ホーム 最新ニュース デジタル推進 東急建設らが共同組合設立|スタートアップ企業サポートで建設DX加速

東急建設らが共同組合設立|スタートアップ企業サポートで建設DX加速

掲載日:2022年02月15日

Tag:

グローバル・ブレイン株式会社(以下、グローバル・ブレイン)は、東急建設株式会社(東京都渋谷区 / 以下、東急建設)と共同で「TOKYU-CONST GB Innovation Fund L.P.」(以下、TCIF)を設立しました。

建設業界は国内だけでも60兆円の巨大な市場である一方、これまではDX化が比較的遅れていました。しかし昨今では社会環境の変化から急激にDX化が進み、カーボンニュートラルなどの環境問題にも直結する要素を多く持つということもあり、業界にイノベーションの波がきています。

東急建設は創業時から培ったまちづくりのノウハウを活かし、社会課題の解決に向けて積極的に取り組んできた実績を持つ企業です。今後10年間の長期経営計画でも、3つの提供価値「脱炭素」「廃棄物ゼロ」「防災・減災」に加え、「人材」「デジタル技術」の領域においてもオープンイノベーションを加速し、建設事業の変革と新規事業の創出を目指す方針を打ち出しています。

東急建設は主力事業である土木事業と建築事業に加えて国際事業や不動産事業、農業などの新規事業を始めとした幅広い事業を運営しています。TCIFによりこれらの領域が保有するアセットやノウハウを活用した投資活動を行い、東急建設とスタートアップ企業との新たな協業・オープンイノベーションをさらに促進してまいります。

グローバル・ブレインはTCIFの運営において、有望企業の発掘や投資判断、多面的な経営支援、IPO支援などを行うことで、投資先スタートアップ企業の飛躍的成長の実現をサポートしてまいります。

東急建設について

会社名 東急建設株式会社
所在地 東京都渋谷区渋谷1-16-14 渋谷地下鉄ビル
代表者 代表取締役社長 寺田 光宏
創立 1959年11月
資本金 163億円
事業内容 総合建設業

TCIFについて

登記上の名称 東急建設-GBイノベーション投資事業有限責任組合
運用総額 50億円
運用期間 10年間
投資対象 3つの提供価値(「脱炭素」「廃棄物ゼロ」「防災・減災」)および「人材」「デジタル技術」領域における協業に資するスタートアップ
無限責任組合員 グローバル・ブレイン株式会社
有限責任組合員 東急建設株式会社

グローバル・ブレインについて

会社名 グローバル・ブレイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町10-11
代表者 代表取締役社長 百合本 安彦
設立日 1998年1月
事業内容 ベンチャーキャピタル事業
URL https://globalbrains.com

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタル推進 の人気記事

もっと見る