施しました。
当社は、これまで約87億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計資金調達額は約209億円になります。また、同時に今後の展開として戦略的投資方針を定めた「ANDPAD Second Act」を公表いたします。

本ラウンドにおける参加投資家・金融機関一覧(順不同)

投資家

  • Minerva Growth Partners
  • 米国 機関投資家(名称非開示)※
  • T. Rowe Price
  • グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • DNX Ventures
  • ジャパン・コインベスト
  • 日本政策投資銀行
  • フォースタートアップス

※1931年にロサンゼルスで設立された世界最大級のロング・オンリー機関投資家

金融機関

  • 三菱UFJ銀行
  • 商工組合中央金庫

直近の事業状況

当社は、現場の効率化から経営改善まで一元管理できるクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」の提供を2016年より開始しました。それ以降、直感的で使いやすさにこだわったプロダクト開発と「ANDPAD」の導入・活用への徹底したサポートにより、現在では14.5万社、38.6万人を超える建築・建設業界の方にご利用いただくシェアNo1のサービスへと成長しています。
提供開始当初は、新築・リフォームなど住宅業界での活用が主でしたが、2020年以降ゼネコン・専門工事業界へと活用が急速に広まり、現在も業種ごとに求められる課題解決のため製品開発に取り組んでいます。

また、2021年11月には「ANDPADアプリマーケット」を公開しました。建設業界は裾野が広く、工事内容や種別によって生じる課題、求められる解決策が異なります。こうした多岐にわたる業界課題の解決に向け、ANDPAD APIを活用した外部サービス連携を強化し、建設業界全体のデジタル化を推進する建設DXプラットフォーム化を進めています。
2022年にはベトナム現地法人の立ち上げ、インドからの新卒採用を開始するなどグローバルな環境での開発体制を整え、サービス開発を行なっています。

資金調達の目的と使途および今後の展開を示す「ANDPAD Second Act」

今般、当社は成長投資の加速および海外機関投資家を中心とする投資家層のさらなる拡大を目的として、総額約122億円の資金調達を実施しました。

調達した資金の主な使途は、1)当社の事業を支える人材基盤の形成に向けた採用・育成、2)グローバルな開発体制の構築に向けた国内外からのエンジニアの採用、海外開発拠点の拡充、3)顧客基盤の獲得およびプロダクトの獲得ならびに人材獲得を企図した買収・出資等を予定しています。
同時に、本件資金調達と、今後の戦略的な投資領域に関する基本方針を「ANDPAD Second Act」と位置付け、6つの戦略的投資を推進するとともに、建設業界全体の課題解決を目指します。

6つの戦略的投資

  • カテゴリーリーダーとしてプロダクトおよびGo to Marketへの圧倒的な投資
  • 複数プロダクトへの開発投資によるLayer Cake戦略の実行
  • アプリマーケットに参画するパートナーへの投資によるネットワーク効果の促進
  • データ基盤への投資によるSystem of Actionの推進
  • Con-tech領域を中心としたR&D投資による先端技術の現場実装
  • M&Aおよび資本提携を通じた新サービスおよび新規事業の創出

詳細については、関連資料をご確認ください。
https://speakerdeck.com/andpad_hr88/andpad-second-act

役員就任のお知らせ

組織が急拡大する中、事業の更なる成長と拡大へ向けて、このたび新たに二人の役員が就任いたしました。

社外取締役 村島 健介 氏

三菱商事においてIT分野における国内外の新規事業開発・投資業務に従事した後、2007年よりモルガン・スタンレーの東京及びシリコンバレー(Menlo Park)オフィスにおいて、テクノロジー/インターネット/ソフトウェア/メディア業界における上場・非上場企業の資金調達、IPO、M&A・戦略投資アドバイザリーを中心とする投資銀行業務に従事。LINE、メルカリ、ラクスル、freeeなどのIPOを手掛け、グローバルにインターネット及びソフトウェア業界をカバーするGlobal Internet Banking/Global Software Banking Groupの日本統括責任者を務めた。2020年9月にテクノロジー領域のグロースステージにある企業に特化した投資ファンド、Minerva Growth Partnersを創業、代表取締役マネージング・パートナーに就任。スタートアップ向けメンタリンググループ「rooftop」のファイナンス担当パートナー。慶應義塾大学卒、デューク大学MBA。

社外監査役 松澤 香 氏

2002年弁護士登録、現在の森・濱田松本法律事務所に入所。M&Aやコーポレート業務(国内・渉外案件)に従事。2007年にHarvard Law School留学後、渉外・企業法務に加え、国会に設置された第三者調査委員会のマネジメントや独立行政法人のガバナンス改革など、公的機関・民間企業の改革にも携わる。その後、2019年、三浦法律事務所を共同パートナーと共に設立。ガバナンスの専門家として、企業の社外役員、研究倫理審査委員、コンプライアンス・ガバナンスや役員向けセミナーや、スタートアップ支援に従事。また、OnBoard株式会社CEOとして、女性役員の育成・紹介に携わる。The Best Lawyers in Japan 2021、2022、2023受賞 (Corporate Governance and Compliance Practice部門)

当社のミッションは「幸せを築く人を、幸せに。」です。今後も当社では、建設業界で働くすべての方の幸せに貢献し、建設業界全体の課題解決に向けて努めてまいります。  

「ANDPAD」について

「ANDPAD」は現場の効率化から経営改善まで一元管理できるシェアNo.1※クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。2016年に提供を開始し、直感的で使いやすさにこだわった開発と導入・活用への徹底したサポートで、利用社数14.5万社を超えております。国土交通省のNETIS (新技術情報提供システム) にも登録されており、38.6万人以上の建設・建築関係者が利用しているクラウド型建設プロジェクト管理サービスとなっております。
2021年11月に「ANDPADアプリマーケット」を公開、連携パートナーとともに建設業界全体でのDX化に取り組んでいます。
・「ANDPAD」サービスサイト:https://andpad.jp/

※「クラウド型施工管理サービスの市場動向とベンダーシェア」(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ)

会社概要

社名     :株式会社アンドパッド
所在地    :東京都千代田区神田練塀町300番地 住友不動産秋葉原駅前ビル8階
代表者    :代表取締役 稲田 武夫
事業内容 :クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」の開発・販売・運営
会社HP   :https://andpad.co.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る