ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 大成建設ら、不動産データ分析基盤「estie pro」導入

大成建設ら、不動産データ分析基盤「estie pro」導入

掲載日:2022年08月10日

不動産データ分析基盤「estie pro」を提供する株式会社estie(読み方:エスティ、本社:東京都港区、代表取締役:平井瑛)は、大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:相川善郎)および大成建設グループの大成有楽不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浜中裕之)に「estie pro」を導入いただきました。

導入の背景

大成建設株式会社

大成建設株式会社は、国内の大手ゼネコンの一角として、ダムや橋梁等の土木工事、オフィスビルや工場等の建築事業のほか、不動産開発事業も手掛けています。

これらの事業の中でも、自社でのオフィスビル開発・運営やオフィスビル建設工事の受注提案にあたって、データを活用した周辺のオフィスマーケットの高度な分析や適切な賃料設定、社内外への提案資料作成の効率化を目的として、今回「estie pro」の導入に至りました。

大成有楽不動産株式会社

大成有楽不動産株式会社は、国内外で数多くのプロジェクトを手掛けてきた大成建設グループのノウハウと技術力を礎に、快適なオフィスと住まいの環境を提供すべく、不動産事業と施設管理事業を展開しています。

不動産事業において、保有オフィスビルの運営業務におけるリーシング戦略立案や賃料設定、物件取得時の競合物件の調査や適正な賃料水準の検証の更なる高度化・効率化を目指し、今回「estie pro」の導入に至りました。

estieは、「estie pro」の提供を通じて、不動産事業者の業務効率化やDXを支援し、不動産事業者の意思決定のサポートに貢献してまいります。

estie proとは

「estie pro」は50以上の不動産デベロッパー、管理会社、仲介会社等から構築されたデータパイプラインの独自情報を日々集約し、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する業界最大級のデータ基盤サービスです。全国8万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、主要都市38万件の入居企業情報等からなる網羅的なデータおよび、当社が独自開発したAIアルゴリズムによる推定賃料「e-賃料」を搭載し、データを活用した不動産事業者の意思決定をサポートしております。

estie proに関するお問い合わせ

estie proに関する資料のご請求や、サービスデモリクエストにつきましては、 以下URLよりお気軽にご連絡下さい。
・estie pro 資料請求
https://leasing.estiepro.jp/download
・estie pro デモリクエスト
https://leasing.estiepro.jp/trial

会社概要

会社名:株式会社estie(エスティ)
所在地:東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー
代表者:代表取締役CEO 平井 瑛
設立:2018年12月
会社URL: https://www.estie.jp/corp
事業:
オフィス不動産データ分析基盤「estie pro」https://leasing.estiepro.jp
賃貸オフィスマッチングサービス「estie」https://www.estie.jp
不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る