「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループの株式会社メルディアDC(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小池信三、以下「メルディアDC」)は、住宅ローンテックベンチャーのiYell 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO:窪田光洋、以下「iYell」)が提供する住宅事業者向けクラウド型住宅ローン業務支援システム「いえーる ダンドリ」を、自社ブランドにカスタマイズできる新プラン「いえーる ダンドリ PRO」の第一号導入企業となり、提供を開始されたことをお知らせします。

導入の背景

住宅ローン業務は、アナログかつ煩雑な業務が多く、専門知識も求められるため、住宅・不動産会社にとって本来の営業活動を圧迫する業務となっております。また、必ずしも住宅ローンのプロフェッショナルではない営業担当者が住宅ローンの仲介業務を対応することで、住宅購入者様にとっても大きな負担となっております。
このような状況の中、メルディアDCは営業の生産性向上と顧客満足度向上が期待できる住宅ローン業務支援システム「いえーる ダンドリ」を導入し、DXの推進に取り組んでまいりました。
iYellがリリースする新プラン「いえーる ダンドリ PRO」は、従来の「いえーる ダンドリ」のサービスに加えてロゴデザインやサービス名の変更が可能になりました。自社ブランドイメージを守りながらお客様に住宅ローン支援業務を提供することができるため、メルディアDCは「いえーる ダンドリ PRO」の導入を決定し、この度、第一号導入企業となりました。

iYell 株式会社について

iYellは、金融機関と住宅事業者を繋ぎ、両者の住宅ローン業務をテクノロジーの力で効率化することで、住宅購入者に最適な住宅ローンを提供する住宅ローンプラットフォームを運営しています。
住宅ローン市場は、年間の新規貸出額が20兆円の巨大かつ国内の全生活者がターゲットとなる拡張性の高い市場である一方で、プレイヤーである、金融機関、住宅事業者および住宅購入者はそれぞれ課題を抱えており、住宅ローンに関連した業務の効率化および最適な住宅ローンのマッチングの実現が求められています。
iYellは、2016年の創業以来、住宅ローン市場の課題解決に資する事業に取り組むため、住宅ローンプラットフォームを提供しており、全国数百行の金融機関、数千社以上の住宅事業者が参画し、本プラットフォーム内の住宅ローン流通額(GTV:Gross Transaction Value)は、約2,000億円を超えています。(2021年10月現在)

提供する事業は、主力事業である「マーケットプレイス事業」「住宅ローンDX事業」および住宅ローンに関連した新規事業です。
「マーケットプレイス事業」では、住宅事業者の住宅ローン業務代行アプリ「いえーる ダンドリ」の提供および、最適な住宅ローンを提案するシステム「いえーる モーゲージコア」を提供しています。「住宅ローンDX事業」では金融機関および住宅事業者の住宅ローン関連業務のDXを推進しております。二つの事業に加え、住宅ローンに関連した新規事業を日々生み出し、iYellの住宅ローンプラットフォームの強化、拡張を行い、住宅ローン業界の課題解決を目指しています。
同時に企業文化にも力を入れており、「応援し合う地球へ 〜 chain of Yell 〜」をビジョンに掲げ、働きがいのある企業ランキング(Great Place to Work®)に4年連続ランクイン、ホワイト企業大賞・大賞受賞を果たしています。

会社概要

会社名 iYell 株式会社(The iYell Co,.Ltd)
代表者 代表取締役社長兼CEO 窪田 光洋
本社所在 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館10階
設立 2016年5月12日
会社HP https://iyell.co.jp/

株式会社メルディアDC 会社概要

会社名 株式会社メルディアDC(MELDIA Development & Construction Co.,LTD)
代表者 代表取締役社長 小池信三
本社所在 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目1番3号 SORA新大阪21 9階
事業内容 建設工事の設計・施工・監理、マンションおよび戸建住宅の分譲等

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】