ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 音声DX|Voicyと文化放送、企業向け音声ブランディングメニュー提供開始

音声DX|Voicyと文化放送、企業向け音声ブランディングメニュー提供開始

掲載日:2022年09月26日

株式会社Voicyは株式会社文化放送と連携し、音声ブランディングメニューを企業向けに提供開始しました。このメニューは、Voicyが音声で企業のコミュニケーション課題の解決を行うブランドソリューション事業の一環として提供する音声DXプログラムのひとつです。Voicyは、音声を活用した企業文化醸成の促進を目指します。

▼実際にこのメニューを通してラジオ番組をもつ株式会社L is B代表の横井太輔さんに、Voicy代表・緒方がインタビューしました。
https://note.com/voicy_design/n/n4610641c05fd

音声は、こちらからお聴きください。
https://voicy.jp/channel/1/373929

Voicyは、音声プラットフォームの開発・運営とともに、音声で企業のコミュニケーション課題の解決を行うブランドソリューションといった法人向け事業を行っています。そのなかで、音声DXプログラムを提供しています。デジタルによる音声導入をサポートする音声DXプログラムでは、あらゆる業界にデジタルで音声を取り入れていくことで、既存産業の活性化を目指しています。今回は、音声DXプログラムの一環として文化放送と連携し、企業向け音声ブランディングメニューを提供開始しました。情報のあふれるこの時代、情報をただ届けるのではなく“人を届ける”ことが重要です。企業の人柄までも伝えることで、企業がステークホルダーとの距離を縮めていけるのではと考えています。このメニューを通じて、音声を活用した企業文化醸成の促進を目指します。

Voicy×文化放送 音声ブランディングメニューとは

企業やブランド、サービスの番組を文化放送とVoicyが共同でコンテンツ制作を行い、文化放送の放送網とともに、音声プラットフォームVoicyにて放送するメニューです。リアルタイムでの聴取はもちろん、Voicyでは放送のアーカイブが可能です。URLで簡単にシェアができ、過去の放送も含めていつでもどこでもお聴きいただくことができます。ラジオにデジタルを取り入れることで、デジタルサイマル放送として同時配信ができるほか、聴取層や利用時間などあらゆるデータを分析・活用した革新が期待できます。将来的には、各種マネタイズや、放送の制作などの技術面にも大きく寄与する見込みです。

Voicy×文化放送 音声ブランディングメニュー​​事例

先駆けてこのメニューを導入した企業、株式会社L is Bの番組が好評放送中です。L is B代表の横井さんが、建設業や小売業など様々な企業のDX推進担当者をゲストとしてお招きし、DXの最前線にいる立場で“今”の時代に求められていることについて話します。文化放送の放送網とともに音声プラットフォームVoicyにて放送、アーカイブ放送は自社ホームページからいつでも聴いていただけるコンテンツとなっています。スマートフォンひとつで収録できるからこそ実現する、Voicyのみでお聴きいただけるオリジナルコンテンツも登場!

番組タイトル:現場DX研究所
放送局:文化放送(FM91.6MHz & AM1134kHz)関東エリア放送
放送日時:毎週月曜日 20:00~20:30
出演 :横井太輔 L is B代表取締役/CEO・松井佐祐里 文化放送アナウンサー
Voicyチャンネル:https://voicy.jp/channel/2791

L is B代表の横井太輔さんに聞く、企業が音声発信に取り組む意義とは

左 L is B代表・横井太輔さん / 右 Voicy代表・緒方憲太郎左 L is B代表・横井太輔さん / 右 Voicy代表・緒方憲太郎実際にこのメニューを通してラジオ番組をもつL is B代表の横井太輔さんに、Voicy代表・緒方がインタビューしました。放送の一部を抜粋して紹介します。

横井さん「一方通行のコミュニケーションにならない施策を探していたんです。対談をしたり、じっくり聴いてもらうことで文化づくりからできるのは番組をもつ面白さですよね。

いつでも聴けること、そして番組出演がゲストのちょっとしたコンテンツとして資産になることはメリットのひとつです。

商談にも貢献しているとお伝えしましたが、実利になると感じます。パーっと花火を打ち上げたいなら他のやり方があると思いますが、深く届けたいなら音声番組はとても相性が良いです。」

▼実際の放送は、こちらからお聴きください。
https://voicy.jp/channel/1/373929

記事はこちらからご覧いただけます。
https://note.com/voicy_design/n/n4610641c05fd

Voicy×文化放送 音声ブランディングメニュー​​

このメニューの利用を検討したい企業の方は、こちらのページよりお問い合わせください。
https://service.voicy.jp/voicybiz/info

音声プラットフォームVoicyについて

「Voicy」は、人や社会を豊かにする声が集まる音声プラットフォームです。どんな発信よりもシンプルな収録で、編集しない声だからこそ本人性や想いが届く新しいコンテンツを生み出しています。特徴として、応募通過率5%前後の審査を通過したパーソナリティのほか、ニュースが声で聴ける「メディア放送」、企業の人柄までも伝わる「オウンドメディア」が集まることで、日々を豊かにする信頼できる声とだけ出会える環境になっています。また、ながら聴きができることで、忙しいなかでも人や情報に触れる機会が生まれ、平均聴取維持率は80%超。多くの方が放送を最後まで楽しむ文化となっています。2022年5月時点の会員登録者数は、前年比2倍の約150万人。

●Web:https://voicy.jp/
●iOSアプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1115551289
●Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.voicy.app.player

株式会社Voicyについて

株式会社Voicyは、音声市場・ボイステック業界のリーディングカンパニーです。音声プラットフォームの開発・運営を中心に、音声で企業のコミュニケーション課題の解決を行うブランドソリューションや、音声コンテンツの企画制作や音声イベントの企画運営、声の社内報などクローズドコミュニケーションサービスといった事業を行っています。「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」をミッションに掲げ、音声と技術で人と情報のあり方を変えて、人々の生活をより豊かにする未来をつくっています。

会社名:株式会社Voicy
代表者:代表取締役CEO 緒方憲太郎
設立:2016年2月
本社所在地:東京都渋谷区南平台町2-17
Webサイト:https://corp.voicy.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る