株式会社アンドパッド(本社:東京都千代田区、代表取締役:稲田武夫、以下アンドパッド)は、当社が提供するクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」が、『SOC1 Type1報告書』を受領したことをお知らせいたします。近年、クラウドサービスやアウトソーシングサービスの活用が進む中で、外部サービスでの不正や障害などのリスクが顕在化しています。その対策のためには、適切な外部委託先やサービスを選定することが企業として求められるようになっています。

今回、「ANDPAD」が受領した「SOC(System and Organization Controls)1 報告書」は、財務報告に関連する業務を企業が外部に委託している場合に、当該業務を受託する受託会社の内部統制について、監査法人又は公認会計士が第三者の立場から客観的に検証した結果を記載したものです。
今回の受領により、「ANDPAD」をご利用いただく企業様は、本報告書を利用することで、内部監査や外部監査において内部統制の評価を効率化することが可能です。

また今後は、「SOC1 Type2※ 報告書」の受領を目指し、準備を進めてまいります。

※Type1報告書は基準日時点のデザインの評価に関する保証報告書、Type2報告書は特定期間を通じたデザイン及び運用状況の評価に関する保証報告書です。

報告書の対象範囲:
 ANDPADサービスに係るシステムの開発及び運用業務
 ※アンドパッドチャットの通知機能を除く
基準日   :2021年08月31日
報告書発行日:2021年10月15日

現在、上場企業様や上場を目指す企業様でも「ANDPAD」をご導入頂くケースが非常に増えています。また、国内の建設業界向けクラウドサービスにおいて「SOC1報告書」を受領しているサービスは極めて少ない状況です。アンドパッドでは、これらの状況を鑑み、より多くの建設業の皆様が安心してANDPADをご利用いただけるよう、業界内で先行して「SOC1報告書」を受領しました。

今後もアンドパッドでは、内部統制やセキュリティ面の向上に向けて積極的に取り組んでまいります。

 「IPO準備企業・上場企業向け」経営支援相談会のご案内

IPO準備・上場企業の支援強化の取り組みとして相談会を実施いたします。「SOC1 Type1報告書」に対応したITツールの有用性や、IPO準備企業・上場企業が活用すべきITツールの押さえておきたいポイントなど、ご相談を自由にお受けいたします。

詳細:https://lp.andpad.jp/seminars/81102202soc1/

ANDPADについて

「ANDPAD」は現場の効率化から経営改善まで一元管理していただけるシェアNo.1※クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。
2016年のサービスリリース以来、直感的で使いやすさにこだわった開発と導入・活用への徹底したサポートで、利用社数130,000社を超えております。国土交通省のNETIS (新技術情報提供システム) にも登録されており、33万人以上の建設・建築関係者が利用しているクラウド型建設プロジェクト管理サービスとなっております。
※「クラウド型施工管理サービスの市場動向とベンダーシェア」(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ)

・「ANDPAD」サービスサイト:https://andpad.jp/

会社概要

社名        :株式会社アンドパッド
所在地     :東京都千代田区神田練塀町300番地 住友不動産秋葉原駅前ビル8階
代表者     :代表取締役 稲田 武夫
事業内容  :クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」の開発・販売・運営
会社HP    :https://andpad.co.jp/