期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース オープンハウス、OPEN INNOVATION PROGRAM始動|新規事業拡大パートナー募集

オープンハウス、OPEN INNOVATION PROGRAM始動|新規事業拡大パートナー募集

掲載日:

Category:

DX,ニュース

株式会社オープンハウスグループ(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 荒井正昭、以下「当社」)は、「OPEN INNOVATION PROGRAM」と題しまして、不動産業界のイノベーションの実現を目標として、当社グループのリソースと掛け合わせて新規事業の拡大に取り組んでくださる、スタートアップや個人を含む共創パートナーを広く募集することを決定し、スタートの10個のテーマ、サブテーマを発表いたしました。2023年3月末日までの期間、特設サイトにてエントリー受付を行います。

OPEN HOUSE GROUP OPEN INNOVATION PROGRAM 概要

募集期間

2022年12月22日~2023年3月31日23:59

対象企業   

国内外スタートアップを含むすべての企業(業種不問・個人事業主を含む)

共創テーマ 

(1)画期的な不動産仕入れ方法
(2)大工不足を解決する建設効率化
(3)営業マンに依存しない営業手法
(4)引き渡し後のストックビジネス
(5)紙から脱却した不動産管理手法
(6)ヘルスケアできる健康住宅
(7)頭のよい子が育つ教育住宅
(8)環境にやさしい省エネZEH住宅
(9)共働き向け徹底時短住宅
(10)ゆりかごから墓場まで介護住宅

オープンハウスグループが提供可能なリソース

(1)スタッフ・店舗
(2)顧客/企業間ネットワーク
(3)各種データ
(4)地方共創プロジェクト

特設サイトURL

https://oip.openhouse-group.com/

応募に関するご注意

※政治、宗教、ギャンブル、反社会的内容、公的にふさわしくない内容の企画、法律に違反する企画などはお断りさせていただきます。
※各プロセスにかかるスケジュールは、応募毎に個別に進行させていただきます。

当社グループは、既存の不動産・建築領域における多岐にわたる事業とそのノウハウ、金融、DX、スポーツ、地域共創、Web3.0といった新領域における事業やR&Dに、共創を仕掛けてくださる皆様を広く募集し、大きなイノベーションを巻き起こすよう、今後、幅広く継続的に活動してまいります。ご期待ください。

株式会社オープンハウスグループについて

株式会社オープンハウス及び関係各社は、2022年1月より、株式会社オープンハウスグループを純粋持株会社とする持株会社体制に移行いたしました。グループの事業は、戸建関連事業、マンション事業、収益不動産事業を中心に、住まいや暮らしに関連する各種サービスを展開し、地域につきましても、創業の首都圏に加え、名古屋圏、大阪圏、福岡圏へと拡大、更に近年は、地域共創のための活動や、環境保全活動にも力をいれております。

1997年の創業以来の主要事業である戸建事業では、用地の仕入から、建設、販売まで製販一体の体制を整え、便利な立地かつ手の届きやすい価格の住まいを提供しております。共働き世帯の増加により求められる職住近接した立地、多様化する働き方の中で新しいニーズに応える企画等、グループならではの連携をとった取組を進めてまいりました。これからも、当社グループは、より多くのお客様に選んでいただける住まいのご提供に努めてまいります 。

株式会社オープンハウスグループ Web サイト URL:https://openhouse-group.co.jp/ 

企業概要

商号 株式会社オープンハウスグループ
本社所在地 〒100-6312 東京都千代田区丸の内 2-4-1 丸の内ビルディング 12階
創業 1997年 9月
代表者 代表取締役社長  荒井 正昭
資本金 200億7,008万円
従業員数(連結) 4,493名(2022年9月末時点)

< 本件に関するメディア関係者様からのお問い合わせ >
株式会社オープンハウスグループ ( 担当:西村 )
MAIL:pr@openhouse-group.com

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る