MCデータプラス、現場の施工管理サービス「ワークサイト」を鴻池組の全建設現場に導入決定

掲載日:

株式会社MCデータプラス(東京都渋⾕区、代表取締役社⻑︓瀧田晃一)が運営する、建設現場の施工管理サービス「ワークサイト」(https://www.kensetsu-site.com/series/worksite/ )は、株式会社鴻池組(大阪府大阪市、代表取締役社長:渡津弘己 以下、「鴻池組」)が施工管理する全国すべての建設現場に導入されることとなりました。

ワークサイト導入背景と選定理由

– 鴻池組 デジタル戦略室 デジタル戦略部長 橋本 諭様のコメント

鴻池組では「KONOIKE ONE VISION 2050」に掲げた従業員価値の向上に向けて、チームKONOIKEの持続的な発展に寄与すべく、どんな工程においても安全・安心な設計・施工を重視し取り組んでいます。

安全書類作成サービス「グリーンサイト」の利用によりバックオフィスの業務効率化は実現できた一方、建設現場では書面による連絡が常習化して負担軽減や業務効率化ができておらず、厳しい工程の中でいかに全ての建設現場でそれを解決させるかという課題を感じていました。また、今後は多様な人材の採用・配置を積極的に進める計画のため、管理業務においては業務フローの共通化による、分かり易い仕組みも重要です。

そこで鴻池組では、全現場で共通利用ができる施工管理サービスとして、「ワークサイト」の導入を決定しました。ワークサイトの導入により、日々の作業間連絡調整会議内で必要とされていた書類がスマホなどでどこでも確認できるようになり、紙に印刷することなく報告・確認ができるため、常習化した連絡方法による負担の改善につながります。

さらに、今まで紙でやり取りしていた内容がデータで残るので、今後のDX推進にも活用できると考えました。ワークサイトは、グリーンサイトの登録済みデータを連携することで利用開始までの準備が最小限であることや、施工管理上の記録データも一括で管理ができることも評価しています。現場への導入は昨年末より、順次利用準備が整った建設現場から運用開始しております。

MCデータプラスは今後も、建設業界の課題解決・発展に貢献できるサービス・プロダクトの開発に積極的に取り組んでまいります。

「建設サイト・シリーズ」とは

建設サイト・シリーズは、デジタル技術を活用し、建設現場の業務効率化と省人化を実現するサービスです。安全書類作成サービス「グリーンサイト」をはじめ、各サービスのご利用を通じてお預かりしたデータを活用し、建設業界全体の「働き方改革」や魅力の創造へとつなげます。

https://www.kensetsu-site.com/

建設現場の施工管理サービス「ワークサイト」とは

建設現場の管理・調整業務のデジタル化を推進し、業務効率化を実現するサービスです。作業予定・実績から安全巡視結果や問題箇所の指摘事項、ゲートや揚重機の使用予定まで、さまざまなデータをインターネット上で一元管理できます。

安全書類の作成サービス「グリーンサイト」と自動連携し、「グリーンサイト」に登録された建設現場データを自動反映されるので、スムーズな利用の開始が可能です。

https://www.kensetsu-site.com/series/worksite/

安全書類作成サービス「グリーンサイト」とは

労務・安全衛生に関する管理書類(通称「グリーンファイル」)を、法令に則って作成・提出・確認・管理できるサービスです。グリーンファイルを作成する手間や時間、紙で印刷する費用を大幅に削減することが可能です。また、インターネット経由でグリーンファイルを受け取り、保管できるので、書類の保管場所を確保する必要もなくなります。

https://www.kensetsu-site.com/series/greensite/

会社概要

商号    :株式会社MCデータプラス

代表者   :代表取締役社⾧ 瀧田晃一

所在地   :東京都渋谷区恵比寿一丁目18番14号 恵比寿ファーストスクエア7階

事業開始日 :2015年7月1日

事業内容  :建設クラウド事業、リテイルクラウド事業

資本金   :309,706,800円

URL   :https://www.mcdata.co.jp/

サービスに関するお問い合わせ先

株式会社MCデータプラス 建設クラウド事業本部 TEL:0570-020-233

報道関係者様からのお問い合わせ先

株式会社MCデータプラス 経営企画管理本部 広報担当

MAIL:ml.info-press@mcdata.co.jp

※「建設サイト」「グリーンサイト」「ワークサイト」は株式会社MCデータプラスの登録商標です。

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします