期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース デジタル人材採用|東京ガス、エンジニア採用試験にコーディングテストの「Track Test」導入

デジタル人材採用|東京ガス、エンジニア採用試験にコーディングテストの「Track Test」導入

掲載日:

Category:

DX,ニュース

株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手高志、以下ギブリー)は、コーディングテストツール「Track Test(トラック・テスト)」を、東京ガス株式会社(本社: 東京都港区、代表執行役社長 CEO:内田 高史、以下東京ガス)に対して提供開始いたしました。

東京ガスでは近年、家庭用Webページや会員制サイト「myTOKYOGAS」をはじめ、スマートフォンアプリ、メールやLINEなど、お客さまとの「デジタル接点」を強化してきており、この度、同社のデジタルコミュニケーションツールの開発・運営を担うCX推進部デジタルマーケティンググループのエンジニア採用において「Track Test」をご活用いただくことで、候補者のIT技術力を見える化し、ミスマッチが無く即戦力となりうるデジタル人材採用を促進します。

東京ガスの内製開発の取り組みについて

東京ガス株式会社 カスタマー&ビジネスソリューションカンパニー リビング営業本部 CX推進部デジタルマーケティンググループは、家庭用Webページや会員制サイト「myTOKYOGAS」、スマートフォンアプリ、メール、LINEなど、東京ガスのデジタルコミュニケーション全般の運営・開発を担当しています。

東京ガスは1885年の設立以来、「安心、安全、信頼」をブランドの最大価値とし、リアルでの接点を大切にしてきました。しかし、電気やガスの自由化、スマートフォンの普及が進んだ近年、お客さまから選ばれ続けるために「デジタル接点」の強化が欠かせません。
そのため同部署では、UI/UXの向上と、お客さまに価値を迅速にお届けするために、内製開発チームを組成し「アジャイル開発」を実践しています。

 ※東京ガスの内製開発チーム立ち上げ経緯について詳細はこちら
公式note:https://note.com/tg_developer/n/n805b8795ede1

コーディングテストツール「Track Test」の導入に至った背景

同部署では、スピード感のある開発を行うために、マネジメントスキルだけでは無く、設計から実装まで自ら手を動かしプロダクトを開発できる人材を求めています。その採用選考では、候補者がプログラミングのソースコードをどの程度書けるのかを確認する「スキルチェック」が必須でした。

一般的なスキルチェック方法としては、候補者の方にプログラミング課題を提出してもらう方法や、期間内に何らかのITプロダクトを実装してもらうケースがあります。今回、同部署がその方法を選定するにあたり、重要視したのは「競技プログラミングに近しい形式では無く、より実務のプロダクト開発に近い形式でスキルの確認ができるのか」。候補者の方への負担や、エンジニア選考官が担うレビュー・採点コストを考慮した結果、より実務のケースに即した課題の出題・自動採点ができるTrack Testが最適と判断されました。

東京ガス「Track Test」導入推進者 中島様からのコメント

「Track Testでは簡易なフロントエンドの実装など、より実践的なコーディングテストが実施でき、定量的に候補者を評価することができます。
所属しているエンジニアの負担を軽減しつつも、候補者のスキルをよりプロダクト開発に近い問題で計測できる点に魅力を感じ、Track Testを採用させていただきました。」

東京ガス株式会社について

東京ガス株式会社は、日本最大の都市ガス事業者であり、日本ではじめてLNG(液化天然ガス)を導入した総合エネルギー企業です。電力事業にも参入しているほか、CO2ネット・ゼロをリードすべく、メタネーションや水素製造技術開発、再生可能エネルギー開発・供給にも取り組んでいます。

会社概要

社 名 :東京ガス株式会社
所在地 :東京都港区海岸1-5-20
代表者 :内田 高史
設 立 :1885年10月1日
資本金 :1,418億円
事業内容:
[エネルギー・ソリューション]
都市ガスの製造および販売、LNG販売
電気の製造・供給および販売
エンジニアリングソリューション事業
ガス器具、ガス工事、建設等
[ネットワーク]
ガス導管事業、都市ガス供給事業
[海外]
海外における上流事業、中下流事業等
[都市ビジネス]
不動産開発、土地・建物の賃貸・管理等

DX人材の採用・育成・評価のためのHRプラットフォーム

「Track(トラック)」について
Trackは、プログラミングスキルの可視化を基盤とした、エンジニアの採用・育成・評価で必要とされる、各種プロダクト・サービスを網羅したHRプラットフォームです。
https://tracks.run/

<Track Test(トラック・テスト)> https://tracks.run/products/test/
プログラミングスキルをテストし、データに基づいて採用を決定するためのエンジニア採用プラットフォームで
す。コーディングテストを通して候補者のスキルを正しく理解することが強い組織を作ります。

<Track Training(トラック・トレーニング)> https://tracks.run/products/training/
企業のデジタル化に必要なスキルギャップを埋めるテクノロジー人材育成プラットフォームです。LMS(学習管理システム)を搭載したオンライン学習環境の活用で、ビジネスに必要なテクノロジースキルを構築する最も効果的な方法を提供します。

<Track Job(トラック・ジョブ)> https://tracks.run/products/job/
ハイクラスな新卒エンジニアを採用できる、プログラミングチャレンジ求人サービスです。プログラミング課題つきの求人サービスで、学生の中でも開発経験を積んだ即戦力エンジニア人材の採用を支援します。

株式会社ギブリーについて

 https://givery.co.jp/
ギブリーは「すべての人が物心豊かな社会を実現する」をビジョンに掲げ、
HR Tech/Marketing DX/Operation DXの3事業を柱に、
「世界で必要とされる、本質価値を生むテクノロジー企業体」として、
“世界標準”のサービスを生み出し続け、日本の再生に寄与します。

会社概要

社 名 :株式会社ギブリー
所在地 :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者 :井手 高志
設 立 :2009年4月28日
資本金 :10,000,000円
事業内容:
・HRテック事業(Track)
・マーケティングDX事業(SYNALIO/LIBERO/Virtual Store)
・オペレーションDX事業(PEP)

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る