ホーム 最新ニュース デジタル推進 パーソル、北九州市に就労継続支援A型事業所解説|100種類以上の業務×在宅勤務

パーソル、北九州市に就労継続支援A型事業所解説|100種類以上の業務×在宅勤務

掲載日:2022年06月13日

総合人材サービスのパーソルグループ傘下で、障害者就労支援事業を行うパーソルネクステージ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉岡 直登、以下 パーソルネクステージ)は、障害者がテレワークではたらける就労継続支援A型事業所(※1)の5拠点目となる「北九州オフィス」を2022年7月1日(金)に福岡県北九州市にオープンします。それに伴い障害のある方の応募受付を開始いたします。

北九州オフィスオープンにあたって

パーソルネクステージは2021年2月、福岡県福岡市に1拠点目となる、福岡オフィスをオープン。現在九州を中心に4つのオフィスを運営しています。特にオープンから約1年以上経つ福岡オフィスは、出勤率97.6%(※2)、在宅率90% (※3)と安定した運営を行えております。入社当初は6時間勤務(※4)で始めたクルー(※5)も8時間勤務と一般就労を想定した勤務時間に増やす方や、入社から1年経過して、本格的に就職の準備をしているクルーもいらっしゃるなど、当社を通じて一般就労に向けて取り組んでいる方が増えています。また、先月オープンした長崎オフィスを除くすべてのオフィス(福岡オフィス・鹿児島オフィス・大分オフィス)につきましては満員となっております。より多くの方がパーソルネクステージを通じて、一般就労に目指していただけるよう、7月1日に福岡県内に、5拠点目のオフィスをオープンすることとなりました。

※1 就労継続支援A型とは:通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して、雇用契約の締結などによる就労の機会の提供および生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識および能力の向上のために必要な訓練などの支援を行う福祉サービスです。
https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000571840.pdf
※2 2021年10月~2022年3月時点 福岡オフィス 実績
※3 2022年5月時点 福岡オフィス 実績(週1日以上在宅勤務を行っている割合)
※4 入社時は一律で1日あたり6時間の勤務時間
※5 「同じ目標に向かって進む船に乗る仲間」という意味を込めて、利用者の方のことをクルーと呼んでいます。

パーソルネクステージの特徴

1)未経験からさまざまな業務・スキルを経験することが可能
パーソルネクステージでは、Webサイトの制作・運営・保守など、IT関連の業務を含めた100種類以上の業務を通じて、はたらきながら一般就労移行時に活躍の幅を広げる専門的なスキルの習得が可能です。また、資格取得の支援や学び直しの支援も行っているほか、職業指導員(※6)からの手厚いサポートなど、はたらきながら無理なく専門知識やスキルを身につけられる環境を完備しています。

2)これまでのスキルや経験を活かした仕事も多数
パーソルネクステージにはアビリンピック受賞者(※7)など、高いスキルを持つクルーも多数在籍しております。同時に弊社で、さらなる実務経験を積み、スキルアップしたクルーは、入社した当時よりも難易度の高い業務に取り組めております。例えば、複雑なルールや判断が必要な採用業務。「多数のルールを覚え、活用する能力」「正確に文面をチェックする能力」「臨機応変に判断し、高い効率で進める能力」などが求められる業務ですが、こういった業務に取り組んでいるクルーも多数いらっしゃいます。

3)100種類以上の業務から一人ひとりの状況と特性に向き合ってマッチング
パーソルネクステージでは、100種類以上の業務内容を具体的に点数化し、クルー一人ひとりの障害の状況と特性に応じて、業務マッチングを行っています。また、1日のコミュニケーションの量やはたらく環境など、一人ひとりに合った形をヒアリング・理解し、前向きにはたらける雰囲気作りを行っています。入社1ヶ月後に、クルーと業務との適性を綿密に確認し、仕事に対する不明点や不安を取り除き、安心して業務に取り組んでいただく体制を整えております。そのため、お客さまからは、「安心して仕事を任せられる」「こちらで気づかないミスを発見してくれて助かった」という高い評価をいただいており、勤務時間についても最初の6時間から8時間へと伸ばすことを目指しているクルーもいらっしゃいます。

※6 はたらく上で必要な知識や技術を身につけるための職業訓練の指導や、自立した就業をサポートする職業
※7 アビリンピック:障害のある方々が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障害者雇用に対する理解と認識を深め、その雇用の促進を図ることを目的としている大会

<参考>パーソルネクステージ福岡・鹿児島・大分・長崎 利用者の声

  • 入社の決め手は、面接で仕事内容をうかがって、経験やスキル、資格が活かせると感じたからです。はたらいてみて、私の性格や障害の内容を理解していただき、はたらきやすい環境を提供していただいて楽しく業務につけています。(男性・50代)
  • パーソルネクステージではたらき始めて、生活が安定してきた印象があります。入社前は、午前3時就寝とかでしたが今は夜12時には寝るように心がけています。仕事をする上での土台をしっかり作りたいという意識で、少しずつ前に進みながら学んでいます。現在の業務をしながら、今はCADに興味が湧き始めており、今後学んでいきたいと考えています。(女性・20代)
  • パーソルネクステージでは、PCスキルを磨きエンジニアとしての能力を上げるために入社しました。実際に入社してみて、部屋の綺麗さや集中するための工夫がされており、スタッフの方もフレンドリーでとても環境がいいです。(男性・30代)
  • 現在、データ分析計の業務を行っています。目標としては、2~3年間でスキルを付け、その後一般就業をイメージしています。そのため、テレ―ワークもできるパーソルネクステージですが、出社頻度を自身のために増やしています。テレワークも出社もどちらも選ぶことが可能で、自分の目標に合わせた勤務の仕方ができるのが嬉しいです。今はまだスキルの幅が狭い実感があるのでコーディング系も学んでいます。(男性・40代)
  • 1年~1年半の予定で就業を検討しています。私は事務系業務を中心に行っているのですが、まだスキルを上げたいと考えているので、少しずつ学んでいる状況です。チャットやExcel利用が多く、その部分はパーソルネクステージでしっかり学べているので、本当に良かったと感じています。(女性・20代)

パーソルネクステージ北九州 概要

名称パーソルネクステージ北九州
所在地福岡県北九州市小倉北区堺町2-3-30 キャメロット小倉ビル4F
「北九州モノレール 平和通り」駅から徒歩8分
連絡先TEL:070-1420-1990
メール:PNX-toiawase@persol.co.jp
業務内容一般事務やWeb制作、サイト保守、コーディング作業、集計分析業務、
イラストレーター・フォトショップ を使ったデザイン業務など
100種類を超える業務があります。
応募方法利用者の応募を随時受け付けております。
また、研修内容、利用から就職支援までのサポート体制など、
パーソルネクステージ北九州を利用していただくにあたっての説明会を開催中です。
詳細はこちらからご確認ください。
・パーソルネクステージ 公式HP 利用者募集要項 
https://nextage.persol-group.co.jp/recruit
オープン2022年(令和4年)7月1日(金)
事業内容障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための
請負業務および受託業務全般
責任者吉岡 直登

パーソルネクステージ株式会社について

< https://nextage.persol-group.co.jp/ >
パーソルネクステージは、“障害のある方がはたらくを楽しみ、日本社会の次のステージを共に創る”をミッションに設立、「就労継続支援A型」事業を展開しています。障害の状況に応じた多様なはたらき方を提案するとともに、企業の障害者雇用におけるミスマッチを解消することで、障害のある方の「はたらいて、笑おう。」の実現を目指します。

「PERSOL(パーソル)」について

< https://www.persol-group.co.jp/ >
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

https://news.build-app.jp/article/4208/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタル推進 の人気記事

もっと見る