ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス センシンロボティクス、施設管理アプリの10社限定無料トライアル提供開始

センシンロボティクス、施設管理アプリの10社限定無料トライアル提供開始

掲載日:2022年07月13日

社会インフラDXのリーディングカンパニーである株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:北村卓也、以下センシンロボティクス)は、施設の管理アプリケーション『Property Hub(プロパティ ハブ)』の10社限定無料トライアル提供を開始します。

製品ページ:https://www.sensyn-robotics.com/product/property-hub

概要

『Property Hub』は施設ごとに課題やファイル、360°パノラマを一元管理することができるPM(プロパティマネジメント)、BM(ビルマネジメント)など施設管理に関わる方向けのクラウドアプリケーションです。
導入企業社員に加えて、業務委託先の企業とも360°パノラマを活用しながら施設の修繕や不具合箇所の対応状況を可視化・共有できます。モバイルにも対応しているので、現場ですぐ確認・報告が可能になり、問題解決速度が早まります。

『Property Hub』は、センシンロボティクスが持つ『SENSYN CORE』の機能である『SENSYN 360』『Datastore』と、サンフロンティア不動産が持つ都心・中小型オフィスビルに関する現場ナレッジを掛け合わせ、共同開発しました。
(詳細:https://www.sensyn-robotics.com/news/sunfrontier

施設管理業務においては、現場の往訪や、紙の書類や資料・電話・FAXなどが頻繁に用いられている等、業務がデジタル化しづらいケースが多く見られます。
しかし、コロナ禍を経てテレワークが急速に浸透し、不動産業界においてもデジタルを活用した業務効率化やコスト削減、消費者のニーズの変化に合わせた柔軟なサービスの開発が求められています。 

『Property Hub』を活用することで、現場往訪を最小限にし、関係者全員と現場の状況をリアルタイムに共有が可能になり、不動産管理業務の業務効率化を実現します。
また、施設ごとの資料や過去の対応内容をまとめて管理して、必要な時に簡単にアクセスができます。

今後より施設管理業務の効率化を実現すべく、定期的にバージョンアップを行い、開発を推進していきます。

モバイルにも対応モバイルにも対応

『Property Hub』トライアル概要

●主な実施内容
『Property Hub』を2ヶ月間無料で利用
※機能に制限なし
※機材の貸し出し対応あり(数に限りがございます)

●申し込み期間
2022年7月1日〜上限に達し次第終了

●ご利用条件
・製品のご利用中・ご利用後に建設的なフィードバックをいただけること。
・トライアル利用規約にご同意いただけること。

●デモお申込み・お問い合わせ
『Property Hub』のデモでは実際の動きや製品機能をご説明しています。(無料)こちらのフォームよりお申し込みください。
https://www.sensyn-robotics.com/contact-new

パートナー企業サンフロンティア不動産株式会社様からの声

サンフロンティア不動産では、現場往訪の多さや情報管理の煩雑さなどに起因する非効率な業務のあり方を改善し、不動産業界における新しい働き方を実現したいと考えています。
今回、共同開発した『Property Hub』を導入することで協力会社と共同してタスク管理ができるため、時間短縮につながることを期待しています。また、パノラマ画像を活用することで、施主とのWeb会議の際に具体的な議論ができるため、スピード感を持った意思決定をし、結果として在庫回転率を高めていくことができるようになると考えています。
見積書やパース、図面などが現場フォルダに格納されているため、振り返りが容易にできる点も魅力です。是非、多くの不動産関係企業にお使い頂き、不動産DXの促進に寄与して参りたいと思います。
今後は、新人教育や社内勉強会へのケーススタディとしても活用予定です。

センシンロボティクスについて

 http://www.sensyn-robotics.com
センシンロボティクスは『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ドローンをはじめとするロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーです。
設備点検・災害対策・警備監視・現場管理など、業務における「労働力不足・ミス防止・安全性の向上・時間・コスト」や災害発生時の迅速な対応など企業や社会が抱える様々な課題を解決するためのテクノロジーとソリューションを提供しています。
豊富なプロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援、老朽化する産業インフラや社会インフラの点検や、少子高齢化による労働人口の減少、激甚化する災害対策といった社会課題の解決を目指します。

本社所在地:東京都渋谷区恵比寿二丁目36番13号 広尾MTRビル7階
設立:2015年10月
代表:代表取締役社長 CEO 北村卓也

「SENSYN CORE」は、株式会社センシンロボティクスの登録商標です。
本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る