ダッソー・システムズ、文化遺産をバーチャル空間に再現|リビングヘリテージプログラム

掲載日:
Tag: 3DCAD

• ユネスコ世界遺産を含む6つの文化遺産をバーチャル空間に再現。かつての姿を体験し、次世代に引き継いでいくことも可能に。社会課題の解決に向けて当社が2020年から続けるイニシアティブの一環
• ドイツ、インド、日本、メキシコ、オランダ、アメリカの各国の学生チームが、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォームで文化遺産のバーチャルツインを構築
• 過去の功績を次世代に引き継ぐためにバーチャル空間が役立つことを実証

※本リリースは、仏ヴェリジー=ヴィラクブレーにて現地時間2022年5月19日に発表したリリースの日本語参考訳です。

概要

ダッソー・システムズ(Euronext Paris: FR0014003TT8, DSY.PA)は本日、2020年から継続する社会課題解決の全社イニシアティブ、“Only Progress Is Human ”(未来を拓くのは、人間)の一環として、人類の遺産とその未来を考える新しいプログラムとその成果を発表しました。

新プログラムとなる「リビングヘリテージ」では、世界各国の学生たちが大きな役割を果たしています。このプログラムでは6チームの学生たちがそれぞれ、ユネスコ世界遺産を含む6つの文化遺産から1つを選び、かつて人々が目にしたであろう当時の姿をバーチャル空間上に再現しています。学生チームはそれぞれの課題に取り組むことにより、イノベーション・スキルを身につけ、持続可能性の見地から、これら人類共通の遺産について理解を深めることができます。さらに今回これらのバーチャルツインを構築したことで、現代および次世代の人々がこれまでにない形で世界遺産を体験することも可能となります。

同プログラムには、ドイツ、インド、日本、メキシコ、オランダ、アメリカの6ヵ国から合計32名の学生が参加しました。各チームがそれぞれ1つの文化遺産を選び、最終的にコロッセオ(米国チーム)、バビロンの空中庭園(メキシコチーム)、コナーラクのスーリヤ寺院(インドチーム)、ポンペイ(オランダチーム)、ポルタ・ニグラ(ドイツチーム)、首里城(日本チーム)の6つをバーチャル空間上に再現しました。各チームはダッソー・システムズが提供するインダストリー・スキルの学習支援プログラム、3DEXPERIENCE Edu を活用し、ダッソー・システムズの社員による指導も受けました。チームの参加者は、世界中で利用されている設計、解析、情報、コラボレーションの統合ソフトウェアである3DEXPERIENCE プラットフォームを短期間のうちに習得し、これら世界遺産のバーチャルツインを構築する中で、その構造について新たな視点から理解を深めることができました。

バーチャルツインは可視化できるものとそうでないものの双方を包括的に表現し、構造物への洞察を提示し、部分的または全部失われた箇所、時間の経過と共に損傷した箇所、そのデザインが歴史に与えた影響や未来の設計への影響を提示してくれます。学生達は、このプログラムを通して得た技術的スキルや知識をこれからのキャリアの中で即戦力として活かすことができ、今回構築されたバーチャルツインは、後に続く世代のための教育・学習用コンテンツとして利用できます。

参考画像_Living Heritage Program1参考画像_Living Heritage Program1

参考画像_Living Heritage Program2参考画像_Living Heritage Program2

ダッソー・システムズのコーポレート・エクイティ、マーケティング&コミュニケーション担当バイスプレジデントのビクトワール・ド・マルジェリーは次のように述べています。「ダッソー・システムズは科学とパーパスを重視する企業です。私達はこの40年間、人類の進化の触媒となり、『バーチャル世界は現実の世界を拡げ、より高めていくことができる』ことを確信し、過去の功績を作り上げた世代と未来を担う世代の橋渡しをする対話の口火を切る役割を果たしてきました。リビングヘリテージ・プログラムは人類共有の遺産を祝うものです。今日のソリューションが過去の理解を深め、学習の機会を作り、次世代のより良い未来の構築の手助けをしてくれます。創業から40年以上にわたり、当社は学術機関の強力なパートナーとして歩んできましたが、3DEXPERIENCEプラットフォームを使用する学生の独創性には、常に感嘆させられます」 

リビングヘリテージ・プログラムの成果は6月25日と26日にフランスで開催された学生・社会人向けイベントCité de la Réussiteの会場(パリ・パンテオン)で公開されました。会場ではリビングヘリテージ・プログラムの成果となるバーチャルツインの一部をインタラクティブな環境で体験でき、プログラムの全容や文化遺産の3Dモデルはダッソー・システムズのウェブサイト上でも公開しています。

2020年に開始した当社のイニシアティブ、Only Progress Is Human(未来を拓くのは、人間)は、社会や環境課題への認識を深め、バーチャル世界を使い持続可能なイノベーションを推進することを目的とした10の「ACT」(活動)を定めており、その一つがリビングヘリテージ・プログラムです。ダッソー・システムズはこれまで、Only Progress Is Humanの活動として、“バーチャル・ハーモニー”(バーチャル世界を介した新たな形で人間の感情を揺さぶるユニークな音楽・映像体験) や、ウォーター・フォー・ライフ(世界で最も貴重な資源をより賢く消費し守るための、業界を支援する一連の取組み)を実施しており、今回は3回目の活動となります。

詳細情報

リビングヘリテージ・プログラムについて:
https://www.3ds.com/ja/progress-is-human/heritage-and-future

詳細はこちら
ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウエア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
http://www.3ds.com/ja 

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter
https://twitter.com/3dsjapan
Facebook
https://www.facebook.com/DassaultSystemesNippon
LinkedIn
https://jp.linkedin.com/company/dassaultsystemes
YouTube
https://www.youtube.com/user/3DSJapan

(以上)

ダッソー・システムズについて

ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140ヵ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。より詳細な情報はホームページ、 https://www.3ds.com/ja(日本語) 、https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

 © Dassault Systèmes. All rights reserved. 3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA およびIFWEは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします