期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 大和ハウスとAutodesk、DX加速のため新たな戦略的連携に関する覚書を締結

大和ハウスとAutodesk、DX加速のため新たな戦略的連携に関する覚書を締結

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市/社長:芳井敬一、以下、「大和ハウス工業」)と 米国 Autodesk社(本社:米国カリフォルニア州/プレジデント兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト、以下、「Autodesk」)は、建設業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みをより加速させるために、新たな戦略的連携に関する覚書をこのたび締結しました。

概要

両社は2018年8月31日、BIM化を進めるために、戦略的連携に関する覚書を締結。大和ハウス工業のBIMの基盤作りおよびDXに向けたデジタル基盤を整備するとともに、グローバル企業との交流支援やロボット活用、AI、施工BIMの活用、BIMのクラウド戦略を中心に連携してまいりました。

2020年9月30日に締結した覚書(第2弾)では、両社は連携をより強化し、DX に向けたBIMの連携や基盤整備、新たな働き方やワークフローを目指したプロセスやツール類を整備。主に図面作成に使用していたBIMモデルを見積や工場製作のデータなど、次工程に連携したり、施工現場の進捗を確認したりするなど、BIMの活用バリエーションを増やしています。

●参考:2020年9月30日に発信したニュースリリース
 https://www.daiwahouse.com/about/release/house/20200930151602.html

そしてこのたび、BIMやDXの取り組みを新たなステージにつなげるために、新たな戦略的連携に関する覚書(第3弾)を締結。BIMを、データドリブン(※)な意思決定に活用できるように進化させることで、BIMが建設業界におけるエンジニアリングデータになることを目指します。
 大和ハウス工業は継続してデジタル化を推進し、設計・施工だけではなく、企画からアフターサービスまで一貫したプロセス改革を行います。Autodeskはグローバルな専門知識とノウハウを集め、大和ハウス工業のDXの取り組みの加速や人財育成、グローバル化の加速を支援します。
※.収集した様々なデータをもとに判断、行動すること。

新たな戦略的連携に関する覚書の概要

 ・建設デジタルプラットフォーム
 ・次世代工業化の進化
 ・デジタル人財の育成
 ・設計から施工につながるBIMおよびデジタルコンストラクション
 ・グローバル企業との技術交流・大和ハウスグループ全体での相乗効果の発揮

大和ハウス工業株式会社 概要

代表取締役社長:芳井 敬一
創業:1955年4月5日
本社:大阪府大阪市北区梅田3-3-5

Autodesk, Inc. 概要

プレジデント 兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト
設立:1982 年
本社:111 McInnis Parkway, San Rafael, California 94903 USA

【 調印式の様子 】

【 調印式の様子 】

左から:大和ハウス工業株式会社 上席執行役員 技術統括本部副本部長 河野 宏
Autodesk, Inc. チーフ カスタマー オフィサー エリザベス・ゾーンズ
大和ハウス工業株式会社 上席執行役員 建設DX推進担当 南川 陽信

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る