シャープら、アジア地域等での非FIT太陽光発電事業の共同展開

掲載日:
Category:
Tag:SDGs

シャープエネルギーソリューション株式会社(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:五角博純/以下、SESJ)と株式会社Sustech(本社:東京都港区、代表取締役:丹野裕介、飯田祐一郎/以下、Sustech)は、FIT(固定価格買取制度(※1))が適用されない「非FIT電源」の活用ニーズが高まっているアジア地域や日本国内などにおいて、PPA(※2)(電力購入契約)を中心とした大規模太陽光発電所の非FIT発電事業の共同展開に合意し、本協業に関する基本合意書を締結したことをお知らせいたします。

背景

近年、カーボンニュートラル実現に向けて、企業活動に使用する電力を再生可能エネルギー(以下、再エネ)で賄うなど、環境経営への関心が世界中で高まっています。

一方、企業が再エネを導入するにあたり、市場から再エネ電力や環境価値を購入(※3)したり自社の工場や遊休地に太陽光発電所を設置したりするだけでなく、外部の太陽光発電所を活用するPPAの導入も広がっていますが、PPAを導入するには発電所の設置コスト、運営ノウハウ、保守・メンテナンスなどさまざまな課題も存在します。

そこで、太陽光発電のさらなる普及拡大に取り組むため、国内外で太陽光発電所の設計・施工、保守・メンテナンスを手掛けるSESJと、分散型電⼒運⽤プラットフォーム「ELIC」(※4)の開発・運営や太陽光発電所の開発・運営等、企業のグリーントランスフォーメーション支援事業を手掛けるSustechは、「非FIT電源」の需要が高まっているアジア地域や日本国内などにおいて、非FIT太陽光発電所の建設・運用、および発電所への投資を共同で行うことといたしました。

協業内容

SESJが太陽光発電所の設計・施工、および完成後の保守・メンテナンスを担い、Sustechは太陽光発電所用地の発掘や、電力需要家に対する電力供給、また電力運用プラットフォーム「ELIC」を活用した電力アグリゲーションサービスの提供を担います。まずは、ニーズの旺盛なアジア地域からのスタートを予定しています。

この協業により、環境経営に取り組む企業は、PPAを中心とした太陽光発電所の導入検討から運用までをワンストップで行うことが可能になります。両社は今後も、企業の再エネ導入を支援するとともに、再エネのさらなる普及拡大に貢献してまいります。

両社の役割

※1 再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取る制度。
※2 発電事業者と電力需要家が再エネ電力の売買契約を締結し、発電事業者の太陽光発電所で発電された再エネ電力を電力需要家へ供給すること。

※3 経済活動において避けることができない温室効果ガスの排出について、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資することなどにより、排出される温室効果ガスを埋め合わせること。
※4 再エネ電源の発電予測・計画提出・市場売電等を実現するプラットフォーム。

シャープエネルギーソリューション株式会社について

事業内容:住宅用太陽光発電設備・蓄電池・HEMS等の企画・開発・販売・サービス
産業用太陽光発電設備の設計・施工監理・メンテナンス
その他エネルギーソリューション事業
設立:1968年3月
所在地:大阪府八尾市北亀井町3丁目1番72号
代表者:代表取締役社長 五角博純
URL:https://www.sharp-sesj.co.jp/

株式会社Sustechについて

事業内容:脱炭素プラットフォーム事業、エネルギーDX支援事業
設立:2021年6月
所在地:東京都港区芝3丁目1-14 芝公園阪神ビル5階
代表者:代表取締役 飯田祐一郎、丹野裕介
URL:https://www.sustech-inc.com/

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

ニュースリリース全文

https://corporate.jp.sharp/news/230315-a.html

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします