期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 東急不動産、学生レジデンス初の大型木造+RC造のハイブリッド構造建築着工|(仮称)キャンパスヴィレッジ生田

東急不動産、学生レジデンス初の大型木造+RC造のハイブリッド構造建築着工|(仮称)キャンパスヴィレッジ生田

掲載日:

Tag:

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下「当社」)が開発し、株式会社学生情報センター(本社:京都府京都市、代表取締役社長:吉浦 勝博)が運営する学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」シリーズにおいて初となる木造+RC混構造建築の「(仮称)キャンパスヴィレッジ生田」を着工いたしましたのでお知らせします。

環境配慮型の学生レジデンス

「(仮称)キャンパスヴィレッジ生田」 は、小田急小田原線「生田」駅より徒歩9分の場所に位置し、1~2階がRC造、3~6階が木造の地上6階建、学生レジデンスシリーズ初となる木造+RC造のハイブリッド構造建築です。従前のRC造から循環型資材である木を使用するハイブリッド構造へ転換することで、建設時のCO2排出量を大幅に削減するとともに、木造建築の炭素貯蔵の効果による脱炭素化への貢献が期待されます。

また本物件では、建物の断熱性能を高め、専有部・共用部の各所で高効率・省エネルギー設備を採用しZEH-M Oriented認定の取得を予定しています。

当社は、中期経営計画で掲げた「環境を起点とした事業機会の拡大」をより加速させていくため、脱炭素社会の実現に向けた具体取組みを推進しており、着工ベースで2025年度以降に開発する学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」シリーズはすべてZEH水準とする予定です。 今後も多種多様な環境取組みを物件へ反映させていき、お客様へ環境貢献価値を提供してまいります。 

※「ZEH」とは集合住宅における ZEH-M (100%以上省エネ)、またNearly ZEH-M (75%以上省エネ)、 ZEH-M Ready (50%以上省エネ)、ZEH-M Oriented (20%以上省エネ)等を含み、 これらを当社取り組みの対象とします。 

木や人の温もりを感じる内外装デザイン

本物件では、外観ファサードにキャンパスヴィレッジでの出会いやつながりを連想させるクロスをモチーフとした木目調ルーバーをランダムに配置。アイストップとなるアクセントを持たせつつ、素材のカラーを自然な色合いにすることで、閑静な街並みへの調和を図ります。

サステナブルな環境を住まいながら感じられるよう、内装の天井や壁面にも木調のデザインを取り入れ、温かみ のある空間を構築します。共用部のカフェテリアではスキップフロアを採用し、座っていても歩く人と目線が合うような設計とし、学生同士が自然と交流の機会を持てるような工夫を取り入れました。

安心して 暮らせる 住まいづくり

「毎日が、無限の未来と、出会う場所。」というブランドコンセプトのもと、学生たちの快適な新生活を創出することを目指し始まった「CAMPUS VILLAGE」シリーズ。入居する学生だけでなく、保護者の方にも安心していただける住まいを目指し、開発を行っています。

エントランス、各フロア、各居室等 の トリプルセキュリティを全物件で採用し、有人管理、防犯カメラの設置、 警備システムを導入し安心安全を確保。共用部のカフェテリアでは、栄養士監修の健康に配慮した健康的な食事メニューを提供し、食事の面からも学生の生活をサポートします。専有部では家具や家電、 無料のインターネットを完備し新生活に必要な環境を整備しています。

キャンパスヴィレッジでは今後も新しいスタートラインに立つ学生のさまざまな生活スタイルや価値観に沿う居住空間の開発をすすめて参ります。

物件概要

住所:神奈川県川崎市多摩区三田四丁目1番4(地番)
交通:小田急小田原線「生田」駅より徒歩9分
敷地面積:1,551.19 ㎡
延床面積: 3,197.37 ㎡
構造規模:1~2階: RC造、 3~6階木造 地上6階建
間取り:1R (15.94 ㎡~ 16.70 ㎡)
戸数:130室
竣工/入居:2024年3月竣工、同年3月入居 (予定)
事業企画:東急不動産株式会社
設計施工:三井ホーム株式会社
管理運営:株式会社学生情報センター 

長期ビジョン「GROUP VISION 2030」で目指す、「環境経営」と「DX」の取り組み

東急不動産ホールディングスは、2021 年に長期ビジョンを発表しました。「WE ARE GREEN」をスローガンに、誰もが自分らしく、いきいきと輝ける未来を実現し、価値を創造し続ける企業グループをめざします。

また、今年5 月には長期ビジョンに基づき「中期経営計画2025」を策定、「環境経営」「DX」を通じた独自性のある価値創出を図ってまいります。

≪貢献するSDGs≫ 

東急不動産ホールディングス「GROUP VISION 2030」について
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/group-vision-2030/
東急不動産ホールディングス「中期経営計画2025」について
https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/ir/mgtpolicy/mid-term-plan/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

SDGs・ESG の人気記事

もっと見る