ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 「eセールスマネージャー to ANDPAD」リリース|入力した案件情報をAPI連携

「eセールスマネージャー to ANDPAD」リリース|入力した案件情報をAPI連携

掲載日:2022年08月22日

株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区、代表:加藤 史恵、以下「当社」)は、当社サービス「eセールスマネージャー to ANDPAD」のサービス提供を開始致しました。
本アプリはCRM/SFAツール「eセールスマネージャーRemix Cloud(以下eセールスマネージャー)」と施工管理アプリ「ANDPAD」を当社のMaster HubによりAPI連携を行っております。
本アプリはSaaS普及促進の為、公開APIを利用し当社独自で運営しております。

サービス提供背景

eセールスマネージャー及びANDPADを利用中のお客様において、下記のような課題があります。

・ANDPADへ案件情報を登録する際、eセールスマネージャーで入力した案件情報を再度入力する作業が発生している
・多忙によりANDPADへの案件作成漏れが発生している
・eセールスマネージャーとANDPADで登録情報の差異が発生し、管理が煩雑に

このような課題に対して「eセールスマネージャー to ANDPAD」で、下記の解決をいたします。

・eセールスマネージャーで入力した案件情報をANDPADに自動で連携
・二重入力が不要になり、シームレスに案件登録が可能 

「eセールスマネージャー to ANDPAD」の機能概要

eセールスマネージャーで管理している案件情報をANDPADに連携するアプリです。
一度連携設定した後は、eセールスマネージャーに登録された段階でANDPADに自動登録/更新されるため、CSV連携や手入力などの作業コストを削減することができます。

案件情報連携 機能

eセールスマネージャーに登録した案件情報をANDPADへ連携する事ができます。
顧客コードや顧客名、物件名等を含む基本情報は基本連携項目として設定されている為、マッピング設定なども不要です。基本連携項目の他にも、連携させたい項目を任意で設定することも可能です。
※既にeセールスマネージャー内に登録してある案件を一括で連携する機能はございません。
※既存の案件をANDPADに連携したい場合、該当の案件情報を更新することで連携できます。
※ファイルデータは連携することはできません。

ご利用方法

株式会社ストラテジットが運営するアプリストア「SaaStainer」にて購入可能です。
SaaStainer「eセールスマネージャー to ANDPAD」ページ:
https://saastainer.com/apps/esm-x-andpad
・価格:
  1.1~100ユーザー 年額132,000円(税込)
  2.101~200ユーザー 年額264,000円(税込)
  3.201~300ユーザー 年額396,000円(税込)
  4.301~400ユーザー 年額528,000円(税込)
  5.401~500ユーザー 年額660,000円(税込)
  6.501ユーザー以上 応相談
※ユーザー数はご利用SaaSの利用者数の多い方でカウントをお願い致します。
※101ユーザー以上ご利用されているお客様は「アプリに関するお問い合わせ」からご連絡下さい。
※月額契約をご希望のお客様は「アプリに関するお問い合わせ」からご連絡下さい。
・トライアル30日間無料
・利用方法詳細についてはこちらのURLよりご確認ください:
https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/8459300894489
・問い合わせ先:下記問い合わせフォームへお問い合わせください(導入支援も承ります)
https://saastainer.com/inquiry

eセールスマネージャー Remix Cloudについて

URL:https://www.e-sales.jp

業種、業界、規模を問わず、各企業に合った営業プロセスが設計可能です。営業プロセスの見える化、測る化、改善を通じた「プロセスマネジメント」の実現により成果につながる仕組みを作ります。
導入前後のコンサルティングサービスも充実しており、5,500社を超える導入実績に基づくノウハウの提供や教育、システムの定着活用までのカスタマーサクセスサービスなどお客さまのニーズにあったサービスを提供し、定着率は95%(*1)を誇ります。

ソフトブレーンは、高機能なCRM/SFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」を中核に、多くの導入実績から得られた営業プロセスマネジメントの実践的なノウハウを持っています。それらを組み合わせた営業課題解決ソリューションをご提供し、お客様の生産性の最大化に貢献できる取り組みを続けてまいります。

*1 2018年顧客支援チーム実績より

会社概要
社名:ソフトブレーン株式会社
所在地:東京都中央区日本橋1-13-1日鉄日本橋ビル 9階
代表者:代表取締役社長 豊田浩文
事業内容:営業イノベーション事業
会社HP:https://www.softbrain.co.jp/

ソフトブレーン株式会社 代表取締役社長 豊田浩文氏からのエンドースメント

「この度、有数のプロジェクト管理サービスであるANDPADとの連携サービスをリリースできることを大変喜ばしく思います。eセールスマネージャーは営業プロセスの改革を得意としておりますが、工事等工程の生産性向上のニーズも弊社に数多く頂いております。今回のソリューションによって、営業のみならずお客様のお悩みを広く解決に導き、業務全体の生産性向上に大きく寄与できることを期待しております。」

ANDPADについて

「ANDPAD」は現場の効率化から経営改善まで一元管理できるシェアNo.1(*2)クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。2016年に提供を開始し、直感的で使いやすさにこだわった開発と導入・活用への徹底したサポートで、利用社数13万社を超えております。国土交通省のNETIS (新技術情報提供システム) にも登録されており、33万人以上の建設・建築関係者が利用しているクラウド型建設プロジェクト管理サービスとなっております。
2021年11月に「ANDPADアプリマーケット」を公開、連携パートナーとともに建設業界全体でのDX化に取り組んでいます。
詳細:https://andpad.jp/

ANDPADに関するお問い合わせ先
株式会社アンドパッド アプリマーケット担当
Mail:app-market@andpad.co.jp

*2「クラウド型施工管理サービスの市場動向とベンダーシェア」(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ)

株式会社アンドパッド 代表取締役 稲田武夫氏からのエンドースメント

「この度、営業DXにおける先駆者であるeセールスマネージャー様とANDPADが連携できるようになること、大変喜ばしく思います。弊社は、ANDPADアプリマーケットを通じて外部サービスとのデータ連携を可能にすることで、建設業界全体のDX化を推進し、これにより長時間労働・人手不足といった業界全体の課題解決にも貢献していきたいと考えています。」

当社サービス概要

・Master Hub(マスターハブ)※特許取得済み
Master Hubは連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。
Master Hubによる開発は一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで実現し、安定的に運用することが可能です。

・SaaStainer(サーステイナー)
SaaStainerは、SaaSの継続的活用を支援するサービスのアプリストアです。
アプリストアに掲載されている連携アプリは、API連携のノウハウがなくても、今すぐ簡単に連携を実現できます。
様々な作業を自動化して、SaaS本来のチカラを引き出し、業務改善にお役立てください。
SaaStainer公式ページ:https://saastainer.com/apps
SaaStainer公式Twitter:https://twitter.com/SaaStainer

株式会社ストラテジット

SaaSの普及/推進の課題となる穴を埋める存在として、SaaS連携サービスMaster Hub(https://www.strategit.jp/vendor-saas/)とSaaS連携アプリストアSaaStainer(https://saastainer.com/)を提供しています。SaaSのAPI連携により業務課題解決とユーザーへの価値提供のご支援が可能です。ストラテジットには、ソリューションを理解し、ユーザーの業務改善・サービス向上を目指し、企画・設計・開発・運用まで担うことが出来るノウハウと実績がございます。

会社概要

所在地 :東京都千代田区東神田1丁目11-14 トーシン東神田ビル 5階
代表  :代表取締役社長 加藤 史恵
設立  :2019年7月2日
事業内容:SaaS連携開発、SaaS導入コンサルティング
URL  :https://strategit.jp/

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る