AI音声認識×デジタル記録で運営効率化とお客様満足度向上を実現

建設・不動産業界には、慢性的な人手不足に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「非接触・非対面」への要請、物件のさらなる品質向上や購入者との長期的な関係構築を目的としたDX化など、さまざまな課題があります。

「AmiVoice スーパーアテンダーDX」は、デジタル記録により内覧中のやり取りを見える化し、迅速な情報共有を実現します。記録した内容は即時データ化されるため、Web上での情報共有や手書き帳票の入力、業者の振り分け作業削減など業務効率化に貢献します。

【利用シーン・用途】

  • エントランスから部屋までの導線上での設備説明と確認記録 
  • 部屋内での設備説明と確認記録 
  • 部屋内での不具合箇所および写真の登録 
  • 出力帳票へのサイン登録 
  • 手直し箇所の確認会スケジュール登録  など 

【導入効果】

①全ての情報をクラウド上で一元管理。迅速な情報共有を実現
物件内で登録した指摘事項と該当箇所の写真を、リアルタイムに事務所・管理控室の管理用PCへ共有します。全情報がクラウド上に保存され、内覧会に関わるデータをいつでもどこでも確認できるため、アテンダーと事務所間の情報共有や、手直し業者への連携を効率化します。指摘事項の登録はオフラインでも可能で、Wi-Fi環境未整備の新築マンション・戸建てなどでも利用できます。

②スムーズかつきめ細やかな接客をサポート。お客様満足度を向上
購入者が受付ブースに戻る前に指摘事項を確認できるため、スムーズかつきめ細やかな接客が可能です。登録した内容は管理用PCからチェックシートとして即座に出力することができます。指摘事項と該当箇所の写真を併せて印字することで、従来の手書きチェックシートよりも視覚的に分かりやすい購入者への説明が可能です。

③内覧の進行度をリアルタイムで見える化。アテンダーの接客状況をモニタリング
内覧の進行度をリアルタイムで確認できます。遠隔地からでもアテンダーの接客状況をモニタリングでき、トラブルの未然防止・早期発見に貢献します。確認が必要な場所はアプリ上に一覧表示されるため、チェックの抜け漏れやアテンダーの均質化にも効果があります。

④内覧会に関わる各種業務を効率化。コスト削減にも効果的
手書き帳票の入力や業者振り分けなど、従来の作業を効率化することで、内覧業務にかかる作業時間を削減します。指摘事項の登録にAI音声認識を活用することで、入力効率をさらに向上させることが可能です。また、帳票のペーパーレス化や省人化など、各種コスト削減に貢献します。

⑤少人数での内覧会が可能。三密回避に貢献
iPad上で簡単に指摘事項を登録できるため、アテンダーの利用に加え、購入者自身がチェックを行うセルフ内覧会にもお使いいただけます。初めてアプリを利用する方や、建築用語・IT用語に不慣れな方でもスムーズに操作ができるユーザーフレンドリーな画面設計です。また、電子署名や確認会の日程調整・予約、指摘事項の進捗確認などもiPad上で実施できます。

【価格/月額】 ※価格は全て税込です。
初期費用0円。必要な月に必要なライセンス数だけですぐに利用できます。

基本利用料

3,278円
(税込)
AmiVoice スーパーアテンダーDX(1ライセンス)

6,600円
(税込)

【お問い合わせ先】

株式会社アドバンスト・メディア 
ビジネス開発センター 
MAIL:bdc-info@advanced-media.co.jp 
https://www.advanced-media.co.jp/