ホーム テーマ DX推進 ロボティクス 運搬DX|自立走行ロボット、令和4年度国交省プロジェクトに採択

運搬DX|自立走行ロボット、令和4年度国交省プロジェクトに採択

掲載日:2022年10月24日

株式会社ソミックマネージメントホールディングス(以下SMHD)は、地元浜松の総合建設業者の株式会社林工組(以下林工組)・総合デザイン事務所の株式会社ジイケイ京都(以下GK京都)・新規事業開発支援のきづきアーキテクト株式会社(以下きづきアーキテクト)・建設現場向けの作業支援ロボット「SUPPOT」レンタルサービス(https://suppot.jp/)を展開する株式会社ソミックトランスフォーメーション(以下ソミックトランスフォーメーション)と共同開発する「建設又は土木工事における現場の働き易さと施工の労働生産性を向上する運搬DX技術」が、国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に採択されたことを発表します。

国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」について

“国土交通省では、建設現場の生産性向上を目指すi-Constructionと、統合イノベーション 戦略(H30.6.15 閣議決定)を受け、「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」を平成30年度より開始”しています。 
(令和4年9月9日国土交通省プレスリリース文抜粋) 

今回、SMHDは同プロジェクトの「技術Ⅰ:AI、IoT を始めとした新技術等を活用して土木又は建築工事における施工の労働生産性の向上を図る技術」に応募し、晴れて令和4年度の採択企業となりました。 

なお、採択状況についての詳細は国土交通省公式サイトをご確認ください。 
https://www.mlit.go.jp/tec/tec_fr_000108.html 

提案する技術について 

本提案では、自律走行ロボットによる建設現場における「ヒューマンスケールの運搬DX」の実現を通して、女性や高齢者が活躍できる多様性のある現場を創出することを目指しています。 

自律走行ロボットには、追従走行、オンデマンド、循環走行、遠隔操縦などの機能を実装します。これらの技術により、「必要な資材・装備、検査機器、廃材等」を、「都度人が運ぶ」という「筋力やその持久力を前提とした現場」から、「都度自律走行ロボットが運ぶ」という「手ぶら・軽々を前提とした現場」へのトランスフォーメーションを推進します。 

加えて、作業員の体調を見守る機能を持たせ、「無理をしない現場=見守り現場」の実現に挑戦します。自律走行ロボットは、現場監督者による利用と施工現場での運搬の2つの場面を想定し、それぞれのシーンに応じた適正なサイズ・搬送重量、必要となるアタッチメント、データの取得とその活用などの設計・開発を進めています。 

取り組みの背景について 

建設現場は体力仕事が多いことから、「働くことを躊躇する人」や「意欲があっても諦めざるを得ない人」も多いとされています。更に、高齢化も伴い、人手不足が深刻化する中で、建設業界においては、「誰でも働きたくなる職場づくり」や「楽しく活躍できる職場づくり」など、魅力ある職場環境を整えていくことが必要であると考えました。 

そうした背景の中、開発を進めてきた今回の自律走行ロボットは、数年にわたる検証期間を経て、2022年4月、浜松市を中心としたエリアでのレンタル事業を開始しました。これまでに、検査機器を使った点検業務、重量物の搬送業務、農地での収穫物の搬送業務など、様々な現場での利用が始まっています。現場からは、上下搬送、積み下ろし、散水など新たなニーズも上がってきており、見守り機能なども含めて、様々なシーンでの活躍が期待されています。 

また、本コンソーシアムは、「ヒューマンスケールの多機能ロボット」を作り上げるソミックグループ、「高齢・女性作業者の現場定着」を進める林工組、「使いたくなるロボット・働きたくなる職場」のデザインを行うGK京都および「一連の取り組みを束ねて収益を生む事業」に仕立て上げるきづきアーキテクトの4者で構成され、サービスの供給者としての目線のみに囚われることなく、現場のトランスフォーメーションの実現を目指したアジャイルな活動が進められると考えています。 

座組について

今回提案する「建設又は土木工事における現場の働き易さと施工の労働生産性を向上する運搬DX技術」は、SMHDが林工組・GK京都・きづきアーキテクト・ソミックトランスフォーメーションと共同開発する技術となります。なお、各社の業務担当範囲は以下の通りです。 

企業名 <代表> 
株式会社ソミックマネージメントホールディングス
株式会社林工組株式会社ジイケイ京都きづきアーキテクト株式会社株式会社ソミックトランスフォーメーション
住所 静岡県浜松市南区古川町500静岡県浜松市南区渡瀬町1000-1京都府京都市上京区相国寺東門前町657京都市東山区三条通白川橋東入三丁目夷町155静岡県浜松市南区古川町500
構成員の業務概要新規事業の企画 
自律走行ロボットの開発
土木工事・建設工事などの総合建設業総合デザイン新規事業開発支援新規事業の実施
コンソーシアムにおける役割・本技術の設計 
・開発製造
・技術を試行する現場の提供
・技術の現場での有用性検証
・本技術の活用機会を最大化するための構想構築
・製品化の際のプロダクトデザイン
・本技術の活用機会を最大化するための構想構築
・製品化の際の事業性検証 
・製品化の際の事業性検証 
・事業化
HPのURLhttps://www.somic-group.co.jp/https://www.rinkoh.co.jp/https://www.gk-kyoto.com/https://kidukiarchitect.jp/https://www.somic-transformation.co.jp/

株式会社ソミックマネージメントホールディングスについて 

ソミックマネージメントホールディングス(SMHD)は、2018年7月に設立された事業統括会社です。傘下にある創業106年を迎えた自動車部品会社のソミック石川などソミックグループ内の事業会社を管理し、事業領域・製品の新たな可能性に挑戦していくため、グループ全体最適を見据えて業務を行い、持続可能なグループを目指します。   

株式会社ソミックトランスフォーメーションについて  

株式会社ソミックトランスフォーメーションは、株式会社ソミックマネージメントホールディングスの傘下にあり、ソーシャルトランスフォーメーション、サステナブルトランスフォーメーションを対象にしたビジネスを事業領域とし、社会課題をビジネスで解決する事業に挑戦します。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ロボティクス の人気記事

もっと見る