ホーム BIM用語集 干渉チェック

干渉チェック|BIM用語集

干渉チェックとは、柱や梁などの部材に重なりが発生していないか確認する行為のことです。干渉チェックを行うことで、コストや工期削減、設計ミスの減少に繋がります。今回は、干渉チェックについてメリット・デメリットを交えながら詳しく解説していきます。

干渉チェックとは

干渉チェックとは、建物に付属している柱や梁、天井などの部材の重なりを確認することです。建築設計において、干渉チェックは欠かせません。なぜなら、部材同士の重なりが1つでもあれば、施工時に収まらないとなり、修正が発生するからです。

今まで、2DCADがメインになり干渉チェックが行われていましたが、設計者の頭の中だけで考えているため、ミスが多発するといった問題が発生しました。そのため、近年では3Dモデルを作成し、干渉チェックを行うようになりました。

3Dモデルがあれば、脳内だけでなく目視での干渉チェックを行うことができます。また、施工時にミスが発生したとしても瞬時に修正を行えます。3Dモデルが当たり前に作成できるまで、干渉チェックは積算を得意とする人が行っていましたが、3Dモデルが当たり前になったことで、建築設計の方でも干渉チェックが簡単になり、ハードルが一気に下がったのです。

干渉チェックを行うメリット

干渉チェックを行うメリットは以下の2つです。

  • コストや工期削減
  • 設計ミスの削減

1つずつ見ていきましょう。

コストや工期削減

干渉チェックを行うことで、人件費や材料費などのコスト面を削減することができます。

3Dモデルが当たり前になるまで、ビルやマンションなどの大型プロジェクトの際、モックアップと言われる模型作成作業が当たり前でした。しかし、3Dモデルが作成できるBIMなどが出てきたことで、モックアップをする必要がなくなりました。

モックアップには、多くの人員と材料費などがかかってしまうため、3Dモデルで干渉チェックを行えることは、大きな進歩と言えるでしょう。

また、3Dモデルを作成すれば干渉チェックを行いながら設計もできます。作業効率が上がり、他の業務に注力できるため、おのずと工期削減に繋がります。また、施工時でのミスも減り、スムーズに進められるため、全体的な工期削減に直結します。

設計ミスの削減

干渉チェックを行うことで、設計ミスの削減に繋がります。とはいえ、2DCADや模型で干渉チェックを行ったとしても、時間を要したりミスに繋がったりするため、おすすめしません。

設計ミスを削減する干渉チェックの方法は、3DCADでモデル作成をし、確認していく方法です。3Dモデルを作成することで、部材の重なり合いをすぐに見つけられます。また、ミスが発生したとしても平面図を修正すれば立面図や断面図、パースなども修正されるため、作業効率が上がります。

設計ミスの削減は施工時のミス削減にも繋がるため、BIMなどの3Dモデルを活用して干渉チェックをおこないましょう。

干渉チェックを行うデメリット

ここからは、干渉チェックを行うデメリットをご紹介します。

操作に慣れるまでは工数が増える

干渉チェックを行う際、3Dモデルが必要になるため、操作に慣れるのに時間を要します。3Dモデルは、平面図や断面図、立面図などを引くための2DCADとは異なり、BIMに含まれるRevitやArchicad、Rebroの習得が必要です。

BIMは、独学で習得することは難しく、スクールや動画を見ながら進めていくしかありません。そのため、作業者の負担が大きくなり、使用を断念してしまうケースも多々あります。

とはいえ、BIMの操作になれていれば干渉チェックを行いやすくなることはもちろん、コストや工期削減、設計ミスの現象に大きく繋がります。BIMであっても使用するソフトによっては、操作しやすいものもあるため、導入前に自社に合っているソフトはどれなのかを考えましょう。

また、無料期間のソフトもあるため、導入前に操作してみて操作に慣れるまでの工数も予め立てておくことをおすすめします。

干渉チェックの今後の課題

干渉チェックの今後の課題は、ソフト面や作業効率面など様々な内容が挙げられます。

現時点で干渉チェックの際、BIMモデルの活用が当たり前になりつつありますが、データの引継ぎや連動が上手く行かないケースがあります。そうなってしまうと、手が止まり干渉チェックが止まってしまいます。解決策としては、ソフト側の改善を検討するといった解答がでているため、今後の対応に注目しましょう。

次に、慣れていない人がBIMモデルを使用することで、作業効率が落ちてしまうということです。BIMは、施工時に入力しなければいけない項目が多いため、手間や時間がかかります。そのため、慣れていない人がBIMを操作してしまうと更に時間を要してしまうことでしょう。解決策としては、独自学習しかないため、干渉チェックを3Dモデルで行う場合は、ソフトの勉強が必須です。

現状、「BIM=難易度が高い」といったイメージを持たれていますが、勉強さえすれば誰でも使えるようになります。これからの設計では、BIMの使用が欠かせないため、とりあえずソフトに触れてみましょう。そして、干渉チェックにある課題を解決しましょう。

BIMを導入して干渉チェックの効率を上げましょう

今回は、干渉チェックのメリットやデメリット、今後の課題について解説しました。干渉チェックは建物を設計するうえでは、欠かせない作業です。とはいえ、かなり時間がかかる干渉チェックはどこかで作業効率できる方法を考えなくてはいけません。そこで、3Dモデルを作成できて干渉チェックが行いやすいBIMなどのソフトの活用がおすすめです。

今回の内容を把握したうえで干渉チェックを効率的に完了させるかを考え、ソフトの使用を検討しましょう。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事