「人と地球にやさしい家づくり」をコンセプトに、外断熱・二重通気の注文住宅や、埼玉県の西川材を使った住まいを提供している高砂建設(本社:埼玉県蕨市中央1丁目10番2号、代表取締役社長:風間 健)が、太陽光・蓄電池を初期費用ゼロで 搭載するスキームを含む「彩樹の家LCCM×レジリエンス」 シリーズにて「2021年度 省エネ大賞(省エネルギーセンター会長賞)」を受賞いたしましたのでお知らせいたします。(共同応募・株式会社Looop/株式会社イエタス/一般社団法人長寿命住宅普及協会)。

高砂建設の「彩樹の家LCCM×RESILENCE」は、高気密・高断熱住宅における長年の実績を持つ株式会社高砂建設が、電力小売事業および太陽光発電所システムの販売を行う株式会社Looopと共同開発したZEH普及のためのシステム。
蓄電池の標準装備を含めた太陽光発電設備の導入コストの施主負担をゼロとする 仕組みの構築と、注文住宅のZEH化の上で課題である設計手法の容易化・施工技術の標準化したものです。
また、全国の会員工務店への展開を図っており、今後の全国工務店へのZEH普及に向けて一翼を担う、全国普及型システムです。
このスキームの省エネ性と革新性が評価され、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する「2021年度省エネ大賞」において、『省エネルギーセンター会長賞』を受賞しました。
「省エネ大賞」は、事業者や事業場などにおける他者の模範となる優れた省エネの取り組みや、省エネルギー性能に優れた製品・ビジネスモデルを表彰しています。

https://www.takasagokensetu.co.jp/

省エネ大賞 受賞のポイント

1.高気密・高断熱住宅ならではの太陽光・蓄電池の初期費用ゼロ搭載+光熱費10%ダウンを仕組み化
◆電力事業者と提携し、高機能太陽光発電システムと蓄電池のセットを含む15年の電力契約を行い、ハイブリット給湯器を含め、施主負担ゼロで搭載。
◆電力+ガスの使用量を導入前より大幅に削減し、経済メリットとして光熱費を最低限10%ダウンを担保。
https://www.takasagokensetu.co.jp/lineup/saiju_lccm.html