期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM BIMソフト情報 Archicad 「鹿島建設にみる、施工BIMとしてのArchiCAD活用事例」|㈱キャパ メディア連携企画

「鹿島建設にみる、施工BIMとしてのArchiCAD活用事例」|㈱キャパ メディア連携企画

掲載日:

ArchiCADは「施工」には不向き?

 国内で普及しているBIMソフトの一つ、ArchiCAD。一般に競合ソフトであるRevitが実施設計に重きを置いたBIMソフトであるのに対し、ArchiCADは意匠設計に適したソフトであるとされています。

 その主な理由としては、ArchiCADは直感的な操作で設計がしやすく、かつ曲面や複雑な形状のモデリングにも適している点、単体での構造・環境面でのシミュレーション機能を有しておらずMEP Modelerなどを導入する必要がある点、そしてArchiCADのみWindowsとMacの両方に対応している点などが、しばしとりあげられます。

デザイン面の柔軟さはArchiCADの大きな強みの一つといえるでしょう。

結果、意匠設計部門の主導でBIM導入が進められがちな欧米の設計事務所や国内ゼネコンにおいて、ArchiCADは幅広く愛用されるにいたりました。

 しかし、それは必ずしもArchiCADが実施設計や施工現場において、使い物にならないことを意味しているわけではありません。例えば実施設計段階や施工現場管理でのBIM活用に特に力を入れていると言われる鹿島建設では、意外にもその取り組みの核となるソフトウェアとして、ArchiCADを採用しているのです*1)。

 本記事は、鹿島建設の設計事例をもとに「本格的な実施設計BIMツール」としてのArchiCADの可能性を分析し、これまで見えてこなかったArchiCADの新しい側面や魅力を発見するものです。

鹿島建設におけるBIM事業の始まり

 日建設計の山梨氏が指摘するように、国内建築業界において鹿島建設は、IT利用にいち早く取り組んだ企業の一つでした*2)。

 例えば「BIM」という概念が誕生する2002年から遡ること5年前の1997年、鹿島建設はすでに「意匠・構造・設備の各設計データが統合できるDB(データベース)-CAD」の開発に着手していました*3)。もちろんこれは、あくまで設計・見積・施工における情報を一元管理するためのデータベースに過ぎないものであり、今日的なBIMの定義には必ずしも当てはまるものではなかったとされます。ともあれ、これが鹿島建設におけるBIM導入の礎となりました。

 その後鹿島建設は、2010年に建築管理本部内にタスクチームを立ち上げ本格的なBIMの研究開発を推進するなど、着実にBIMの利用を加速させていきます。

当時はBIMがまだ完全に普及しておらず、実施設計図をBIMによって作成することはArchiCADに限らず全く未知の領域であり、プロジェクトは困難を極めました*4)。

 こうした試行錯誤を経た2013年、鹿島建設は世界初のクラウドサーバー型BIMプラットフォームである「Global BIM」を立ち上げます*5)。

これはNTTコミュニケーションズ株式会社クラウドサービス「Biz ホスティング Enterprise Cloud」とArchiCADを組み合わせて開発された鹿島独自のBIMデータ共有インフラです。これにより鹿島建設は、高いセキュリティ性と社内外にまたがるデータ共有を両立し、機密性の高いBIMデータを自社オフィス・顧客企業・建設現場に至るまで、どこからでもアクセスし一元的に管理できる設計環境を実現させることに成功しました。

 同事業は2017年には子会社「グローバルBIM」*6)として独立し、現在ではモデリング・コンサルティング事業、あるいは社内運用しているBIM施工計画・プロジェクト管理アドオンソフトの社外販売など、培ってきた豊富な技術や経験を活かしたBIMの普及活動を行なっています。

鹿島建設におけるBIMの活用事例

こうした全社あげてのBIM導入が功を奏し、鹿島建設は2014年度末にはすでに約340もの現場にてBIMの導入*7)を果たしました。故に、BIMを活かした鹿島の竣工事例は枚挙にいとまがありません。

 以下、その代表例として、

  • 佐野市新庁舎
  • 草薙総合運動場体育館
  • 日本大学新病院

の3つの事例から、ArchiCADのもつ可能性について理解を深めていきましょう。

続きは、株式会社キャパ オウンドメディア「鹿島建設にみる、施工BIMとしてのArchiCAD活用事例」よりお読みいただけます。

出典

*1) GRAPHISOFT社HP「ARCHICAD BIM事例レポート 特別インタビュー 鹿島建設株式会社」(最終閲覧日:2020年2月25日)https://www.graphisoft.co.jp/users/special/kajima_2015.html

*2) 山梨知彦『業界が一変するBIM建設革命』日本実業出版社,pp222-224,2009。

*3) 鹿島建設HP「KAJIMAダイジェスト:特集「BIM@SITE」」2014年4月公開(最終閲覧日:2020年2月25日)https://www.kajima.co.jp/news/digest/apr_2014/feature/index-j.html

*4) GRAPHISOFT社「ARCHICAD BIM事例レポート 鹿島クレス株式会社」2017年公開(最終閲覧日:2020年2月25日)https://www.graphisoft.co.jp/users/soshikisekkei/kajima_kress_2017.html。

*5) 鹿島建設HP「世界初、クラウドサービスを利用したBIMプラットフォーム「Global BIM」を構築~セキュリティを確保し、世界規模でBIMデータの共有が可能に~」2013年6月公開(最終閲覧日:2020年2月25日)https://www.kajima.co.jp/news/press/201306/17a1-j.htm

*6) 株式会社グローバルBIM HPhttps://www.global-bim.com

この記事を書いた人

株式会社キャパ

CAD/BIM/CIMカスタマイズ等の受託開発をメイン事業とするソフトウェア開発企業。 当社が運営するオウンドメディアは、建設/製造業界のDX事例や業界トレンド情報をはじめ、CAD/BIM/CIMの専門的知識を必要とする記事から、AI/IoT/XR/デジタルツイン等の先進技術に関する記事まで幅広く配信している。 また、別ベクトルにて、ガジェット記事など一般IT関連の最新情報をいち早く記事化しており、月間総PV数としては平均20万PVを記録するメディアである。 公式サイトはこちら

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

Archicad の人気記事

もっと見る