期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 大成建設も採用|AIoT自動検針サービス「A Smart」でDX促進

大成建設も採用|AIoT自動検針サービス「A Smart」でDX促進

掲載日:

AIoT技術を通じてメーターの自動検針を実現するアシオット株式会社(本社:東京都町田市、代表取締役:三上 楊平、以下「アシオット」)は、この度プレシリーズAラウンドで、株式会社UB Venturesを引受先とした第三者割当増資により、約1.8億円の資金調達を完了したことをお知らせ致します。

今回の資金調達を経て、プロダクト開発や販売・サポート体制の強化を進め、メーター検針の更なるDX化を推進いたします。

メーター検針における課題

未だ多くの現場で人の目で行うメーター検針の課題は大きい

メーターは住宅、工場、飲食店、商業施設、駐車場など様々な現場に設置されており、その測定対象は電気・ガス・水道に留まらず多岐にわたります。メーターの種類もデジタル式や指針式など複数にまたがります。

一般家庭の電気メーターにおいては、既にスマート化(自動遠隔検針)が一定進んでいる状況ですが、それ以外の多くの領域においては未だ人の目による非常にアナログな方法で検針作業を実施しているのが実態です。

例えば敷地面積の広い工場では、ひとつのメーターを検針するにあたり、設置場所までの移動だけで非常に長い時間を要します。また酷暑や極寒など過酷な環境下では、人の判断力の低下を招き、誤検針が発生することも頻繁にあります。

誤検針発生時は、再度の現場訪問が必要となり、無駄なコストが発生します。このように正確な検針データを把握するために、現状はアナログかつ労働集約的な手法による作業が現場で行われており、その課題は深刻です。

A Smart(エースマート)の強み・実績

A Smartは「アタッチメント方式」と「エッジAI*」を強みにメーターの遠隔自動検針を実現

アシオットが展開するA Smartの強みは「アタッチメント方式」と「エッジAI」という特徴にあります。一般的にメーターをスマート化する場合、既存のメーターそのものを交換する必要があり、これにはデバイスや交換工事などに多くのコストと時間を要します。

一方で、A Smartは、既存のメーターに対してアタッチメント(後付け)形式により数分で簡単に設置でき、工事は不要です。加えて、A SmartはエッジAI技術によって、デバイス側で取得データを処理し、クラウドに送信できるため、通信量を低減し消費電力を削減できます。


またユーザーは、A Smartを通じて取得したデータを検針データのダッシュボード上でリアルタイムに閲覧することが可能です。その他にも異常値が発生した際のアラート設定や各種取得データのグラフ化およびexcelやCSVなどの形式による一括出力なども機能として備えています。

A Smartは独自の強みを通じて、これまでは難しかった効率的なデータ取得の自動化および、データの可視化・分析を可能にするクラウドプラットフォームです。


このようにA Smartは「アタッチメント型」と「エッジAI」技術といった強みを通じて、これまで非常にアナログで非効率な検針が課題となっていたメーター検針のDX化を推進します。加えて金融庁の「企業内容等の開示に関する内閣府令」等の改正案において、2023年3月以降は、有価証券報告書における「サステナビリティに関する企業の取組みの開示」が必須事項となっています。

A Smartを導入することで、消費エネルギーの可視化や温室効果ガスの削減を実現するとともに、対外的なサステナビリティ関連開示のユースケースにおいてもA Smartを活用することが期待されます。

A Smartは工場やビル管理などの多く現場で導入

ジヤトコ プラントテック株式会社様

受電設備や工場ユーティリティの運転保全サービスを提供するジヤトコプラントテック様には各工場の水道メーターへ導入いただき、製品の製造原価を把握するためのデータ取得ツールとしてご活用いただいております。

導入前は人手不足が最大の課題である中、必ず1日に1回は現場を回り、人の目でメーターをひとつひとつ検針する非効率性に悩まれていました。導入にあたっては、アタッチメント(後付け)型で簡単に設置が可能なこと、設置時およびそれ以降も安価なコストで運用できる点を高く評価いただき意思決定していただきました。

導入後においては、これまで10台の検針に40分程度かかっていたところ、今は5分と大幅に検針時間が削減できたと高く評価いただいております。

日立建機株式会社様

建設機械の製造工場において、水道及びガスメーターの自動検針を目的として導入いただいております。これまでは作業員が工場内の各メーターまで足を運び、検針及び記録を行なっており、非効率的な検針方法に課題がありました。導入後はA Smartを通じて遠隔からの自動検針が可能となり、検針工数の低減ができたこと、また検針頻度が向上できたことに対し評価をいただいております。

大成株式会社様

ビル管理やビルメンテナンスサービスを提供される大成様においては、管理されるビル内の水道メーターに導入していただいております。ビル管理の業務のなかのひとつには必ず検針業務があり、昨今のコロナ禍によって、やりにくくなっているという課題を抱えられておりました。

具体的にはプライベート空間への立ち入りが必要な際にテナント様から敬遠されてしまうといった事例です。加えてこのようなビル内に設置されているメーターは、台所の奥の扉の向こう、たどり着くまでに障害物を片づけるなど手間のかかる場所にあることも多いのです。A Smartを導入することで検針しにくい場所でも、遠隔からの自動検針が可能になり検針業務が効率的になったと好評をいただいております。

稲畑産業様

販売代理店として、稲畑産業様にも弊社のA Smartを取り扱っていただいております。特に取得データをデバイス側で処理した上で、クラウド側に送信できるエッジAI技術の部分を高く評価いただいております。

また他サービスは電気・ガス・水道のいずれかの用途に特化しているものが多い一方で、A Smartについては3つの全ての用途に汎用できる点も高く評価いただいております。今後はデジタル式のものに限らず、指針式などの各種アナログメーターに対応することもご期待いただいており、弊社製品の販売面において多大なサポートをいただいております。

資金調達の目的

今回調達した資金を元に、A Smartをご利用いただくお客様のユーザビリティ改善やさらなる機能開発に取り組んでまいります。また、今後の事業拡大に向けて、セールスおよびカスタマーサクセス(サポート)体制の強化のため、人材採用にも投資をしてまいります。

引受先からのコメント

株式会社UB Ventures マネージング・パートナー 頼 嘉満様

日本のインフラ、製造業、設備管理等の産業現場は、未だに多くのアナログ作業が行われています。現場で働く人は、これまで、テクノロジーによる恩恵を十分に享受できませんでした。過去10年間で、IoTやAI技術はより身近に、安価に、高度に進化しました。

「A Smart」サービスをはじめとする、アシオットの「エッジAI」技術があらゆる産業に実装し、これまで見えていなかったデータを可視化することで産業DXを加速させ、現場の生産性向上の寄与になれるよう、UB Veturesとしてご支援して行きます。

アシオット株式会社 代表取締役 三上 楊平より

工場やビル管理における検針業務、設備保全や製造原価の把握のための計器巡回点検は、施設管理者/設備点検者の大きな負担でした。しかし従来のアナログ機器のデータを読み取れるように既存設備を改造するのは費用も時間もかかり、自動化には多くの課題がありました。

私たちアシオットは、暮らしを支える電気・ガス・水道などのインフラをはじめとする、あらゆる産業へとA Smartを実装し、これまで見えていなかったデータを可視化することによって、産業DXを加速していきます。今回の資金調達は、これまでの実績と今後の期待に投資いただいたと認識しております。そのご期待にお応えすべく、アシオットは、今後更に邁進してまいります。

メンバー積極採用中

アシオットは今後のさらなる事業成長のために、人材の強化を行っております。
セールスやカスタマーサクセス、加えてCXOやマネージャー候補の方々を大募集中です。
当社の想いや事業にご興味いただいた方は、是非、ご応募をお待ちしております。
採用詳細は以下URLよりご覧ください。
https://www.asiot.jp/recruit

アシオット株式会社について

・社名:          アシオット株式会社
・代表者:       代表取締役 三上 楊平
・本社所在地    〒194-0022 東京都町田市森野1丁目36-2
・設立:          2020年6月
・HP:            https://www.asiot.jp/
・A Smart:    http://asmart.ai/

お問い合わせ

 アシオット株式会社
 E-mail:info@asiot.jp

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る