期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース シンクリモート、建築技術者遠隔人材育成支援「リモイク」に採用|リアルタイム通話活用

シンクリモート、建築技術者遠隔人材育成支援「リモイク」に採用|リアルタイム通話活用

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

株式会社クアンド(本社:福岡県北九州市、代表取締役CEO:下岡純一郎、以下クアンド)の開発・販売する遠隔支援コミュニケーションツールSynQ Remote(シンクリモート)が、株式会社NEXT STAGE(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小村直克、以下ネクストステージ)の建築現場管理者向け遠隔人材育成支援サービス「リモイク」に採用されました。

​「リモイク」とは

住宅製造環境に従事する現場管理者のスキル及びリソースが不足している背景には、施工管理体系に対する理解不足や、具体的なタスク管理が不明瞭であること、技能職としての付帯業務過多、人的依存型管理による生産性の低さなど様々な要因が関係しています。

これらにより本来の専門職としてのやりがいを感じながらキャリア設計を行うことが難しくなっています。

クアンドが開発・販売する遠隔支援ツールSynQ Remote(シンクリモート)は、常駐管理でない戸建住宅業界ととても相性が良く、大手ハウスメーカーから地域の工務店に至るまで、検査や施工管理、教育など様々な用途で使われています。

今回共同開発した「リモイク」とは、SynQ Remoteの視覚的なリアルタイム通話機能に、ネクストステージの持つ品質評価のノウハウを掛け合わせることで生まれた実践教育サービスです。

リモイク概要図リモイク概要図

住宅を製造するプロセスには、後戻りのできないタイミングとなるマイルストーンが存在します。「リモイク」を使えば、それぞれのタイミングに合わせて効率よく教育を行うことが可能になります。

基礎底盤コンクリート打設前から、仕上げ工程に至るまで全10工程の「ヒンシツマイルストーン」の中から、希望する工程を選び、ネクストステージの技術コンサルタントによる約1時間の指導を最大4名の受講者が受けられます。

また、現場での実践指導の効果をより高めるために、ネクストステージが提供する学習環境プラットフォームサービス「ACRO5」の予習視聴もパッケージ化されています。

ネクストステージからのプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000050801.html

「リモイク」ローンチセミナー

内容:開発経緯からサービス内容、申込まで詳しく解説いたします
開催:①2022年12月8日 13:30~14:30、②12月16日 13:30~14:30
参加方法:Zoom
参加費:無料
詳細:https://nextstage-group.com/news/1760/

SynQ Remote(シンクリモート)について

SynQ Remote(シンクリモート)は、現場の「あれ、これ、それ」が伝わる遠隔支援・ナレッジ共有ツールで、人手不足・技術者不足、技術承継、労働集約型からの脱却といった幅広く「現場」と名の付く場所に共通する課題を解決するプロダクトです。

手持ちのスマートフォンやPCにアプリをインストールするだけで使い始めることができます。

「リモイク」における現場と設計図書を照らし合わせながらの指導では、特に画面共有機能やポインタ機能の活用により、受講者への伝達が容易になります。

また、受講中の音声テキスト化や重要な事象の遠隔カメラ撮影、お絵かき機能なども受講中のパフォーマンスを最大限に発揮します。

そして録画機能の活用により、実践指導後の他スタッフや職人等への情報共有も手軽に行うことができ、社内の指導マニュアル化への動画データ運用も可能となります。


製品ページ:https://www.synq-platform.com/

ネクストステージについて

ネクストステージは、住宅建築業界における品質向上のData&Analyticsカンパニーとして「ヒンシツの可視化を価値に変える」をビジョンに掲げ、全国約900社の住宅会社の製造プロセスのヒンシツ評価を通じて、「ヒト・モノ」を定量的に解析し、その結果をファクトコントロールしながら住宅会社が抱える製造プロセス課題を最短最速で解決し、またそれに纏わる技術者の人財化育成の為の学習環境を支援する会社です。

クアンドとは、建築業における遠隔管理の在り方についてオンラインセミナーを行うなど、業界の課題解決に向けて2022年より連携を図ってきました。

商号 :株式会社 NEXT STAGE
代表者:小村 直克
所在地:〒545-6033 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号 あべのハルカス33F
設立 :2006年8月
HP   :https://nextstage-group.com/

クアンドについて

「地域産業・レガシー産業のアップデート」をQUANDO DNAとし、多くの現場に伴走しながら見えてきた課題を解決するプロダクトとして2020年11月にSynQ Remote(シンクリモート)を発売しました。地域の雇用や経済を支える製造・建設などあらゆる現場で働く人々の「知」を時間・空間・言語を超えて「価値」に変換できる世界を目指しています。

会社名 :株式会社クアンド(英文社名:QUANDO, Inc.)
創業  :2017年4月25日
所在地 :福岡県北九州市八幡東区枝光2-7-32 /福岡市中央区大名2-4-22 3F OnRAMP内
事業内容:アプリケーション・WEB開発、DXに関するコンサルティングなど
代表者 :代表取締役/CEO 下岡純一郎

プロダクト拡大、導入ユーザーの拡大を目指して、現在クアンドでは採用を強化しております。
クアンドについて知りたい方はこちら
https://quando-entrance-book.super.site/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る