ホーム 最新ニュース ソフト・サービス 現場帳票電子化システムi-Reporter、ITreview Best Softwareで3位に

現場帳票電子化システムi-Reporter、ITreview Best Softwareで3位に

掲載日:2022年06月15日

株式会社シムトップスのシェアNo.1の現場帳票システム(※1)「i-Reporter」は2022年5月31日に、B2B向けIT製品/SaaSのレビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」が表彰する「ITreview Best Software in Japan 2022」で3位に入賞致しましたのでお知らせ致します。

ITreview Best Software in Japan 2022とは

  • ITreviewユーザーが支持した日本のSaaS・ソフトウェアを選出する「ITreview Best Software in Japan 2022」。日本のビジネスの最前線で注目を浴びているSaaS・ソフトウェアの中でも、特に顧客満足度・認知度がともに優れたTOP50製品を紹介する、1年に1度の企画です。

▼専用サイトはこちら
https://www.itreview.jp/best-software/2022

i-Reporterに寄せられた口コミ

  • i-Reporter導入までは、Excelで帳票書式を作成し、紙に出力して手書きしていましたが、データを入力して蓄積するという社内文化を根付かせることに貢献したと思います。また、データがいつでも参照できるので、仕事の進捗状況なども帳票を参照することで確認できるメリットを感じています。
  • 今まで、現場で紙帳票(各種機器の点検報告書など)に記入、事務所に戻ってからExcel帳票に転記、プリントアウトしていました。i-Reporterの導入によって、現場で入力すると、その場で報告書ができあがるようになりました。転記作業が不要となり作業効率がアップ(30%~50%程度の時間削減)するとともに、帳票への入力・転記ミスもほぼなくなりました。 
  • 弊社では食品を生産しているため、手書き帳票が大量にあり、トレースを取るにも保管にも大変でした。それが電子化され一気にSDG’sが加速しました。弊社は生産拠点が4か所あり、半製品を別工場で製品にしたりするため、トレースを取るには1拠点で完結せず、他拠点へ問い合わせたりしていました。しかし、今はConMas Managerから全拠点の帳票が見られるのでスマートなトレースができるようになりました。 

本受賞は弊社の活動だけで受賞できるものではなく、日頃i-Reporterをご愛顧頂いておりますお客様の温かい評価を頂けたことによるものです。誠にありがとうございます。

​▼i-Reporterレビュー一覧はこちら
https://www.itreview.jp/products/i-reporter/reviews

ランキングトップ10
1位:UMU(eラーニング)
2位:調整アポ(日程調整)
3位:i-Reporter(帳票作成・管理)
4位:ロボパットDX(RPA)
5位:マネーフォワード クラウド勤怠(勤怠管理システム)
6位:電子印鑑GMOサイン(電子契約・サイン)
7位:SHANON MARKETING PLATFORM(マーケティングオートメーション)
8位:マネーフォワード クラウド会計(会計ソフト)
9位:kincone(ダイアグラム作成)
10位:EzRobot(RPA)

ITreview掲載の背景

i-Reporterを導入検討中のお客様へ、製品の良い点・悪い点の両面をお伝えした上でご検討頂きたいという思いがありました。お客様の忌憚のないお声を包み隠さずにオープンな場所に投稿頂くことで、
・具体的な活用方法
・導入後の具体的な効果
・改善してほしい要望
等の利用ユーザー様の生の声を知っていただくことができます。
 
また、お客様から頂く改善要望は、貴重な製品・サービス品質向上の情報源です。
頂いたお声を元に弊社ではi-Reporterの機能拡張やサービス改善を行って参ります。
今後も「現場の悩みを知っている製品」としてi-Reporterがお客様の改善活動に一躍を担えるよう努めて参ります。

i-Reporterについて

  • ConMas i-Reporterは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の入口、簡単 IoT、帳票とAIをキーワードに現場データのデジタル化とDX推進のためのペーパーレスソリューションを提供しております。
  • 製造業、フィールドサービス、建築・建設をはじめ、2,840社、132,985名超のユーザー(2022年4月末現在)にあらゆる業種、業務で利用いただいております「現場帳票」ペーパーレス ソリューション市場 シェアNo.1の製品・サービスです。(※1)
  1. 紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレス化を実現
  2. 現場入力データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重入力を防ぎ情報活用、共有が迅速に
  3. 外付けデバイス、IoTやPLC、既存システムとのデータ連携によりトレーサビリティーの高いエビデンスが可能
  4. 音声入力によるハンズフリーを実現し、作業と入力を並行可能に
  5. 入力データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
  6. 従来のオンプレミスとクラウドのどちらも利用可能

▼製品サイトはこちら
https://i-Reporter.jp/

株式会社シムトップスについて

会社名:株式会社シムトップス
本社所在地住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル10F
代表者名 :代表取締役社長 水野 貴司
設立年月日: 1991年10月1日
資本金:1千6百5十万円
売上高:15億2千百万円(2021年度売上)
従業員数:計56名(2022.3末現在)
事業内容 :
個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
「現場帳票」ペーパーレス ソリューション  i-Reporterの開発/販売
製造・保守点検・建設などの現場の進捗管理・コミュニケーションツールnXProjectHubの開発/販売
BOPプロセスエディタ MPPCreatorの開発/販売
シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社の草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows「現場帳票」ペーパーレス ソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。


▼企業サイトはこちら
https://www.cimtops.co.jp/

※1出典:富士キメラ総研 2021年2月調査「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場 現場帳票ペーパーレス化ソリューション 市場占有率36.8%(2019年度実績)

本件に関するお問合せ先
株式会社シムトップス
マーケティング&カスタマーサクセス部門:前川泰宏
メールアドレス:yasuhiro.maekawa@cimtops.co.jp

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

https://news.build-app.jp/article/4371/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る