ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス オフィス環境DX|屋内位置測位ソリューションhackke™、前田建設に導入

オフィス環境DX|屋内位置測位ソリューションhackke™、前田建設に導入

掲載日:2022年01月28日

DXソリューションに取り組むピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役:落合陽一、村上泰一郎、以下「PxDT」)は、前田建設工業株式会社(本社:千代田区、代表取締役社長:前田操治 以下「前田建設」)の東京建築支店に、PxDT独自のサブメートルオーダでの計測が可能な高精度屋内位置測位ソリューション「hackke™ (ハッケ)」を導入したことをお知らせします。

前田建設工業株式会社 東京建設支店オフィス前田建設工業株式会社 東京建設支店オフィス

背景

前田建設では、最新の働き方に対応したオフィスリニューアル工事を東京建築支店で実施しました。フリーアドレス採用による働く人を中心に環境設計されたオフィスレイアウトや、アイディエーションなどを加速する共用部など、先進的な取り組みを入れることにより、生産性を上げる仕組みを取り入れております。

また、テレブースを各階に配置し、テレワーク・リモート会議にも対応することで、アフターコロナ以降の働き方にも柔軟に対応しています。その中で、フロアや部署の垣根を越えたフリーアドレスの採用等により在席情報の把握が困難になったことからPxDTのソリューションシステムを採用しました。

取り組み内容

高精度屋内位置測位ソリューション hackke™高精度屋内位置測位ソリューション hackke™

前田建設東京建築支店は、より生産性の高いオフィス環境構築の為、座席予約アプリTsunagariと高精度屋内位置測位ソリューションhackke™を採用しました。
Tsunagariを用い在席位置をコントロールすることにより、コミュニケーションの機会を増加させることで、従業員同士の新たな交流を生み出します。
また、 hackke™による高精度な位置情報測位を利用し、感染症対策発生時には従業員の濃厚接触管理を行うことで、エビデンスに基づいた精度の高い安全管理などが可能です。

hackke™について

hackke™は屋内の人や物の位置情報を高精度かつリーズナブルな価格で検出できる技術です。従来の低精度Bluetoothによる測位システムと比較して、精度がおよそ10倍向上し、平均で1~2メートルの誤差で測位が可能です。オフィスでのフリーアドレスの在席管理と利用状況の可視化だけでなく、製造工場や物流倉庫、建築現場等でのアセットマネジメントや工数集計、生産・作業効率改善、資材・機材の適切位置検討、セキュリティ対策にも活用できます。

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社について

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社は、Digitally Rebalanced.——世界をデジタル技術の観点から俯瞰し、新たな均衡点へ導く原動力となることを目指す大学発ベンチャーです。デジタルと物理世界を繋ぐインターフェース技術を研究開発し、連続的に社会実装していくことで、その実現に寄与します。筑波大学及び東北大学との共同研究においては、新株予約権を梃子として大学で生まれる知的財産を企業に包括的に譲渡するという、新たな産学連携スキームを構築しています。今後も産学連携やオープンイノベーションを通じ、新たなインターフェース技術の社会実装を行っていきます。
社名 : ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
所在地: 東京都千代田区神田三崎町2丁目20番5号
設立 : 2017年5月10日
資本金:   40億6,232万6,100円(2020年5月1日現在/資本準備金を含む)
URL   :   https://pixiedusttech.com/

* hackke及びそのロゴは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標又は登録商標です。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る