ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 現場DX|Safie Entrance2、勤怠管理システムKING OF TIMEと連携

現場DX|Safie Entrance2、勤怠管理システムKING OF TIMEと連携

掲載日:2022年06月29日

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)のセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長CEO 佐渡島 隆平、以下「セーフィー」)は、顔認証入退室サービス「Safie Entrance2(セーフィー エントランス ツー)」において、この度、株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役 恵志 章夫)が提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」とのAPIによるサービス連携を開始したことをお知らせします。

 
今回の連携で、クラウド勤怠管理システムでの実績を持つ「KING OF TIME」を導入している企業・施設は、「Safie Entrance2」の設置・導入により、以下のオフィス運営の省力化が見込めます。

今回の連携によるメリット

・顔認証の自動打刻による正確な勤怠把握と安全性
 該当する拠点に「Safie Entrance2」の顔認証端末を設置するだけで、「KING OF TIME」上で行える従来の打刻とともに正確な勤務実態の計測が可能となります。また端末1台で入退室管理ができる手軽さとともに、ドア施錠との連携によりカードキーの紛失、使い回し防止など、安全性への担保を兼ね備えています。

・勤務実態の把握の精度向上による確認工数の削減
 「Safie Entrance2」はクラウド上に情報を集約管理しているため、拠点や利用者ごとに柔軟な入退室権限設定を行い、入退室記録も履歴として蓄積することが可能です。今回の連携により、顔認証による自動打刻を行えることで、打刻漏れの防止、打刻の精度向上による出退勤管理者の確認作業の工数削減が期待できます。さらに、従業員の打刻に関する確認工数(打刻漏れの修正など)の削減も併せて見込めます。

・「KING OF TIME」と連携した様々なシステムとの連動
「Safie Entrance2」と「KING OF TIME」は、今回のAPIによる連携で、クラウド上に出勤情報の集約管理することが可能です。「KING OF TIME」は、他社製品との積極的な連携開発により、法令順守や複雑な就業ルールへの対応要望に応えるための高度で柔軟な集計機能の実装など、様々なアップデートを継続して行っています。これらの特長から、多目的の業務システムとの連動も行えるため、コロナ禍によるリモートワークの普及による、企業の個々の条件に沿った柔軟な勤務形態に対応が可能となります。

「Safie Entrance2」は、今回の連携により、様々な変化から柔軟な対応が求められる勤務実態の把握の現場において、正確な計測が可能となります。今後もAPI連携による外部アプリケーションやソフトウェアにおいての利活用を進めることで、現場の課題を解決する「現場DX」を推進してまいります。

勤怠管理システム「KING OF TIME」について

「KING OF TIME」は導入企業数40,000社以上、利用ID数2,330,000人以上(2022年04月時点)の実績を持つ市場シェアNo.1(※2)のクラウド勤怠管理システムです。出退勤の打刻は、PC・スマートフォン(ブラウザ・アプリ)、ICカード、指紋、顔認証、温度検知連携、入退室連携など様々な手段から選択でき、休暇の取得、残業の申請承認など、従業員と管理者間でのやりとりもオンラインで行うことができます。変形労働時間制など複雑な勤務集計や最新の法改正にも対応し、企業ごとに異なる就業ルールにも柔軟な設定で対応可能です。
製品ホームページ:https://www.kingoftime.jp/

「Safie Entrance2」について

「Safie Entrance2」はクラウド上に情報を集約することで、簡単に管理ができる顔認証入退室サービスです。特長は、クラウド上に情報を集約管理しているため、拠点や利用者ごとに柔軟な入退室権限設定が可能なほか、入退室の記録も履歴として蓄積することができます。また顔認証端末において、静止画や動画による「なりすまし」防止機能を搭載し、不審者の侵入や情報の不正な持ち出しを防ぐなど、強固なセキュリティ対策と信頼性の向上を実現しています。さらに、これまで実現が難しかった屋外施設や暗所での利用も可能になるなど、設置条件を拡充することで、幅広いニーズに対応しています。

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より
(※2)富士キメラ総研調べ「ソフトウェアビジネス新市場 2021年版」勤怠管理SaaS市場 利用ID数

サービス概要

▼名称:「Safie Entrance2(セーフィー エントランス ツー)」
▼機能
・クラウド管理だからサーバー要らずで多拠点・多扉の管理が容易
・ウォークスルーで高速認証&解錠
・クラウド上のアプリで端末情報、入退室情報、顔情報、利用者権限、入場エリアの管理が可能
・最大90日分の履歴データをクラウド保存
・利用者の一括登録がCSVまたは一斉メール配信で可能
・入退室履歴データをダウンロードし編集が可能
・遠隔からの緊急解錠が可能
・錠前連携が可能
▼サービス詳細ページURL
   https://safie.link/service/analysis/entrance2/
▼月額利用料金
・Safie Entrance2 Faces(利用顔数):16,500円~ / 月(税込)・100顔
▼初期費用
・工事費:お問い合わせください。
 ※個人さま・ご自宅などへの設置工事・現地調査は行っておりません。
・顔認証端末「Face FC」シリーズ:お問い合わせください。
 ※ドア / 扉の開錠・施錠連携は別途ドアコントローラーが必要になります。
  導入についての詳細はこちら( https://safie.link/contact/form/9/ )よりお問い合わせください。

ウェビナーの開催

今回の連携開始を受け、活用方法などをご紹介するオンラインウェビナーを開催します。

【KING OF TIME × Safie Entrance2 連携】
 リモートワークの企業さま必見!顔認証で出社時の勤怠管理を確実かつ効率的に行う方法とは

▼ウェビナー概要
・日時:7月15日(金)14:00-15:00
・参加方法:無料。※登録は、下記URLを参照ください
https://info.safie.link/seminar/20220715_Entrance2/?utm_source=pr&utm_medium=display&utm_campaign=220715webinar

クラウド録画サービス「Safie」とは

Safie(セーフィー)はカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービスシェアNo.1のサービスです。
「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、人々の意思決定に映像をお役立ていただける未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指しています。
我々は「映像データであらゆる産業の”現場”をDXする」というビジネスコンセプトを掲げ、小売り、土木・建設、製造、医療などのあらゆる現場のDXを率先して推進しています。


セーフィーはデータガバナンスに関する取り組みを下記指針に遵守し啓発活動を行っております。

​・データガバナンスに関する取り組み 
 https://safie.co.jp/csr/advisoryboard/

・データ憲章(2022年4月1日発行)
 https://bucket.safie.link/pdf/csr/advisoryboard/safie_data_charter_JP.pdf

映像から未来をつくる

【セーフィー株式会社の会社概要】
所 在 地 東京都品川区西五反田1-5-1 A-PLACE五反田駅前
設 立 2014年10月
資 本 金 53.5億円
代 表 者 佐渡島 隆平
事業内容 クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie(セーフィー)』の運営
サービスサイトU R L https://safie.link/
コーポレートサイトU R L https://safie.co.jp/
採用ページ https://article.safie.link/safietimes/recruit

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る