期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM 連載 【スマートビルディングEXPO東京】簡単操作で建設DXを支援する3つのアプリ|センシンロボティクス 独自取材

【スマートビルディングEXPO東京】簡単操作で建設DXを支援する3つのアプリ|センシンロボティクス 独自取材

掲載日:

Category:

BIM,DX,連載

Tag:

2022年12月5~7日にスマートビルディングEXPO(主催:RX Japan株式会社)が東京ビッグサイトで開催されました。BuildApp News編集部では注目のブースの独自取材を行いました。是非最新のDX情報のキャッチアップにお役立てください。

株式会社センシンロボティクスでは、建設業のような社会インフラを支える業界のDXを支援する製品・ソリューションを提供しています。

本記事では、同社の施設・建物管理や図面作成など建築業務の効率化に役立つ3つのアプリケーションについてご紹介します。

目次

センシンロボティクス 妹尾 美樹 氏 インタビュー

Q.今回のご出展の目的について教えてください。

これまでセンシンロボティクスは、ドローンやロボティクスを通じて様々な現場課題と向き合う中で現場に残る非効率な作業がまだまだ多くあることに気づきました。今回は新たに生まれた業務効率化アプリケーション3種類を展示します。ジャパンビルドへの出展は初めてなので、ご来場の皆様にぜひ弊社のアプリケーションを体験いただければ幸いです。

初日の午前中からブースにはたくさんの方が各サービスの説明を聞き入っていました

Q.今回出展されている商品・サービスについて教えてください。

建物・施設管理アプリケーション『ゲンコネ』

施設・建物ごとに施設情報やタスク管理・共有することができるクラウドアプリケーションです。タスクに紐づいたチャットツールを通し、関連各所とのやり取りを履歴として残すことが可能です。また、360°パノラマ上で課題を管理することができ、現場の往訪を最小限にすることができます。

img_kv_device

建物・施設管理アプリケーション『ゲンコネ』
https://gembaconnect.sensyn-robotics.com 

ペーパーレスアプリケーション『ショルイラ』

ITツールに馴染みのない人でも簡単に電子チェックシートの作成、記録、管理ができる業務アプリケーションです。専門知識いらずで、誰でも簡単にカスタマイズできるため、特定の担当者に属人化せず、電子チェックシートのひな形のブラッシュアップをスムーズに行うことができます。HACCPや業務報告、現場管理など、紙への記録を電子化することで、エクセルへの転記作業やデータの抜け漏れのダブルチェック、帳簿への捺印作業など煩雑な作業を効率化します。

top_mv

ペーパーレスアプリケーション『ショルイラ』
https://shoruira.sensyn-robotics.com/preregistration/

BIM作成アプリケーション『BIMつくーる』

スマートフォンでの撮影だけで誰でも簡単に物件間取りのBIM/CADデータの作成ができる簡単図面起こしアプリケーションです。現場での測量、図面化業務の効率化を実現します。

1BIM

Q.出展されるサービスのユーザーはどういったプレイヤーの方々になりますでしょうか?

建物・施設管理アプリケーション「ゲンコネ」

施設・建物管理やリフォームの管理が必要な方がユーザーになります。施設・建物管理の現場で発生する不具合・修繕箇所の対応状況を見える化、共有が可能です。

ペーパーレスアプリケーション『ショルイラ』

紙帳票での記録作業が必要な人がユーザーになります。例えば工場・プラントでは設備点検業務、巡回レポート、設備・建設では定期点検レポート作成や日常チェックリストなど、様々な報告業務でお使いいただけます。

BIM作成アプリケーション『BIMつくーる』

既存建物の間取りの計測や図面作成、見積り業務を行う人がユーザーとなります。リフォームの設計や提案など、既存業務を置き換えることで、大幅な業務の効率化が図れます。 

Q.今回出展されている商品・サービスの費用について教えてください。

ペーパーレスアプリケーション『ショルイラ』

3月末まで無料キャンペーンを実施中です。2023年4月より有償サービス化を予定しています。

建物・施設管理アプリケーション「ゲンコネ」

無料トライアルユーザー募集中です。

BIM作成アプリケーション『BIMつくーる』

無料トライアルユーザー募集中です。

Q.今回出展されている商品・サービスを実際にお使いの事例について教えてください。

建物・施設管理アプリケーション「ゲンコネ」トライアルユーザーの声

株式会社KVファシリティーズ BM事業部 ビルメンテナンス課 責任者

多数の物件を管理するうえで情報管理は欠かせませんが、メンバーの対応状況が属人化しており、業務を見える化させたいと日頃から感じていました。『ゲンコネ』は施設・建物ごとの対応状況を一元管理できるので担当者の進捗管理に役立っています。必要情報の入力・閲覧がどこでも可能なので業務効率に繋がっていると感じています。

ビル往訪や報告にかかる業務を効率化させ、管理棟数の拡大を目指してまいります。

株式会社KVファシリティーズ BM事業部 ビルメンテナンス課 ご担当者

『ゲンコネ』はタブレットを現場に携帯し、利用しています。業務を行ううえで、各物件の進捗把握や課題の共有をもっと効率化させたいと感じていました。

今までは報告は社内サーバの管理シートに記載しており、オフィスに戻らないとデータが閲覧ができませんでしたが、『ゲンコネ』はクラウド上でデータ管理ができるので、外出時でも簡単にアクセスし、各物件の情報を把握することができます。また、移動中でも入力作業ができるので業務効率化に繋がりました。

ペーパーレスアプリケーション『ショルイラ』トライアルユーザーの声

株式会社subLime 店舗統括マネージャー 志賀様

2021年6月にHACCPに沿った衛生管理が制度化され、食品を取り扱う事業者であれば衛生管理の記録が必要となりました。弊社も多くの飲食店を経営する事業者として、HACCPの対応を進めておりますが、エクセルで運用していることから異常の検知・記録の実施状況のリアルタイムでの見える化に課題を感じておりました。

ショルイラでHACCPの記録・報告を電子化することで、それらの課題を解決でき、HACCPの記録以外にも、パート・アルバイトのシフト収集やその他の業務点検チェックシートに活用できるのではないかと、効率化できる業務を模索しています。

株式会社subLime 韓の旬 菜彩 五反田店 店長 池原様

HACCPの記録業務に慣れていないパート・アルバイトでも、スマホ・タブレット画面の案内に従って記録・報告の実施ができる点がよく、教育コストのダウンに期待しています。

終業時までに実施しなければならないことをショルイラの電子チェックシートでパート・アルバイトの方にチェックしていただき、レポートを提出してもらうことで抜け漏れがなくなり、店長である自分が休日である店舗営業日も安心して任せることができる点もメリットだと思います。

Q. 今回出展されている商品・サービスの今後の展望、あるいは御社全体として目指されている将来像について教えてください。

弊社は『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ドローンをはじめとするロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーです。 「現場業務全体のDXをソフトウェアの力で実現」することを目標に、データ取得から、データの利活用まで一貫してカバーするサービスを提供していくことで、さらに大きな変化を社会に起こすことを目指します。

各サービス、魅力的なキャッチフレーズが掲げられています

センシンロボティクスについてはこちら

公式ホームページ https://www.sensyn-robotics.com/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - 取材くん

BuildApp News編集部の取材担当です。 建設DXに関するイベントや著名人へ取材を行っています。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIM の人気記事

もっと見る