ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス オプロ、帳票DXモバイルエントリー提供開始|現場報告でペーパーレス

オプロ、帳票DXモバイルエントリー提供開始|現場報告でペーパーレス

掲載日:2022年06月16日

株式会社オプロ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:里見 一典、以下オプロ)は、帳票DXソリューションの新ラインナップ「帳票DXモバイルエントリー」を、6月7日(火)より提供開始します。

オプロが提供する帳票DXソリューションは、帳票業務における情報のインプットから出力などのアウトプット、後続プロセスまで一連の業務をデジタル化/自動化することで、業種、規模を問わず様々な企業や自治体における業務効率の向上を支援しています。
オプロはこれまでデータインサートモバイルアプリを提供し、保守・点検などのフィールドサービスの現場における報告業務のDX化支援ツールとして、製造業、建設業、機器メンテンナンス業、不動産業などを中心に導入実績を伸ばしてきました。

一方、昨今の業務全体におけるDX化推進の流れを受けて、データインサートに加えてワンクリックで帳票を出力する帳票ツールを併せて導入されるケースが非常に多くなっております。
そこでオプロは現場報告業務の効率化を包括的に支援する「帳票DXモバイルエントリー」を新ラインナップとして提供開始することといたしました。 これにより、データインサートから帳票出力まで一貫した帳票業務のDX化が可能になり、システム転記などの工数削減、データ活用、ペーパーレス化を実現します。

帳票DXモバイルエントリーの概要

●タブレットやスマートフォンなどモバイルを使用してSalesforce、kintoneなどのクラウドサービスへデータをインサート
●独自のデータベース構築が不要
●紙帳票の見た目をそのまま入力フォームとしてモバイル画面に表現し、帳票ライクな入力や記入が可能
●手書きサインや写真添付、画像への書き込みなどモバイルならではの機能も利用可能
●オフライン環境での入力に対応しており、医療施設や建設現場などでも利用可能
●お客様や社内報告用に提出する書類、報告書をワンクリックで生成可能

利用イメージ図

帳票DXモバイルエントリーの料金体系

初期費用:100,000円(税別)
月額費用:100,000円(税別)※50ID含む
追加ID:10ID毎6,000円(税別)

提供開始日

2022年6月7日(火)

帳票DXモバイルエントリー:サービスページ

https://www.opro.net/products/service/formdx-me/

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

https://news.build-app.jp/article/4371/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る