ホーム 最新ニュース デジタルツイン・メタバース メタバース構築|シリコンスタジオ、Omniverse Partner Council参画

メタバース構築|シリコンスタジオ、Omniverse Partner Council参画

掲載日:2022年05月23日

エンターテインメント業界を中心に、自動車、映像、建築など、さまざまな業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷 眞一郎、東証グロース:証券コード3907、以下「当社」)は、NVIDIA社(本社:米国カリフォルニア州、以下「NVIDIA」)が結成した「NVIDIA Omniverse Partner Council Japan(エヌビディア・オムニバース・パートナー・カウンシル・ジャパン、以下「Omniverse Partner Council」)」に参画したことをお知らせします。

概要

Omniverse Partner Councilは、ハードウェア/ソフトウェアベンダー、インテグレーター、デベロッパーなど国内37社(2022年5月時点)が参加する、NVIDIAにより結成された団体です。仮想世界を作成、接続するためのシミュレーションエンジン「NVIDIA Omniverse」関連ソリューションの情報共有によるナレッジの蓄積と向上、エコシステムの構築、プロモーションや啓蒙活動などにより、「NVIDIA Omniverse Enterprise(エヌビディア・オムニバース・エンタープライズ)」の市場開拓と普及の推進を目的としています。
NVIDIA Omniverse Enterpriseは、複数のソフトウェアスイートで作業するグローバルな3Dデザインチームが、共有された仮想空間で、あらゆる端末からリアルタイムに共同編集できるコラボレーション環境を実現するプラットフォームです。汎用的な3Dシーンフォーマットである「Universal Scene Description(USD)」に対応しているため、異なった3Dデザインアプリ間でのデータ互換性を提供します。

シェーダー/レンダラー技術に強みを持つ当社は、Epic Games社が提供するUnreal EngineおよびUnity Technology社が提供するUnityのエンジニアが多く在籍し、これまで自動運転やBIM・点群データ活用による建設DXをはじめ、VRにも対応した数々のデジタルツイン環境の構築を手掛けてきました。C++、Python、C#といったプログラミング言語に精通し、Omniverse SDKを使った開発も可能なため、今後はこれまでの経験と蓄積されたナレッジを活かし、Omniverseを活用したデジタルツイン環境の構築も推進することにより、お客様の新たなビジネスの創造と業務効率の向上に寄与して参ります。

エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎真孝様コメント

このたびのOmniverse Partner Council参画にあたり、エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎真孝様より下記のコメントをいただいております。

“幅広い産業分野での3DCG技術で国内をリードするシリコンスタジオ株式会社様が、Omniverse Partner Council Japanに参画いただけることを歓迎いたします。Omniverseを用いたデジタルツインや3Dバーチャル環境の構築に同社の最新ソリューションを接続し、さらに強力な開発力を発揮いただくことで、様々な産業でのOmniverseの導入そしてその実用化が大きく進展するものと期待しています。(エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝)”

シリコンスタジオ株式会社について

当社は、ゲームや映像制作スタジオ向けに加え、自動車、映像、建築など、さまざまな業界向けに3DCG技術等を提供する開発推進・支援事業と、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業の2つの事業を展開しております。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できること、および、ゲーム業界で培った3DCG技術等を他業種にも展開できることが強みです。ポストエフェクトミドルウェア『YEBIS』、リアルタイムレンダリングエンジン『Mizuchi』、リアルタイムグローバルイルミネーション『Enlighten』といった、高度な技術をゲーム制作現場に提供するシリコンスタジオのミドルウェアは、これまでワールドワイドで数多くのAAAタイトルに採用されてきました。また、Unreal EngineやUnityなどのゲームエンジンを活用した非エンターテインメント領域における案件に対し、コンサルティングから企画、設計、開発、運用まで、ワンストップで対応できるスキルと体制を有しています。
https://www.siliconstudio.co.jp/

コンピューターグラフィックス(CG)は、無限の可能性を秘めています。
映像・エンターテインメント分野では表現の幅を拡げ、土木建築・自動車といった産業分野では、可視化やHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)などに活用されています。AI・ディープラーニングの分野においても、学習データとしての活用が進み、その成果が評価され始めています。また、5Gのような高速大容量で低遅延を実現するネットワーク環境やクラウドの活用は、ユーザーエクスペリエンス(UX)にさらなる変革をもたらすでしょう。
私たちシリコンスタジオは、自社開発による数々のミドルウェアを有し、CGの黎明期から今日に至るまでCG関連事業に取り組み、技術力、表現力、発想力の研鑽を積み重ねてきました。それら3つの力を高い次元で融合させ、CGが持つ可能性を最大限に発揮させられること、それが私たちの強みです。
Ideas × Art × Technology
私たちはCG業界をリードするソリューションプロバイダーとして、お客さまの課題解決はもちろん、付加価値のあるアウトプットの提供をお約束いたします。

※ NVIDIAおよびNVIDIA Omniverse は米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。
※ Unreal®は、アメリカ合衆国およびその他の地域におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標です。
※ 「Unity」は、米国およびその他の地域でのUnity Technologiesまたは関連会社の商標または登録商標です。
※ その他、記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタルツイン・メタバース の人気記事

もっと見る