ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス クラウドで共同編集|TooとDropbox Japan、隈研吾建築事務所のDropbox導入事例を公開

クラウドで共同編集|TooとDropbox Japan、隈研吾建築事務所のDropbox導入事例を公開

掲載日:2022年09月20日

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)と、Dropbox, Inc.(NASDAQ:DBX)の日本法人である Dropbox Japan株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役社長/梅田成二)は、日本を代表する建築事務所である、隈研吾建築都市設計事務所(日本オフィス/東京都港区南青山 2-24-15、代表/隈研吾氏、kkaa.co.jp )のDropbox Business(以下Dropbox)導入事例を公開しました。

概要


隈研吾建築都市設計事務所は、日本を代表する建築事務所であり、東京五輪のメインスタジアムとなった国立競技場や高輪ゲートウェイ駅など数多くの設計に携わっています。同事務所はコロナ禍において、テレワーク等分散型の多様な働き方をするスタッフが増えたことを契機として、事務所内のファイルサーバーの再構築を検討しました。

Dropbox導入前は、オンプレミスのファイルサーバーを中心にデータを管理していましたが、海外出張やテレワークを実践するスタッフがVPNを経由して会社のサーバーにアクセスする際に、ネットワークの負荷などでサーバーに接続できないといったトラブルが頻発していたといいます。また、所員が間違ってデータを消してしまった際の復旧作業にも苦労していました。

同事務所はクラウドストレージ導入にあたっていくつか製品を比較しましたが、使い勝手の良さとセキュリティの双方に優れていると判断し、Dropboxの導入を決定しました。製品の具体的な評価ポイントは以下のとおりです。

1. 大容量データを介したコラボレーションの円滑化

建築に関わるBIM*データや3DCGデータ等、1GBを超える大容量データもスムーズに同期されます。大容量でもデータの同期速度が安定しているため、海外拠点にいるスタッフと東京オフィスにいるスタッフがDropbox上で同じプロジェクトを通じてコラボレーションすることが可能となりました。

2. スマートシンクによる業務効率化

スマートシンクの活用により、データ容量にかかわらずローカルに置いたファイルと同じ感覚でDropbox上のデータを扱うことができます。とくに3DCG担当者のように、制作する上で必要な素材データ(アセット)が多いプログラムを扱うクリエイターにとっては、自分のパソコンと同じような環境でモデリングやテクスチャの作り込みなどのさまざまな作業を行えるようになり業務効率化が進みました。

3. データ共有時のセキュリティ対策

「Dropbox Transfer」「共有リンク」等の機能をパスワード設定とともに活用することにより、メールの添付ファイル暗号化(PPAP)利用の回避につながり、会社の資産となる重要なデータをセキュアに共有が可能。さらに、数あるプロジェクトごとに担当者だけがアクセスできるDropboxフォルダを作成することで、セキュリティを確実に担保できます。

なお、今回の導入事例は、建設業界やクリエイティブ業界での導入実績を数多く有するTooによる同事務所のワークフローに寄り添った導入時のサポート体制が高く評価された結果、実現しました。

隈研吾建築都市設計事務所、設計室長 松長知宏様は以下のように述べています。
「建築業界はBIMデータや3DCGデータなど大容量のデータをやり取りすることが多い業界です。チームで仕事をする上でも(中略)Dropboxなら、インターネットが繋がるところであればスタッフがどこにいてもデータを安定して扱うことができます。」
「クラウドストレージは社内の基盤となるものなので、弊社の仕組みを理解いただいているTooさんからDropboxの導入を決めました。この先、セキュリティ対策やスタッフの働き方、オフィスやチームの在り方など、さまざまな変化が起きると思います。オフィスの仕組みの見直しを迫られる中で、これからも一緒に進んでいきたいと考えています。」

* Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)

隈研吾建築都市設計事務所様のDropbox導入事例はこちら

https://www.too.com/fun/case/dropbox/kkaa.html/

Dropbox Business製品の詳細はこちら

https://www.too.com/product/dropbox/

株式会社Tooについて

弊社ロゴの「.Too」には「ピリオドの前にあるものを越え常に挑戦する」という意味が込められています。1919年に創業し100年を超える歴史を持つ私達は、大きく変化を続ける世界で常に次の時代を見据えて進んでまいりました。表現とコミュニケーションは、いつの時代でも常に最先端の技術とアイデアに牽引されています。Tooは表現したい人をサポートし、デザインの新しい価値の創造につとめ、デザイン文化貢献企業を目指しています。

代表者:代表取締役社長 石井剛太
所在地:本社/東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル
URL:https://www.too.com/

Dropbox Japan株式会社について

Dropboxは、生活にかかわるコンテンツをつねに整理整頓し、仕事を進めていくための大切な場所です。180カ国で7億人以上もの登録ユーザーにご愛用いただいているDropboxは、「よりスマートな働き方をデザインする」ことを使命としています。Dropbox は米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、世界各国に従業員がいます。Dropbox の使命と製品については、dropbox.com をご覧ください。Dropbox Japan は、Dropbox の日本法人です。詳細は、https://www.dropbox.com/ja/business または http://navi.dropbox.jp/ をご覧ください。

同件に関するお問い合わせ先

株式会社Too ソリューションサービス部
E-Mail sls_info@too.co.jp
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

※Tooは、株式会社Tooの登録商標です。
※その他の登録商標及び商標は、所有者に権利が帰属します。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る