ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 三菱地所パークス、HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGEと駐車場の運営管理契約

三菱地所パークス、HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGEと駐車場の運営管理契約

掲載日:2022年07月11日

株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、2023年3月に開業する北海道ボールパークFビレッジ(所在地:北海道北広島市、以下「Fビレッジ」)の駐車場運営管理に関する契約を、三菱地所パークス株式会社(所在地:東京都千代田区、以下「三菱地所パークス」)と締結したことをお知らせいたします。

北海道ホールパークFビレッジ イメージ北海道ホールパークFビレッジ イメージ

実施概要

Fビレッジへ来場される皆様に、駐車場の運営・管理のサービス提供、駐車場事業に関する総合的コンサルティングを推進する三菱地所パークスとともに、安全で快適な時間をお過ごし頂けるよう高品質なオペレーションを実践いたします。また、三菱地所パークスが培ってきた駐車場管理のDX化ノウハウや、三菱地所グループの街づくりや不動産ナレッジを組み合わせることで、Fビレッジは「あらゆる世代の方々が集うコミュニティ」や「共同創造による持続可能な街づくり」を目指してまいります。

具体的な取り組み

・安全で円滑な配置・動線レイアウトの設計
外周道路の内側に周回路を設けて道路交通負荷を低減させる配置とし、歩行者と車両との動線交錯を最小限かつ安全な動線設計を行い、Fビレッジの玄関口に相応しい駐車場を目指します。

・最新技術導入による新しい駐車体験の実現
高性能AIカメラを用いた車両番号認識と駐車場予約システムを連動させることで、試合日別の道路混雑予測を行い、利用者への混雑予測通知や入退場ゲートのノンストップ通過を促し、快適な駐車体験の提供を目指します。

・細かなサービス設計と高品質なオペレーションの提供
ご利用されるすべての方々が、安心・安全・快適に過ごしていただけるような駐車サービス設計と高品質な有人オペレーションを行い、付加価値の高い駐車場の運営管理を目指します。

施設概要

名称         : 北海道ボールパークFビレッジ駐車場(仮称)
駐車場形態: 自走式駐車場
駐車場箇所: エリア内に計7箇所
台数     : 約4,000台

会社概要


会社名 : 三菱地所パークス株式会社所在地 : 東京都千代田区三番町5-7 精糖会館3F
代表者 : 代表取締役社長執行役員 佐藤 正典
事業内容: 駐車場コンサルティング事業、駐車場建設事業、駐車場管理運営受託事業ほか
URL    : https://www.mec-p.co.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る