IoT・AI遠隔点検のLiLz Gaugeと、INDUSTRIAL-Xが協業|工場の可視化や設備点検のデジタル化

掲載日:
Category:
Tag:AI

IoT・AI遠隔点検サービス提供のLiLz株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:大西 敬吾、以下:「LiLz」)は、LiLz Gaugeの協業パートナーとして新たに株式会社INDUSTRIAL-X(本社:東京都港区、代表取締役CEO:八子 知礼、以下:「INDUSTRIAL-X」)が参画したことをお知らせします。

協業の背景

アナログメーターの遠隔点検を可能にするLiLz Gaugeは全国約500以上の施設で導入が進んでおり、製造業、プラント、建設、オフィスビルなど様々な設備保全の省力化に取り組んできました。

一方で、このような設備保全のデジタル化においてはアナログメーター以外のセンサーや、帳票サービスとの連携など、複数のシステム・サービスを組み合わせたトータルパッケージ化が必須となってきています。

このような現場の課題に対し、IoTシステムに精通し、多くの企業とデジタルトランスフォーメーション(DX※1)推進を行ってきたINDUSTRIAL-Xは、DXに必要なあらゆる経営資源をワンストップで提供できるプラットフォーム「Resource Cloud(リソースクラウド)」を提供しています。

本協業により、LiLz Gaugeを本プラットフォームの一部として提供していく予定です。

株式会社INDUSTRIAL-X 代表取締役CEO 八子知礼 氏からのコメント

設備保全現場でのデジタルで実績あるAIベンチャーLiLz社と協業することで、プラント、建設、農業、環境保全などの現場におけるDXをより一層強力に推進できることを嬉しく存じます。

多くの企業と共にDX推進を行なってきたINDUSTRIAL-Xは、LiLz Gauge(リルズゲージ)リリース当初から同社の高い技術力に注目していました。

本協業により、人手と現地目視による設備点検から、省力化され効果的な業務環境の実現が期待できます。設備保全のベテランがまだ現場に居るうちに、技能承継のための稼働工数を捻出できるよう、この取り組みをLiLz社と共に加速させていきます。

株式会社INDUSTRIAL-Xについて

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なあらゆるリソースを最適かつワンストップで提供することによって、企業および自治体の次世代型事業への構造変革をスピーディに支援するResource as a Service®ビジネスを行っています。

具体的にはあるべき姿のコンサルティング、IoT/デジタルソリューションの目利きと導入、現場改革リーダーとしての参画、事業評価などを費用の払い方まで含めたサブスクリプションで提供します。

それらをサービスとして実現した「Resource Cloud」を提供しています。

企業名: 株式会社INDUSTRIAL-X(インダストリアル・エックス)
所在地: 〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目25-31 愛宕山PREX 11F
代表者: 八子 知礼
https://industrial-x.jp/

主なサービス

Resource Cloud

DXを実現するための様々な商材(リソース)を、度々対面接触することなくワンストップかつオンラインで調達可能とするサービスです。経営アドバイスから変革に必要なDXソリューションや人材をオンライン月額課金のサービスとして提供します。
https://resource-cloud.jp/

LiLz Gauge

LiLz Gaugeは、電源が無いあらゆる場所の目視巡回点検をリモート化します。

1⽇3回撮影で約3年と⻑期稼働する低消費電力IoTカメラとクラウド側の機械学習・画像処理によってアナログ計器の値を⾃動で読み取るため、現場に⾏くことなく点検対象の情報を効率的に取得します。カメラを設置した当⽇から目視点検の省⼒化をスタートできます。
https://lilz.jp/lilzgauge/

LiLzについて

LiLzは、「機械学習とIoTの技術融合で、現場の仕事をラクにする」をミッションに掲げ、現在、設備保全現場の点検課題を解決するIoT・AIサービス LiLz Gaugeを提供中。

CEATEC AWARD 2019トータルソリューション部門グランプリ、第6回JEITAベンチャー賞など受賞多数。

会社名: LiLz株式会社
所在地: 沖縄県宜野湾市我如古2-3-7 2F
代表者: ⼤⻄ 敬吾


<本件に関するお問い合わせ先>
TEL: 080-2748-3932
Email: contact@lilz.jp
担当: 栗本

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします