ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス MISUMI FRAMES、組立見積機能を新搭載|筐体設計時間削減

MISUMI FRAMES、組立見積機能を新搭載|筐体設計時間削減

掲載日:2022年03月15日

株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大野龍隆)は、アルミフレーム筐体※1設計ソフトMISUMI FRAMESにおいて、「組立見積機能」を2022年3月10日より新たに搭載しました。
今回の新機能搭載によりMISUMI FRAMES内で即時見積もり取得が可能になり、筐体部品の設計から発注※2までの作業時間は従来比約12日短縮※3、見積もり時間と手間の削減で利便性が大幅に向上します。
※1機械や電気機器などの外装部分 ※2発注は当社ECサイト(MISUMI-VONA)と連係 ※3自社調べ

「組立見積機能」搭載の背景

国内GDPの2割を構成する製造業において、各企業が労働生産性を高めることが重要とされています。最近では、人手不足の深刻化、働き方改革の加速、さらにはコロナ禍の影響など多くの課題も加わり、労働生産性向上への期待はますます強くなっています。

そのような状況下、「自社で組み立て工数が確保できない」「アルミの組み立てに工数をかけたくない」などの理由でアルミフレームの組み立てを外注する企業は多く存在します。

今回の組立見積機能の搭載により、MISUMI FRAMES内で即時に組み立て見積もりが取得でき、さらにミスミECサイトと連係しそのまま発注が可能となるため、設計から発注までの作業時間は従来比約12日短縮。見積もり時間のムダと手続き等の手間を解消することでお客さまの労働生産性向上に貢献します。

今後もオンライン部品調達サービスとしての利便性を高め、お客さまの部品調達リードタイムの削減に寄与し、「時間価値」を提供してまいります。

筐体設計にかかる時間を90%削減する無料のインストール型ソフト『MISUMI FRAMES』とは

2020年2月にサービスを開始したMISUMI FRAMESは、簡単なマウス操作で直感的にアルミフレームを用いた筐体を設計・発注できるインストール型ソフトです。手間のかかる作業を自動化し、下記の特長により、従来のCADソフトを使用した方法と比べて設計から発注まで最大90%の時間短縮を実現します。​
・ CADデータ搭載し、従来必要だったCADデータのダウンロード・インポートを不要化
・ フレーム組み立てに使う締結部品もソフトが自動選定
・ 設計にあわせて商品型番を自動作成、設計変更にあわせて型番変更する手間も不要に
・ 組立図面・部品表も自動作成し、型番作成間違いや数量間違いの作業ミスを防ぐ
・ 設計後はソフト内で即時見積もり、ミスミECサイトと連係し発注


ユーザビリティの高さが後押しし、筐体設計未経験者や従来アルミ以外の素材で筐体設計をされていた方のご利用が日々増加しており、ユーザー数は4万2千人を突破しました。
 


Webサイト: https://jp.misumi-ec.com/special/alumiframe/frames/pr/
動画:        https://youtu.be/Ui0_SWQrFzQ

ミスミとは

オートメーションの現場で必要とされる自動化装置・部品や工具・消耗品などをグローバル33万社以上に販売。製造機能を持つメーカーと他社ブランド品を販売する商社としての顔を併せ持つ。ユニークな事業モデルとそれを支える事業基盤により「確実短納期」を実現し、お客さまの利便性向上に貢献しています。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る