株式会社奥村組(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:奥村 太加典/以下、奥村組)と株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、2021年7月1日~2022年1月31日の期間において、画像認識AI(人工知能)技術を活用した墜落制止用器具(安全帯)のフック(以下、フック)不使用者を自動検知するAIモデル(以下、本AIモデル)を構築・検証し、十分な性能を有することを確認しました。

背景

令和2年に発生した国内の労働災害においては、墜落や転落による死亡事故が191件と最も多く、死傷者数は、20,997人*1に上っています。厚生労働省は、労働安全衛生法の改正を行い、2019年2月1日から、高所作業で使用する安全帯の規格はフルハーネス型を原則とし、名称を「墜落制止用器具」に改めるなど、安全基準を厳格化しました。
こうした中、企業には、建設現場における墜落転落災害の撲滅に向けて、より効果的な安全対策を実現することが求められています。
そこで、奥村組と日立ソリューションズは、画像認識AI技術を活用して、カメラ映像からフック不使用者を自動検知するAIモデルの構築に着手しました。

*1 厚生労働省 令和2年 労働災害発生状況
https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000775170.pdf

1. 構築・検証期間

  2021年7月1日~2022年1月31日

2. プロセス

  (1)フック不使用者の判定フローの検討:奥村組、日立ソリューションズ
  (2)映像データの提供:奥村組
  (3)AI判定手法の検討:奥村組、日立ソリューションズ
  (4)AIモデル構築・精度検証:日立ソリューションズ
  (5)課題抽出&対応策の検討:奥村組、日立ソリューションズ

検証について

本AIモデルは事前に複数現場で収集した延べ6,000件以上の画像を学習させたもので、建設現場のカメラ映像から親綱支柱や親綱、フックを検出し、フックが親綱にかかっていない不使用状態を自動判定(特許出願中*2)します。
この度、埼玉県にある鉄骨建方中の建設現場において、本AIモデルの検証を行い、カメラと対象の作業員の距離が15m以内、かつ人や物が重なっていないという条件下において、フック不使用者を90%以上の精度で正しく認識できること*3を確認しました。

*2 特願2022-043541、特願2022-043542、特願2022-043434(出願人 奥村組、日立ソリューションズ)
*3 画像認識AIが危険な状態と判定した中で、実際に作業員がフックを親綱にかけていない精度。撮影環境により、精度が異なる場合があります。

図1 「墜落制止用器具フック不使用者の検知」の検証イメージ図1 「墜落制止用器具フック不使用者の検知」の検証イメージ

今後について

2022年夏から共同開発により、本AIモデルに、フックの不使用状態が一定時間続いた場合にメールや警報機器で管理者や現場の作業員に通知*4する機能を付加してシステム化し、2023年から販売を開始する計画としています(図2)。これによって、管理者は、その場にいない時でも遠隔で作業員の不安全行動を検知し、適切に管理することが可能となります。
奥村組と日立ソリューションズは、今後も建設現場におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、安全性や生産性の向上を図っていきます。

*4 監視カメラおよびパトランプなどの警報装置などの接続作業や、APIを活用したメール通知などの環境構築の事前準備が必要となる予定です。

図2 将来的なシステム構成イメージ図2 将来的なシステム構成イメージ

日立ソリューションズ「画像判定トータルソリューション」について

URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/mfigazouhantei/sp/

問い合わせ先

株式会社奥村組
ICT統括センター イノベーション部 DX推進課 [担当:廣瀬 年彦(ひろせ としひこ)]
TEL:03-6631-4859 E-mail:toshihiko.hirose@okumuragumi.jp
URL:https://www.okumuragumi.co.jp/

株式会社日立ソリューションズ
<商品・サービスに関するお問い合わせ先>
URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/

注)本文中の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】