メルディアグループは、2023年8月期までの中期経営計画「MELDIA ACTION PLAN2023(以下、MAP2023)」において、主力事業である戸建分譲事業の拡大を軸にした、グループ全体の持続的成長を目指しております。今回、MAP2023の実現に向けた以下のアクションに対する施策として、homie社との協業により、不動産営業DXを推進しました。

▲メルディアリアルティが実現した不動産営業DXの概念図

<MAP2023を実現するためのアクション(該当部分)>

1)戸建事業(分譲・注文)の拡大
・子会社であるメルディアリアルティの拡大による自社グループ販売割合の向上

3)持続成長を実現する『自走』人財の創造
・新卒採用の拡大と自走する社員をつくるための研修制度の拡充
・働き方改革・ダイバーシティの推進

<不動産営業DXの推進による効果>

・成約件数の向上(27期:604件 → 28期:921件)
定休日の反響対応をなくすことで、従業員満足度の向上を実現
・顧客データを基にした事前準備により、接客の質向上を実現

メルディアリアルティによる不動産営業DX推進の取組みの詳細

メルディアリアルティの拡大においては、少数のトップセールスを育成するのではなく、全員の生産性を一定水準に引き上げ、維持することが重要だと考えております。そのためには、反響対応・接客・契約・アフターサポートという各業務についての研修・教育体制の構築が求められます。
しかし、全ての業務について一定水準のスキル習得を目指すと、育成に時間がかかるという問題を抱えておりました。そこでメルディアリアルティでは、営業にとって最も重要な「接客」に注力できる環境を整えるために、homie社が提供するHOTLEADを採用いたしました。
まずは2021年1月から2店舗での効果検証を実施し、一定の成果が出たことから、2021年4月より全店舗での導入を開始しております。

HOTLEADサービスサイト:https://homie.co.jp/hotlead/

▲HOTLEADサービス提供の流れ

「HOTLEAD」の特長

・自社HP、不動産ポータルサイトの反響情報をシステムに取り込み、コンシェルジュ(オペレーター)が対応
・24時間365日反響に対して初期対応可能(SMSでの対応含む)
・反響から90秒以内の初期架電とAIによる再架電時間帯予測により、高いアポ率を実現
・コンシェルジュ(オペレーター)の質の高いコミュニケーションにより、詳細な顧客情報をヒアリングし、システム上で報告

メルディアリアルティ代表取締役社長 齊藤孝安コメント

homie社が提供するHOLTEADを導入することで、WEB反響からの接客数最大化はHOTLEADに託し、メルディアリアルティは、「接客からの成約数(成約率)」の最大化に注力するという分業体制を構築しました。また、定休日・店舗営業時間外の反響対応もHOTLEADが行うため、労働環境の改善の効果も見られました。今後も、両社の協業体制を強固にしながら、メルディアグループのテーマである、1人でも多くのお客様の想いを実現し、お客様と共に地域・社会の方々へ心の安らぎを与えられるような住宅の追求を支援してまいります。

homie社代表取締役 村上靖知コメント

メルディアリアルティには、一部店舗での効果検証の後、全店舗で導入頂きました。今回の取り組みで感じているのは、部分的に導入するではなく全てお任せいただくことにより、不動産営業DXの実現に向けた施策を正しくスピーディに実行できたということです。外部環境が変化している中で、不動産業界も戦い方を変えていくことが必要だと考えています。今後も、弊社が掲げるビジョンである、Sales to Consulting-不動産営業に、もっと輝きを。−の実現に向けて、引き続き支援を続けさせていただきます。

関連会社概要

会社名:株式会社メルディアリアルティ
代表者:代表取締役社長 齊藤孝安
本社所在:東京都杉並区荻窪5丁目30-16 MTCビル8F
事業内容:不動産販売・仲介
会社HP:https://meldialink.com/

会社名:homie株式会社
代表者:代表取締役 村上靖知
本社所在:東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie co-ba ebisu 1F
事業内容:不動産営業DX支援事業
会社HP:https://homie.co.jp/


会社名:株式会社三栄建築設計(コード番号:3228 東証一部上場)
代表者:代表取締役社長 小池信三
本社所在:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32F
事業内容:戸建分譲事業、注文住宅・請負事業、賃貸収入事業
会社HP:https://san-a.com/