ホーム 最新ニュース デジタル推進 老舗企業DX|デジタル人材育成「MENTER」導入の炭平コーポレーションインタビュー

老舗企業DX|デジタル人材育成「MENTER」導入の炭平コーポレーションインタビュー

掲載日:2022年05月16日

デジタル人材育成に特化したオンライン学習サービス「MENTER(メンター)」を提供するWHITE株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:横山 隆、以下 当社)は、炭平コーポレーション株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役社長:鷲澤 幸一)のDX人材育成に向けて、「MENTER」を提供を開始いたしました。今回は、炭平コーポレーション株式会社の玉木様にご協力いただき、MENTERの導入背景や営業本部仕入企画でのお取組み、今後の展望についてなどお伺いいたしました。

当社は今後も「MENTER」を提供することで、様々な業界で必要とされるDX人材育成を支援してまいります。

炭平コーポレーションさんってどんな会社?

https://www.sumihei.co.jp/

MENTER:  玉木様、御社の事業について、教えてください。

玉木様:今年で創業408年目、現社長は17代目。長野県初のセメント販売で事業を拡大してきました。資材の仕入れや販売、施工工事まで行っています。長野県内のお客様が多く、建材関連を幅広く網羅しているので「炭平さんなら安心」と言っていただけることが多く地元のインフラになることを目指しています。

MENTER:どんな社風ですか?

玉木様:仲間を大事にする、風通しがよい環境です。
ただ仕事面で助け合うという部分ではまだ改善の余地があると思っています。
人事配置や評価などの仕組みづくりや各人のスキル可視化、業務の見える化をすることでよりよくなるのではないかと感じています。
歴史の長い当社ですが、新しいことをはじめることにも前向きで今後はチームビルディングも学んでいきたいと思っています。

MENTER:歴史もさることながら、新しいことにチャレンジし続ける文化は素晴らしいですね!
続いて玉木様のお仕事について教えていただけますか?

玉木様:営業本部仕入企画という商流の上下どちらにも関わる部署です。
自転車で例えると、ギアを変える役割だと思っています。営業が目標をより達成しやすくなるよう取り組んでいます。

新型コロナウイルスをきっかけに変化があったことは?

MENTER:創業400年以上の歴史がある御社ですが、コロナ禍において大きく変わったことはありましたか?

玉木様:出張が減ったり、足を運ばなくても情報収集がしやすくなりました。オンラインの便利さを知ったからこそ、対面の重要性も改めて感じることができたので、ハイブリッドでできるのが一番いいと実感しています。その他、コロナ禍をきっかけにもっと変われるのではないか?と考える社員も増え、今まで感じなかった課題に気づくこともできたと思っています。

MENTER導入を決めた理由は?

MENTER:今回、他社さんのサービスと比較検討された中でMENTER導入を決めていただいた理由をお聞かせください。

玉木様:他社さんも内容は良かったのですが、お話を聞いていたのがヒューマンスキル系の内容だったため今すぐ必要かと考えた時に優先度が高くなく、自部署でやる意義を上申しづらかったです。他にもデータ解析ツールなどいろいろ調べていたのですが、ツールの導入以前にITスキルアップの必要性を潜在的に感じていました。
そんな時に、MENTERを発見しました。
MENTERはITスキル(DX人材育成)に特化していたので部署の課題に合うコンテンツ内容だと感じました。

MENTER:意思決定のプロセスはどのように進みましたか?また、意思決定するまでに大変だったことはありますか?

玉木様:ITスキルの重要性に関しては上長も共通認識があったため、スムーズに導入が決まりました。スモールスタートが可能だったのも要因のひとつだと思っています。

実際、MENTERを利用してみていかがですか?

玉木様:特にGoogle検索の仕方や、キャプチャツールの使い方が勉強になりました。業界的にもGoogle画像検索などは使いこなせばメリットが大きいと思っていて、「型番がわからないけど、これが壊れた」などの問い合わせに対しても活用できるのでは?と考えています。

MENTER:その他にどんなことが業務に活かせそうですか?

玉木様:売上報告を手早く行い、分析や施策立案といった先手を打てるようBI(Business Intelligence)ツールの導入検討も進めたいと考えています。BIツール等を活用し、データドリブンな運用に今後移行するためにも、ITスキルアップが必要だと感じます。

MENTER:ありがとうございます。機能面についてはいかがですか?

玉木様:ランキング機能があるのがすごく良いですね。周りの取り組み具合が見えるので、声を掛け合いながら学習に取り組めています。また、チャット形式での学習は取り組みやすく、どんどん次に進められます。

今後の展望についてお聞かせください。

玉木様:本来やるべきことに時間を割けるようになるためにDXが必要と感じています。ツール導入などの重要性はわかりますが、まずは削減することを考えるべきで、ボトルネックは何か、どのように解決するかが重要だと思っています。
今まで手動で行っていた業務をITスキルを身につけることで、自分自身も楽できるところはどんどん自動化していければいいなと考えています。

導入を検討されている方へひと言あればお願いいたします。

玉木様:今回、一番はじめにMENTER ASEESMENT(ITスキル値計測テスト)を実施したのですが、ITスキルを可視化することで、良い部分や課題が見えてきました。
なので、迷ってらっしゃる方はまずはMENTER ASEESMENTだけでもやる価値はあると思います。またツールを入れる前にスキルアップが必要だと思いますので、MENTERは組織の土台づくりにとても有効だと思います。

MENTER:嬉しいお言葉ありがとうございます。今後も玉木様はじめ皆様のスキルアップのお役にたてれば幸いです。玉木様ありがとうございました。

「MENTER(メンター)」とは

「MENTER」は、実際の業務に直結するITスキルを0から体系的に学べるようカリキュラムを組んでいます。
DX人材育成に必要な知識やテクニックをマンガ動画とクイズを用いてチャット形式で楽しく学習していただけます。

<導入企業様(一部抜粋)>
花王グループカスタマーマーケティング株式会社、日本ロレアル株式会社、株式会社うるる、株式会社オンワードデジタルラボ、株式会社エス・グルーヴ、株式会社CaSy、株式会社iDA、株式会社エー・ビー・シー メディアコム、ダイドー株式会社、株式会社アイ・イーシー

公式HP:https://menter.jp/

炭平コーポレーション株式会社について

本社所在地:長野市北長池1667
代表者名 :代表取締役社長 鷲澤幸一
事業内容 :建設、卸売、小売、教育、学建築土木資材卸売販売、建築土木関連工事、リフォーム事業、カルチャー事業、ドローン事業習支援
資本金    :1 億円
創業         :慶長 19 年(1614年)
設立年月日:昭和 23 年 7 月 27 日
URL     :http://www.sumihei.co.jp

WHITE株式会社について

法人向けのデジタルスキル学習サービス MENTER ( https://menter.jp/ ) の運営を中心に、組織のデジタル化支援/デジタルスキル育成を提供しております。日本企業全体のITスキル偏差値を向上させることは、国の生産性を高めることに繋がり、エンドユーザーである消費者がより豊かに、便利に、充実した暮らしを送るために必須であると考えております。

本社所在地 :神奈川県横浜市中区尾上町3-35 横浜第一有楽ビル 3F
代表者名  :代表取締役社長 横山 隆
事業内容  :マーケティング支援 、デジタル人材育成支援、新規事業開発
設立年月日 :2017年1月5日
URL    :https://wht.co.jp/

<サービスに関するお問合せ先>
WHITE株式会社 営業担当
E-mail:team@wht.co.jp

<報道関係者からのお問合せ先>
WHITE株式会社 広報担当:横田
E-mail:team@wht.co.jp

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタル推進 の人気記事

もっと見る